CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月23日

パイオニアキャンプ川下り編終了

パイオニアキャンプ川下り編終了

100kmの川下りから1日早く帰ってきたので、キャンプ7日目はアーチェリーと川下りの新聞つくりをしました。

みんな真剣な表情で的を狙います。
新聞は夜の生還パーティーで陸上サポートスタッフや留守番をしてくれていたスタッフに川下りの報告をしました。

8日目は心残りだった沢遊び!!気温29度水温18.6度の天然のプールで泳ぐ飛び込むはしゃぐ!!

アーチェリーや沢遊びは楽しさと同時に、子供の安全教育の場になります。
アーチェリーという道具は正しく使えば楽しいけれど、まちがって使うと不幸になる。これは様々な道具のあふれる現代ではとても大切なことです。
携帯電話、パソコン、自動車、刃物など道具は使い方一つで幸せになるか不幸になるかが変わります。
沢では、自分で考えて行動して、自分の身を守ったり自分の体力の限界などを知ります。
大人が全てを用意して大人の言うことをよく聞いて、安全に遊んでもその子は何も自分で考えない人に育つでしょう。
大きな危険はスタッフが管理をしますが、子どもが自分で考えて行動できることまでは取り上げません。
そして、最後の夜はキャンプファイヤー。心が一つになった仲間とスタンツを作り発表しました。

長くて短い9日間、また栗駒でキャンプをしよう!!

キャンパーのみんな、子どもたちを送り出していただいた保護者の皆様、ブログを見て応援をいただいたみな様、全ての人に感謝!!

2010年08月20日

100km完漕!!

お待たせしました。川下りの報告です。
川下りツアーに出て4日目北上川の流れに乗って、いっきにゴールの平泉を目指します。
移動距離42km!!
青い空と緑の木々、そして赤いボートと北上川の風景。この光景がなんとも冒険らしい、そして美しすぎる川下りをするたびに私はいつも感動します。
昼食休憩では川の字で昼寝(北上川は広いので5本線の川の字です)
川下り中は何度もボートから飛び込みをしました。みんな飛び方に工夫を凝らしてジャンプします。

宙返りからライダーキックまでさまざまな飛び方でジャンプコンテスト!!

最後は平泉の高舘橋をくぐって100km完漕!!みんなで記念撮影。

みんなこんがり日焼けしてたくましい顔つきになりました。
川下りツアー応援を頂いた皆様ありがとうございました。
残り3日のキャンプ生活も楽しく安全に活動します。
(つかちゃん)

2010年08月15日

パイオニア川下り編スタート!!

夏だキャンプだくりこまだを締めくくるべく川下り編がスタートしましました。
乗馬編からのキャンパー5名と新しく合流した9名あわせて14名の冒険者たち。
彼らをどんな冒険がまっているのか。
家から栗駒山へ来ることが第1の冒険だとしたら、自然学校から川下りへ行くのは第2の冒険です。川下りの冒険へ出る前に。出会った仲間をしり、自然学校という場所が川下りから帰ってくる安心の場とするべく2日間は自然学校で生活作りです。
名札作りや班ミーティング、自炊などを通して少しづつお互いを知って生きます。
今日は朝の自炊から始まり、生活で使う箸作りや川下りの安全講習と準備をしました。
沢遊びはあいにくの天気のため川下りから帰ってきてからのお楽しみとなりました。
夜は川下りへ向け班での目標などを話し合いました。
明日からは5日間の100km川下り。
班で掲げた目標を文字だけではなく、体験として身につけ、一つのチームになるようにイーハトーヴを流れる北上川を下ります。
東北の大河北上川は子供たちに何を教えてくれるのか。わくわくどきどきしながら今夜は休みます。
(つかちゃん)