CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月07日

夏のくりこま冒険塾 最終日

1週間続いてきた夏のくりこま冒険塾も今日が最終日。

朝日が棚田を照らし出すなかとても爽やか朝を迎えました。



みんな素敵な一夜を過ごせたようです。



松倉校に戻り、2ヵ月後の自分への手紙を書きます。
この1週間で感じたことや学んだことをを書き綴って、日常に帰った後にも思い出せるようにするためです。



最後の昼食は流しそうめん。初めて体験する子も多く、大盛り上がりでした。



感想を聴くと、あっという間の1週間だったそうでみんな別れを寂しがっているようでした。

最後に集合写真をパチリ!
みんな元気でね!!



終わりに、プログラムディレクターとしての感想を綴ります。

この夏のくりこま冒険塾は私にとって3回目のキャンプでした。段々と経験を積み重ねることで以前よりも余裕が出来たのか、やっていて今回が一番楽しく感じました。

本当に個性豊かな20人で、最初から最後まで元気いっぱいな子、初めてのキャンプで緊張していたのがたくさんの友達が出来た子、ホームシックで寂しい思いをしながらも頑張った子、好き嫌いが多かったのに最後は自分からおかわりをするようになった子などたった1週間でしたがびっくりするくらい変わっていく子どもたちを見てとても嬉しく思いました。

自分が小学生の頃を振り返っても、夏休みというのは本当に特別な時間でした。今回のキャンプはきっと一生の思い出となるでしょう。そしてみんなの将来にこの1週間で体験したこと・気づいたことが少しでもつながっていけば良いと思います。

またスタードームが一人では立てられないように、このキャンプ自体もたくさんの人の協力によって素敵なものになりました。

参加者・ご家族の皆様、スタッフ、地域住民の皆様、1週間本当にありがとうございました!

                                      (しんちゃん こと 唐澤晋平)

2010年08月05日

夏のくりこま冒険塾 4日目

夏のくりこま冒険塾、4日目は竹を使ってバウムクーヘン作りです。

まずは火を起こすために薪割りです。初めての子も多かったものの上手に割れていました。



火が準備できたらばバウムクーヘンを作っていきます。軸となる竹に生地を塗っては焼き、塗っては焼きを繰り返しました。



うまく出来るかドキドキでしたが、どの班も上手に焼き上げることが出来ました。味も大好評でした。

-----------------------------------------------------
※参考までに卵アレルギーに対応した今回のレシピを公開します。
 
1班(7〜8人)あたり
森永ホットケーキミックス 900g
無塩バター 300g
牛乳 1000ml
片栗粉 150g
砂糖 50g
-----------------------------------------------------



午後からは竹で作る簡易テント・スタードームの準備に入ります。

まずは模型を組み立ててイメージを掴みました。
交互に編んでいくのが要です。



次に材料となる竹を割りました。
竹割りナタを使えば低学年の子でもバリバリっと裂けるので爽快です。



明日はいよいよメインプログラムとなるスタードーム作りです。
班のチームワークが試される1日、果たして完成できるのでしょうか!?
 
                                     (しんちゃん)

2010年08月04日

夏のくりこま冒険塾3日目

夏のくりこま冒険塾、3日目は里山ウォークラリーに挑戦です。

松倉校の奥にある山田・新倉の集落を歩きながらこの地域の伝承や文化にまつわるチェックポイントを回ります。

みんなで協力して頑張るぞ!!



こちらは第2チェックポイントの「重ね石」。誰かが置いたわけでもないのに大きな石が重なっている奇妙な石です。昔は道沿いの目印で子ども達の遊び場だったそうです。



田んぼ、山の中、小川沿いとトトロの森のような世界をどんどん進んでいきます。



お昼ごはんは自分たちで作ったおにぎり。一生懸命歩いたあとはいつもよりおいしく感じます。



松倉校に帰ってきたら、山田集落の長老・清男おじいちゃんからそれぞれのチェックポイントにまつわるお話を伺いました。




「昔台風で大きなため池の堤が決壊して、それを村中の人が集まって大きな石で突き固めて直したんだ。その石が大きな亀みたいだから亀の神様として今でも祭ってあるんだよ」

「この稲瀬川の水を飲んだ馬は名馬になるといううわさで、明治天皇に献上された馬もこの川の水を飲んで育ったそうだ」

地元の方ならではの面白いお話をたくさん聞かせていただきました。何気なく見ていた景色の背景にある長い長い歴史を感じました。

キャンプも早3日目が終わり、折り返し地点です。明日からはいよいよメインプログラムのスタードーム作りがはじまります。乞うご期待!

                                               (しんちゃん)

2010年08月03日

夏のくりこま冒険塾 2日目

夏のくりこま冒険塾2日目、みんなぐっすり眠れたかな?

今回のキャンプのテーマは「竹」です。
松倉のような農山村では竹林のある家がよく見られ、タケノコをとったり竹を材料にしたりと
色々な場面で使われてきました。そんな伝統的な暮らしになぞらえて竹を使ったキャンプにしました。

ということで午前中は竹でコップと箸を作りました。キャンプ中は自分で作ったものを使います。



次に昔ながらの竹水鉄砲。ちょっと難しかったけど、みんな作り上げることが出来ました。



午後はその水鉄砲を持って川遊びです。



夏はやっぱり水遊び!浮かんだり飛び込んだり生き物探しをしたり・・・楽しみにしてきた子も多くとてもはしゃいでいました。



夜は地域のおばあちゃんによる民話の夕べです。



動物の話、神さまのお話など地域に伝わる昔話を興味深そうに聞いていました。


2日目にもなるとみんな緊張もほぐれ、笑顔がたくさん見られるようになってきました。
明日はチームワークが大切なウォークラリーです。協力してゴールできるでしょうか?

                            (しんちゃん)

2010年08月02日

夏のくりこま冒険塾1日目

遂に始まりました、夏のくりこま冒険塾!!

1週間に渡って、くりこま高原自然学校・松倉校で里山の環境を活かしたキャンプを行います。そしてプログラムディレクターの私、しんちゃんが毎日活動の様子をお伝えします。

今回の参加者はおかげさまで定員の20名です。
まずは開会式。初めて参加する子はちょっと緊張ぎみ?



キャンプ中はみんなキャンプネームで呼び合います。キャンプネームを覚えられるよう定番の名札作りです。



その後は松倉校を見て回ります。犬、ヤギ、鶏、ウサギ、動物たちはみんな人気者。



虫を捕まえるのを楽しみに来た子はフリータイムで虫取りです。
いかにも夏休み!



暑い夜はお楽しみのアイス作り。
みんなの熱気で固まるのに時間がかかりました・・・。



みんなの緊張もだいぶほぐれたところで初日が終わりました。
まだまだ本番はこれから。元気いっぱいの仲間たちと夏休みを思いっきり楽しもう!

                                         (しんちゃん)