CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年08月01日

Cゾーン

冒険教育とは、簡単に言えば「Cゾーンを越える」人づくりである。
CとはComfortable(快適な、心地良い、安全、安心、知っている、慣れている)の頭文字で、そういう場を一歩踏み出してみようというのが冒険教育だ。

ご近所探検も、不慣れな環境にいる寮生にとってはCゾーンを越えることのひとつになりえる。
このところリーダーシップとは何か?を一生懸命考えているらいくんは、他の寮生を引き連れていく責任を持つことが、Cゾーンを越えることだったろう。

DSC_0454.jpg

DSC_0464.jpg

Kくんはアップダウンのある道を走ることそのものが、

DSC_0466.jpg

Hくんはつらいことの中に楽しみを見つけることが、Cゾーンを越えることだったかもしれない。

DSC_0468.jpg

金明水という湧き水まで1時間半の小旅行。
私にとっては通いなれたどうということもない道だが、彼らにとってはどうだったろうか。

暑い中楽しく自転車をこいだ。
誰も弱音を吐かず、お互いを思いやっていた。
短いが有意義な旅だったと思う。

いくぞう
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック