CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年03月30日

冬の栗駒高原冒険キャンプ閉村

あっというまの6日間
今日でキャンプ最終日。

子ども達はまだまだ雪遊び!!

心残りタイムは、テレマークスキー、雪合戦、室内で過ごすに分かれての
活動。思い思いの時間を過ごしました。
IMGP3230.JPG

IMGP3232.JPG

キャンプ最後には、6日間を振り返り、そして4月からの新生活へむけて、

「2ヵ月後の自分へ」という手紙を書きます。

IMGP3252.JPG

キャンプ生活で覚えておきたい楽しい思い出、友だちのこと、学んだこと気づいたことを未来の自分へ向け
届けます。

2ヵ月後の5月30日ころ、1学期も半ば、辛いことや悲しいことがあったとき。
何か目標に向かって進んでいるとき、2ヶ月前の自分からの手紙が励ましや
改めて大切なことに気づくきっかけになればと願っています。


閉村式を済ませ、日常へ戻っていくみんなを見送りました。
DSC_0476.JPG

DSC_0497.JPG

参加してくれた子ども達、子どもを送り出していただいた保護者の皆様、
キャンプを支えてくれた皆様に感謝!!

DSC_0459.JPG

キャンプディレクター 塚原 俊也(つかちゃん)

雪遊びは無限大

キャンプもいよいよクライマックス
雪のゲーム大会
これまでの雪との関り仲間との関りを活かして、オリジナルゲームを考えます。

雪でできること
投げる、掘る、積む、滑る、固める、埋める、潜る、寝る、溶かす・・・・

大人が用意するプログラムから自分たちが創る活動へ。

遊園地とキャンプの楽しさの違いはそこにあると思います。

DSC_0500.JPG

さあ選手宣誓をしたらゲームスタート

第1種目:みんな雪合戦(お腹の的に当てられたらアウト!!)
DSC_0522.JPG

レクレーション:隠れ鬼

第2種目:トレジャーハンティング(雪に埋めれた宝を掘り出します)
DSC_0540.JPG

第3種目:雪合戦、バナナオニ、旗取りの合体(雪だまを当てられたら、バナナになる仲間にタッチされたら生き返る、全員バナナにするか旗を取ったら勝)
DSC_0587.JPG

第4種目:雪上障害物リレー

夜には、キャンドルナイトの中表彰式をおこないました。
DSC_0715.JPG

こんな幻想的な灯りも創れる雪はとっても楽しいですよ。

つかちゃん個人的には、バナナオニ雪合戦がおすすめ!!

世界のイグルーから

世界のイグルーから
本日は、日本は栗駒山のイグルー村 朝食の風景。

DSC_0403.JPG

DSC_0415.JPG

DSC_0436.JPG

DSC_0437.JPG

手が冷たかったけど、おいしい朝ごはんでした。

イグルー泊

昨晩は風が強かったですが、天気は晴れ。
星降る夜にイグルーが二つ
子ども達は寝袋に入りました。
DSC_0384.JPG

DSC_0371.JPG

DSC_0368.JPG

DSC_0388.JPG


朝は、風もやみ、イグルーを出ると青空が広がります。

IMGP2352.JPG

IMGP2364.JPG

IMGP2369.JPG


犬の散歩と撤収チームにわかれて朝の活動。
この後は、イグルー村で朝ごはんです。



2012年03月28日

4日目イグルー村作り

今日は午前中弱雨が降ったため、午前中は明日の雪のゲーム大会の準備をしました。
DSC_0412.JPG
DSC_0413.JPG
各班自分たちで種目を考え中、二班ともオリジナル雪合戦が有力候補です。
10時半からは外に出てイグルー村作り。
DSC_0416.JPG
イグルーの周りに食卓やなぜか郵便ポストなどを作りました。あした、なにか郵便が届くといいですね。

さて、ちょっとイグルーの中を拝見します。
外観は遺蹟のようなたたずまい。入り口は階段になっていていったん降りて寝室へ上がる形状です
す。
DSC_0434.JPG
今年は残雪が多く、十分に雪を掘り下げることができました。こうすることで、イグルーを傷つけずに、
入り口を作ることができます。そして冷気は階段のそこに溜まるので、寝室が冷えるのを防ぎます。

中の様子はこんな感じのドーム型。
DSC_0446.JPG
中では、仕上げの補修作業。内側の段差を雪でうめて球体に近づけることで、雪のブロックの角から
落ちてくる雫を壁面へ流し顔へ雫が落ちてくるのを防ぎます。

イグルーから出るとだいぶ食卓ができてきました。
大吉班
DSC_0452.JPG

どんぐり班
DSC_0450.JPG

いよいよ今夜はイグルー泊です。みんな楽しみにしている様子
夕飯も沢山食べて体の内側からも温めます。

みんなで過ごす夜も後二晩、いい思い出を作ってほしいと思います。

2012年03月26日

ブナの森スノートレッキング

キャンプ2日目
雪の降る中栗駒山ブナの森へスノートレッキング出発!!
雪や風があったのでのんびりピクニックというよりは、やや急ぎ足でのトレッキングとなりました。

栗駒山に広がるブナやミズナラの大きな森を行きます
IMGP2784.JPG
山には色んな生き物の痕跡があります。熊の爪あと発見!!雪の日は動物もじっとしているのか、足跡は少なめで下が途中我々の存在に気づいて穴から飛び出した様子の慌てたウサギの足跡に出会いました。
IMGP2797.JPG
IMGP2801.JPG
朝みなで握った手づくりおにぎり弁当を雪のテーブルで食べました。
IMGP2820.JPG
最後は雪原ではいポーズ!!みんな最後まで歩きとおしました。
IMGP2826.JPG

2012年03月25日

冒険キャンプ2012スタート

始まりましたくりこま高原冒険キャンプ2012
ここ数年の中では多い雪の中キャンパーたちが元気に外へ飛び出します。
遠くに見えるは町の景色、まさに天空からの景色です。
IMGP2738.JPG

みなで雪をふめばあっという間にそりゲレンデ!!
IMGP2743.JPG

木の輪切りで、名札作り、年輪を数えたりや木の香りを感じながら作ります。木と同じ年の人もいました。
DSC_0375.JPG

夜は、明日のスノートレッキングの説明とイグルー村つくりの会議です。
DSC_0400.JPG
イグルーのサイズを決めるためにメージャーで測ります。
DSC_0418.JPG

キャンプ1日目は出会いの日です。緊張もしましたがみんな、元気で食欲もバッチリ、夜はぐっすり眠っている様子。
明日は、お弁当を持って、ブナの原生林をトレッキング。どんな自然との出会いがあるのでしょうか。