CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前の記事にいただいた
    「いいね!」が消えています…


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
人生会議(ACP) [2020年06月20日(Sat)]


昨年12月、拙ブログ「 伝える 」で記した
“ 人生会議 ”。

万が一のときに備え、
最後に受けたい医療やケアについて
話し合う “ 人生会議 ” 。

本人、その家族、医師だけでなく、
関係するひと皆で
本人の死に対する思いを共有し納得できるように、
人生会議=ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の
重要性を 知るひとが増えています。

しかし、
ACPの認知が広がる と同時に
ACPの誤解も増えている、と知りました。

患者側では、
エンディングノートの作成とACPを混同したり、
ACPは家族らに迷惑をかけないための
義務だと思ったり。

医療側では、
ACPを終末期を対象とした死に方の選択と考えたり
DNAR(蘇生のための処置をしない)の
確認と同一視したり、
患者が希望する医療措置を決める手段であり
ACPは医療者だけで行う、という誤解があったり。

「 本人の意思の尊重と意思決定の支援にある」という
一番大切なことを置き去りにしているケースがあります。

本人や家族は
人生や死生観を考え、
医療者は
人生の最終段階の具体的な医療措置を考えることが
ACPではないのです。

DNAR(蘇生のための処置をしない)を取るACPも、
延命治療を希望するACPも、あってよいのです。


ACPの正しい理解が進みつつある中で、今
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
ACPの指針や運用に変化が起きているという
記事を目にしました。

「 医療の意思決定、ACP(人生会議)を考えるE」
( 2020年5月27日付け:読売新聞 )

新型コロナウイルスに感染するなど
急激に重症化する患者の意思を
どう尊重できるか という
重い課題に直面する 医療現場。

欧州各国の医療現場では、
重症化や死亡リスクがある患者と
医療の選択について
事前に話し合うことの重要性を説く一方、
患者が緊急時に聞いてもらいたい価値観などを
記す書式を公開し、「 重症化した患者と
コミュニケーションが取れない状況への備えを
強調した 」とありました。

今回の新型コロナでは、感染した患者の一部が重症化し
数%のひとは 肺炎を発症してから
10日程度で 死に至ることがわかってきました。

重症化した時、人工呼吸器を装着するかどうか、
呼吸器を装着しても 回復できないことが分かった場合
呼吸器を外すかどうか、
短期間での決断が 迫られるなか、
十分に 話し合う時間的余裕が
患者だけでなく 家族らにも 医療者らにも
与えられない状況が 明らかになっています。

これまで、ACPの主な対象は
がんなど 慢性疾患の患者でしたが、
今回の新型コロナ感染拡大において
対象者が 患者だけでよいのか、という問いと
厳しい状況だからといって
ACPや事前の意思決定を強制することは
あってはならない、という思いも。

このような状況の今だからこそ、
死や死にゆくことを
自分や大切なひとのACPの話し合いで育み進める
という 提案もありました。


そして。ACPは、
障がいのあるひとに必要であることは
言うまでもないことです。

障がいのあるひとのACPを 有効にするために、
そのひとの思いが伝わる
コミュニケーションが取れる環境が
一人ひとりに在る 社会でなければなりません。

そして、どのような状況下でも
何時でも コミュニケーションが取れる社会環境を
整えなければなりません。

例えば、医療現場のひっ迫した状況で
会話ができないすべてのひとに対して
〇、×、いたい、あつい、さむい、などが記載された
コミュニケーションボードがあれば、
それを指差す、視線を送ることで
本人の意思を 確認することができます。

このような措置を
すでに取っている医療現場が日本であるかもしれませんが
全国 どの医療現場でも 可能になってほしい。

もしも 自分がそうなったら、と 想像してください。

病院で治療中に、話せない状態になり
意思表示をする方法が 全くなかったら、
意思表示したくても できなかったら。

悔いが残る、という思いで 終わりたくありませんよね。

それは 障がいのあるひとも 同じです。













【日々わたくしの最新記事】
コメント
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml