CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年01月06日

帰省

私の実家は秋田県の横手市というところだ。
ここは豪雪地帯で、耕英よりも多い雪が降る。帰省ても雪だらけ。
帰りは吹雪で車の運転が怖いくらいだった。
太平洋側へ抜けたらだいぶ穏やかになり、松倉校の近くはご覧のように美しい里山の姿も見えた。

DSC_0118.JPG

ただし、耕英に戻るとまた日本海側の天気。
ここは宮城よりも、秋田の天気に近い。

さて、本日は帰省していた寄宿生が1名戻った。
「自分の課題としっかり向き合いたい」と、頼もしい発言をしてくれた。
なんだかずいぶん成長したような気がする。親御さんも、だいぶ落ち着いたようだと仰っていた。
戻るなり厳しい寒さで大変だろうが、ここの冬を乗り切れたのなら、それだけで大きく成長するような気がする。
遠い春を待ち望むのもまた、楽しいものであるということを感じてほしい。

いくぞう
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック