CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前の記事にいただいた
    「いいね!」が消えています…


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
命の選択 4 [2012年11月22日(Thu)]

今年1月 ブログでつづった「命の選択 」。
「 妊婦の 血液検査だけで、
胎児が ダウン症かどうかをほぼ確定できるという、
出生前診断が 米国で始まった」
(2012年1月12日付け: 読売新聞)
という 記事を読んでの ひとりごとでした。

これが発端となり 今年は、「 ダウン症 」が
今までより増して 注目される1年になりました。

各方面で数々の議論が繰り返されていますが、今日は、
「母体血の出生前診断で公開シンポジウム・
研究体制のあり方や 優生思想の懸念を議論 」
(2012年11月13日(火)付け:医療介護CBニュース)
を読んでの ひとりごとです。



11月13日、日本産科婦人科学会 主催の、
「母体血による出生前診断の導入の是非や方法に関する
公開シンポジウム」が、
産科医をはじめ、障がい者団体、一般のひとなど
約360人が参加のなか、東京都内で開催されました。

会場からは、優生思想や 差別を懸念する声や、
「99%の確率で 染色体異常が分かる」という
報道が 先行していることについて、
「99%という数字は、羊水検査を受ける集団よりも
リスクの高い集団に限って検査した場合の、陽性的中率
(検査で陽性と出て、実際に染色体異常がある確率)である」
などの 具体的な説明もありました。

遺伝子医療にかかわる 医師や認定遺伝カウンセラー、
そして ダウン症の家族を持つ団体 など、
さまざまな立場のひとの 講演もあったそうで、
客席からも 活発に質問が投げ掛けられ、
質疑応答が続いた とありました。

そして、母体血を用いる 出生前診断
(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの確率が
出される)については、引き続き、
日本での導入の是非や その方法について、
12月をめどに 指針作りを進めていく とされています。



これらの中で今回、一番 心に残ったことは、
日本ダウン症協会理事長の 玉井邦夫さんの発言でした。

玉井さんは 大正大学人間学部臨床心理学科 教授で、
ダウン症の息子さんが おられます。

「報道では、常に 21番のダウン症に向けられている。
それはなぜかと考えると、彼らが 立派に生きるからだ。
だからこそ、
彼らは 生きるべきかどうかを 問われるのだとしたら、
この問いは どういう意味があるのか、
もう一度 会場の皆さんに 考えてもらいたい」と。

そして、これらの遺伝情報が
中絶の判断材料になり得ることを 念頭に、
「どんなDNAのひとなら 生まれてきていいのか、
という問いを 立ててほしい」と。

これらの出生前診断が「安全な出産」「幸せな子育て」と
対になっているかのような 思考回路 にも
疑問を 投げ掛けられています。

まさしく、わたしも そう思います。


どんなDNAのひとなら、生まれてきていいのでしょうか。



そして、出生前診断の情報を妊婦に伝える 医療者が、
障がいのあるひとに対して どう思っているのか、
どういう情報を 提供するのか。
これも とても重要なことではないでしょうか。

医療従事者が どのような認識をしているのかを、
より知ることも 重要だと思いました。

医療従事者に向けて、当事者に関係するひとたちが
事実を「知ってもらう」「伝える」ことに、
今以上に 力を注ぐことも大切だと 思いました。



最後に もう一度、
どんなDNAのひとなら、生まれてきていいのでしょうか。





タグ:命の選択
コメント
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml