CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。


    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前にいただいた
    「いいね!」は消えています


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 なづな展 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
ひとりの時間 [2021年09月27日(Mon)]

過日、ほぼ日刊イトイ新聞の
『 今日のダーリン 』というコラムで
目にした文章があります。

―― わたしには、
 わたしがわかっていることと、
 わたしがわかってないことがあります。
 
 わたしがわかっていることは、
 わたしが見ていること、
 わたしが聞いていること、
 わたしが触っていること、
 わたしが嗅いでいること、
 わたしがなめたり噛んだりしていること、
 などなどがあります。
 
 そういうふうに考えてみると、
 わたしは、わたしをあんまり見たり、聞いたり、
 触ったり嗅いだりなめたり噛んだりしていません。
 
 さらに、
 わたしはわたしと話してなかったりもする。
 語りかけることも、
 語りかけられることも、
 あんまりたくさんはないような気がします。
 
 だから、わたしは、
 わたしのことをよく知らない。
 知らないから、
 よくわからないということになります。
 
 わたしが、
 わたしをわかってないのに、
 みんなが、
 わたしをわかっているのかもしれません。
 みんなも、
 わたしのことをそれほど知らないから、
 あんまりわかってないかもしれませんけどね。
 
 これほどいつもここにいるのだから、
 わたしは、もっと、
 わたしに話しかけたほうがいい。
 わたしを見てやったり、聞いてやったりもして、
 わたしのことを、知ってあげたらどうだろう。
 ほんとは、なにが好きなの?
 どういうことがしてみたいの?
 どんなふうに生きたいの。
 あれについてはこれについてはどう思う?
 問いかけたり答えたりをして、
 わたしとつきあう。
 ひとりの時間は、それができる時間です。
 
 ひとりのわたしが、
 つよくなれるとしたら、
 そのわたしを、よく知ることからはじめる。
 知らないわたしは、
 弱くさえないままなのだから。
 それは、あなたについてもおなじことです。――


わたしを知る。

これを読んだ時、思い浮かんだことがあります。

障がいのあるひとたちにとって
「 わたしを知る 」機会は
十分に取れる環境にあるだろうか、
「 わたしを知る 」時間を
幼い頃から児童生徒として過ごす時期に
取れる環境であるだろうか、と。

成人した障がいのあるひとの悩みで
よく 耳にすることがあります。

「 ひとりの時間を過ごせない 」。

幼い頃、子たちは
日常でさまざまことを遊びにし、
場合によって
それが大人にとって不都合だったりすると
止めさせたり 取り上げたりと
その遊びを妨げることがあります。

障がいのある子についても 同じです。

幼い頃、ひとりで何かごそごそしてると
それを 親や支援者が
取り上げることが よくあります。

これは、その遊びが障がいのある子にとって
親や支援者は よくないことだと思いこみ、
余暇活動だと認めることもなく
止めさせることで、その子は
「ひとりで遊んではダメなんだ」と
学ぶことに つながります。

そして、小中学校生活で
“ 余暇 ”のようにあることは
“ 課題 ”と呼ばれる学校が設定したものをやる
ということであって、卒業後に
“ 課題 ”が無くなれば 何をするのか、
“ 余暇 ”は何をすればよいか、ということに
卒業後に気づくひとが 多く。


もしも、幼い頃から
積み上げる
引っ張る
穴に入れる
紙を破る
いつも同じモノやカタチをかく など
好きな「 ひとりあそび 」があれば、
それを「ひとりあそび」と理解できる環境であれば
“ 余暇活動 ”に困ることはないのです。

そして、こう思います。

小中学校の9年間を過ごす学校生活において、
「 みんなと一緒に、集団で、何かをする 」ことに
重きを置くことにこだわらず、在学時から
「 卒業後の“ 余暇 ”について意識する」ことに
教員、親、支援者が意識をもつことの
大切さを知ってほしい。


学校生活で そのようなことを求めると、
理解どころか
違和感をぶつけてくる教員も多いと思います。

障がいのある子たちの学校卒業後を
知らない
想像できない教員には、
「 ひとりあそび 」の時間の
意味や意義を説明して
学校生活の中でつくる提案をすることから
はじめましょう、
心がしんどくなることもあると思いますが。


「 ひとりの時間があっていいんだよ 」。

すべては、
障がいのある子に携わる
保育士や教員、学童の指導員さんなど
すべてのひとに
この意が伝わってほしいから。

「 ひとりの時間があっていいんだよ 」と
障がいのある子たちを見守る
大人が増えることを 願います。












コメント
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml