CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月11日

大根の季節

ドイツからウーフの制度を使って来てくださっていたフランキーが、昨日大阪に旅立った。
真面目な顔でジョークを言う非常に楽しい方で、「小学生も自分のような年配者も同等に意見を言い合える自然学校の民主主義は素晴らしい」と仰っていただいた。
サドベリバレースクールのような民主主義をと常々思っているので、この言葉はとてもうれしかった。

IMGP1851.jpg

さて、耕英は大根の季節である。
近所の農家さんより規格外のものなどを大量にいただける。
そのまま食べたり、切り干し大根などの保存食にしたり、状態が比較的悪いものは家畜のえさにしたり・・・
さまざまな用途で使わせていただいている。

IMGP1845.jpg

寄宿生と一緒に洗って干して切ってと、5,60本の大根を処理した。

この週末は普段森のようちえんに参加してくれている方が遊びに来てくれた。
かわいらしい耕英寮生をパチリ

IMGP1864.jpg

食器洗いがいつの間にか洗顔になっていた。

いくぞう
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック