CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 [2019年08月09日(Fri)]

東日本大震災が発生し、
8年5ヵ月が 経とうとしています。

あの日のこと、そして
あの日から激変した生活のようすを伝える映画は
これまでに
いくつも生まれています。

その中で、今年4月、
東京・アップリンク吉祥寺で 上映された
『 星に語りて 〜Starry Sky〜 』という、
きょうされんさんが
40周年記念事業で制作された
劇映画があります。







「 障がい者が消えた・・・」。

このショッキングな言葉に、まず
とてつもなく大きな
言いようもない不安が 降りかかってきました。
そして、ほんとうは 何があったのだろうか と
思わざるを得ない 気持ちになって。


大震災が起こった直後の
障がいのあるひとたちと
彼らを支援するひとたちの姿をはじめ、
震災後に
共同作業所や避難所などで 実際にあった
真実が 描かれています。

「 避難所を回っても、
障がいのあるひとたちがいない 」のは なぜなのか。

一度は 避難所に行ったものの
障がいを理解してもらえず
周囲のひとたちの足手まといになると思ったひと、
実際に 邪険にされたひと、
家族に置いていかれたひと、など
孤独と不安に耐えながら
避難所に 居場所を 見つけられず、
住むには危険とされた家に留まることを
選ばざるを得なかった事実。

当時を知るひとへの取材に基づいて、
今まで明らかにされていなかった事実が
描かれています。

そして、俳優陣に
実力派の役者に加えたこと と
障がいのあるひとも起用されたこと で
より 臨場感のあるものに なっています。


自分や家族を守ることに 必死な状態のなかで、
平常心を保つことも難しい厳しい 状況のなかで、
他者を思いやることは難しい ことは否めません。

しかし、東日本大震災で実際に
障がいのあるひとたちが遭ったことを
「 伝える 」ことで
「 知ってもらう 」ことで、
障がいのあるひとへの意識を
他者を思いやる気遣いを
持つひとが
増えることを 願います。


今月に入り、
岐阜、奈良、広島、北海道、福岡、福井、と
各地の福祉に関わる場所での
自主上映が はじまっていますが、
本当は、そう言う場所で上映されるのではなく、
「 障がいのあるひとのことを知らないひと 」に
観てほしい映画であり、
観るべき映画だ と思います。

全国の ミニシアターに 関わるひとへ。

この劇映画『 星に語りて 〜Starry Sky〜 』に
目を向けてください。

そして、1週間、
いや1日でも2日でもいいので、
劇場公開をしてほしい と 切に願います。







*映画『 星に語りて 〜Starry Sky〜 』公式サイト
http://www.kyosaren.or.jp/starrysky/

監督:松本動
脚本:山本おさむ
製作統括:西村直
企画:藤井克徳
音楽:小林洋平
制作フ゜ロタ゛クション:ターケ゛ット
出演:要田禎子、螢雪次朗、今谷フトシ、
植木紀世彦、枝光利雄、菅井玲、
入江崇史、宮川浩明、生島ヒロシ、
赤塚真人 ほか
製作:きょうされん

2019年/日本/115分/DCP/5.1ch
バリアフリー上映対応












タグ:映画
コメント

松本動監督

コメントをいただき、ありがとうございます。
きょうされんさんのHPで
監督の思いを拝見しておりました。
この映画を
一人でも多くのひとに
観てもらいたいという思いは
膨らむばかりです。

まずは、地元のミニシアターに
働きかけをしたいと思っています。
「小さな声でも、上げなければ届かない」
という思いとともに。

Posted by:kyokyo  at 2019年08月11日(Sun) 10:27
ご鑑賞、ありがとうございました。
正しく私もそう思っています。
福祉に関心が無い人にこそ観てもらわなければいけない作品だと思っています。
ですから私はアップリンク吉祥寺での劇場公開を強く推しました。
これからも一箇所でも多くの劇場で流せるように頑張って行きたいです。
「星に語りて〜Starry Sky〜」
監督:松本動
Posted by:松本動  at 2019年08月09日(Fri) 22:49
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml