• もっと見る

2022年08月01日

ばんび日記C

今回は、ばんびの「スヌーズレン」についてのお話です。

スヌーズレンとは、「光」「音」「香り」「振動」「触覚の素材」
これらのものを組み合わせたトータルリラクゼーションの部屋としてうまれました。

こちらがばんびのスヌーズレンのお部屋です。

1.jpg

光や音、振動を感じられるバブルチューブやボールプールが人気です。
ボールプールのひんやりした中でリラックスしたり、埋もれてみたり
「〇色だね」と、やりとりを楽しんだりする子どもたちの姿がみられます。
この空間でクールダウンする児童もいます。

3.jpg

子どもたちにとって心地よい刺激を見つけて楽しんだり
リラックスできる空間づくりを目指していますexclamation×2


2.jpg

おうちでもペットボトルやビーズなどを使って、ひんやりキラキラした簡単なものも作れます。
ゆらゆらと動くボトルの中のラメなどを見つめていると
大人の私たちも心が穏やかになったりします。

「ペットボトル キラキラドーム」で検索してみると作り方がでてきます。
入れるものを選んだり、つまんだり、セロハンを切ってみたり、、、
色々な‘‘ねらい‘‘のもとで作れますよるんるん

ご家庭でのひとときにいかがですか?

タグ:ばんび
posted by kurushima press at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック