CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年10月05日

紅葉始まる

10月5日
寮生あんど森ちゃんと栗駒山登山
DSC_0047.JPG
東栗駒コースから中央コース
前半は雨のなか進みました。
DSC_0053.JPG

雷もなっていたので、東栗駒山頂手前で折り返しも考えながらの登山。しかし、天気が味方してくれ見事に晴れる。
目指すは山頂森ちゃんが指を指す。
「森ちゃん冒険学校開校!?」
DSC_0135.JPG

今日の登山は人生の比喩のようでした。
遠くからははっきり見えた頂が、登山道に入ると見えなくなり、そして雨と雷。本当に頂に向かっているのか?このまま向かっていいのか?迷う時もある。しかし、一歩一歩自然と対話しながら時折見え隠れする頂を目指す。最初に自分がイメージしたゴールを信じて進むような感じ。

DSC_0169.JPG

DSC_0160.JPG

DSC_0245.JPG
寮生もそれぞれの課題を自分に課して上りました。
11kgのウェイトを背負って登ったり。前回の自分の体力と比べてのぼったり、登山自体を楽しんだり。三者3様の登山でした。

DSC_0193.JPG


紅葉は山頂が見ごろ。残暑の影響か例年より数日遅めでしょうか。
見事な紅葉をみせる北斜面。

宮城県側から登って降りる人は少し足を延ばして、北斜面もご覧下さい。


つかちゃん

2012年06月16日

森のちびっこ音楽隊 その2

6/23(土)「アコースティック音楽祭2012」にむけての特別企画
「森のちびっこ音楽隊」第2週目!
今週は楽器づくりからスタートるんるん
IMGP6142.JPG
こちらの楽器は子ども達自身からの「こんなの作りたい!」という提案から、
午前中の森遊びの予定を変更して、つくられた楽器です。
参加メンバーは工作が大好きです黒ハート
IMGP6170.JPG
そして音楽が大好き黒ハート

IMGP6171.JPG
午後は音楽祭に向けて練習。練習。
子ども達の手作りの楽器、そして子ども達の歌声が合わさるとそれだけで、
こんなにも素敵な音楽になるのかと、感動してしまいましたぴかぴか(新しい)
これは音楽祭が楽しみですぴかぴか(新しい)

参加者の子は、学校ではあまり音楽の授業は楽しくないと言っていました。
しかし今日の練習はとても楽しそうに、大きな声で歌ってくれました。
今日のような、純粋に「音」を「楽しむ」。
という時間をきっかけに音楽を好きになってくれたのなら、
それだけでやってよかったなと思いまするんるん

音楽祭まであと1週間!
われらちびっこ音楽隊も思いっきり歌います。
みなさん遊びにきてくださーい。

あきらん


2012年06月09日

森のちびっこ音楽隊 その1

今日は「森のちびっこ音楽隊」 第1週目ですexclamation
何をするかというと、
今月の23日に開催される、「アコースティック音楽祭2012」に
自分達で楽器を作り、出演しちゃおうexclamationという企画です。

午前中は森遊びをして、午後からは…
IMGP5962.JPG
IMGP6048.JPG
楽器作りをがんばりました。
次回の「森のちびっこ音楽隊」は来週の土曜日。次は演奏する曲の練習です。
IMGP6070.JPG
どんな楽器で、どんな音になるかは音楽祭での演奏をお楽しみにるんるん

あきらん


2012年05月31日

日光浴

今日の耕英は快晴!
あまりにも天気がよいので、飼い犬たちのシャンプーをしました。

DSC_0239.jpg


こちらはピカピカになった、自然学校の(私個人としても)愛犬ロッキーです。気持ち良さそうにひなたぼっこをしています。

DSC_0236.jpg


太陽の力は本当にありがたいです。各地に太陽神がいるのも納得ですね。
日本にも天照大神という神様がいますよね。
天の岩戸の話は有名ですが、卑弥呼の時代は日食という現象を、この神話で説明したんじゃないかという説があります。
少し前の日食のときに、私はこの話を思い出していました。
つまり、卑弥呼=天照大神だったという説です。
天文学者によると、卑弥呼が死んだ直後2回の日食があったんだとか。
太陽神が隠れた(亡くなった)ために太陽が隠れるようになった、と昔の人が考えたのかもしれませんね。
神話と歴史を重ねてみると、なかなかロマンがあって楽しいです。

DSC_0235.jpg


最後は愛馬ちょことくりこま山。この時期のくりこま山は、紅葉の時期とはまた違った趣があって良いですねexclamation

いくぞう

2012年05月20日

世界谷地散策

昨日はお客様と一緒に世界谷地に出かけました。
まずは「数又養魚所」さんで腹ごしらえ!

IMGP5064.png


岩魚のおつくりは歯ごたえがあってとてもおいしかったです!
他にも南蛮漬けや田楽味噌焼きなど岩魚づくし。
どれもこれもおいしかったので、頭の部分を持ち帰って犬たちの餌にし、幸せをわかちあいましたわーい(嬉しい顔)

木漏れ日が入る森はとても美しく・・・

IMGP5101.png


こちらはもう言葉はいらないでしょう。

IMGP5083.png


道からちょっと外れて森の中へ入っていくと・・・

IMGP5122.png


立派なブナの木に出会いました。
実は同じお客様が、冬にスキーで世界谷地を散策したときに見つけた木なのですが、導かれるように同じ木にたどり着いたのです。

新緑の森は本当に気持ちよかったです!
トリアシショウマ、ショウジョウバカマ、水芭蕉、一輪草など、花も楽しめました。
6,7月にはニッコウキスゲが咲くことでしょう。
その頃もう一度訪れたいと思います。

帰ってからは夜の交流会。
例によって私は飲みすぎてしまい、今朝は若干二日酔い気味でしたあせあせ(飛び散る汗)
そろそろ体験から学ぶべきときだと思いました。

いくぞう

2012年05月12日

おてつだい

神奈川県から来て寮生活をしている「らいくん」。
10日は、またまた近所の農家さん宅に手伝いに行きました。近所と言っても車で1時間かかるのですが。
この日は雨予報で雷も鳴るということだったのですが、なんとか天気も持ってくれました。

DSC_0108.jpg


お昼にみんなで外でお食事。体を動かした後のご飯はおいしいですね。
らいくんはよく動いてくれて、農家のお父さんも「はじめは期待してなかったけど本当によくやってくれた。ありがとう」とご満悦。
ほめられたらいくんも「嬉しかった」と後で教えてくれました。


そして本日は「森のようちえん」でした。

DSC_0114.jpg


らいくんは大人チームに混じって敷地内の整備を手伝ってくれました。
ここでもよく動いてくれます。
(あ、ここやってほしいなー)というところを、すぐに気づいてやってくれます。
かゆいところに手が届くとはこのことですね。
本当に助かっています。スタッフも実習生も見習わなくては・・・たらーっ(汗)

最後は先日から耕英にやってきた馬の「ちょこ」ちゃんをご覧下さい。

DSC_0117.jpg


環境が変わって落ち着かない様子です。
早く慣れるといいね、ちょこちゃん。

いくぞう

2012年05月05日

近所の農家さん宅に手伝いに行ってきました

先日から耕英寮に男子中学生1名が入寮しています。
最初は朝起きてすらこなかったのですが、今日はちゃんと起きて農家さんのお手伝いに行ってくれました。
実習生のまっきーと、ウーファーのビルー、さっちーと私の5人で農作業開始!

DSC_0080.jpg


寮生の彼が、人が変わったようにてきぱきと作業しているのを見て、ひとつ壁を乗り越えたのかなーと嬉しく思いました。

DSC_0085.jpg


あいにくのお天気でしたが、景色はご覧の通り。
すっかり初夏の様相を呈してきました。

帰りに松倉校に寄りました。
特別な用事があったわけでもないのに、わざわざ寄ったのは、通り道ということもあったのですが…

DSC_0086.jpg


ヤギの赤ちゃんが生まれたのを見るためですexclamation

思わず連れて帰りたくなるくらいかわいいんですよ、これが。
小さくてかわいいうちに(笑)、ぜひ見に来てください。

いくぞう

2012年05月01日

GWは青空カフェ♪

自然学校・耕英校はGWの青空カフェ♪に向けてただ今準備中晴れ
ちょっと様子がかわったのでご紹介いたします。

まずはこちら、
4月の26日からちょこが耕英校へお引越しをしてきましたダッシュ(走り出すさま)
3丁目の脇の建物(通称3.5丁目)を整備し直し、馬小屋として改造。
IMGP4035.JPG
山での生活は初めてのちょこ。これからはここでの新生活。
新しい住まいは気に入っていただけたでしょうか?

そしてこちら、
ドーン!!クライミングウォールが出現!
IMGP4473.JPG
青空カフェの会場に設置して、どなたでも体験ができるようになっています。(/100円)
壁に設置したホールドにつかまって、端から端まで渡れるかな?


というわけで、自然学校の1丁目前はだんだんにぎわってきました。
ちょことふれあいながら、コーヒーを楽しみながら、クライミングウォールに苦戦する子どもたち
をながめたり、などなど。
GWはぜひくりこまに遊びに来てください。

青空カフェ♪は
 5月3日(木)〜5月6日(日)
   9:00〜15:00
 くりこま高原自然学校 耕英本校 1丁目前 です晴れ

自然学校の敷地の奥ではアーチェリー体験もできますよわーい(嬉しい顔)
アーチェリー.JPG
こちらは10投/500円。

ちょこと一緒に耕英で待ってま〜す。

あきらん

2012年04月22日

ことり

わたくしいくぞうは、最近ペットを飼おうと思っています。
犬は自然学校にたくさんいるし、ネコにはちょっとアレルギーが・・・
大型の動物を飼うと世話が大変ですし、小鳥がいいんじゃないかと思い、インコのことを調べている今日この頃です。

耕英地区では最近、春の鳥があちこちで鳴いています。
メジロ、ウグイスの声を聞くと、ああ、春だなと思いますが、ここではもっとうるさい鳥が鳴くのをよく聞くことができます。
佐々木のブログにも載っていましたが、オオジシギという鳥です。
オーストラリアで越冬し、春になると日本に渡ってくるそうです。
北海道に旅をしたとき、野宿をしていたら、早朝毎日のようにこの鳥に鳴かれて、非常に迷惑をした思い出があります。
相当うるさいです。
ぜひ耕英に遊びに来て、このうるさい声を聞いてみてください。

耕英は雪もずいぶん溶けました。
里に下りると濃い桃色の梅が満開で、そろそろソメイヨシノが咲くと思うと、嬉しくなってきます。
早くお花見したいです!

いくぞう

2012年04月13日

春が来た!

ようやく耕英に春が来ました!
寒さは前からだいぶ緩んではいましたが、満を持して、はっきり「春です」と言えるくらいの気温になってきました。

ここ数日は特に晴れ渡り、くりこま山とその奥にある青空がとても美しく調和しています。
朝起きてこの景色をやわらかな朝日を浴びながら見るだけで、自然と幸福感に包まれます。

今年の冬は厳しかった〜
それを思うとなおさら嬉しいです。

DSC_0056.JPG


DSC_0060.JPG


まだまだ残雪が多いですが、急速に溶けてきています。
もう少ししたら、くりこま山の春もみじが見られると思います。
(このあたりのカエデは、春にも赤くなるらしいのです!)
私もとても楽しみにしています。

いくぞう