CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年01月25日

Chance for Children

「学校外教育用バウチャー(クーポン)」というものをご存知ですか?

NPO法人Chance for Children(チャンス・フォー・チルドレン)では、東日本大震災で被災地となった地域の子どもたちに、市民や企業からの寄附金をもとに、教育サービス期間で利用できるバウチャーを提供しています。

このたび、くりこま高原自然学校では、Chance for Childrenのバウチャー利用可能団体に登録いたしました!

Chance for Childrenのクーポンをお持ちの方は、くりこま高原自然学校の各種プログラムにクーポンで参加することが可能です!(助成事業など一部利用できない場合もあります。)

ちなみにバウチャー(voucher)というのは、引換券・割引券・クーポン券という意味の英語です。



◆◆◆◆◆
Chance for Childrenは、阪神・淡路大震災で被災した子どもたちの支援を行ってきたNPO団体のひとつのプロジェクトとして、2009年に発足しました。

このプロジェクトは、経済的な理由により学校外教育を十分に受けることができない子どもたちに対して、学校外教育バウチャーを提供し、子どもたちが選択肢を広げるための機会を保障してきました。

子どもたちにとって、塾・予備校・習い事等の学校外教育は、多様な人間関係を育み、選択肢を広げ、将来の自立に寄与する、成長に不可欠な機会です。しかし、現在の日本において、義務教育により公教育の機会が保障されている一方で、学校外教育の機会は家庭の経済状況にゆだねられています。

私たちは、この学校外教育の機会における不平等を是正し、すべての子どもに学校外教育の機会を提供するため、2009年に貧困世帯の子どもたちを対象とした学校外教育バウチャーの提供プロジェクトを発足しました。

そして、2011年3月に発生した東日本大震災に伴い、被災した子どもたちに対しても同様の活動を展開し、継続的に支援を行うため、一般社団法人チャンス・フォー・チルドレンを設立しました。

(Chance for Children ホームページより抜粋)
◆◆◆◆◆

このプロジェクトの特徴は、現金ではなくバウチャー(クーポン)という方法で提供していることです。

バウチャーによる最大のメリットは使途の限定にあります。つまり、現金給付ではないため、学校外教育以外に使用されることはなく、確実に教育サービスを提供することができます。

被災地の子どもたちに、確実な教育の機会を提供することは、将来的に被災地の復興を支える人材を育てることにつながります。

また、バウチャーの利用を通じて、地域の教育事業者の収入を支えることにもなります。

Chance for Childrenの代表理事である今井さんは、小学校時代に阪神・淡路大震災をされ、その思いを出発点として被災地域の子どもたちを対象とした教育支援に取り組んできたそうです。

地域を支える子どもたちのために、大人たちができることはどれだけあるでしょうか。

私たち自然学校の理念でもある「持続可能な社会づくりと人づくり」の実現のために、このプロジェクトに賛同することに決めました。

長い長い復興の道のりを、子どもたちと共に歩んでいきたいと思います。



すがっち
この記事へのコメント
おめでーす。
Posted by ポンタ丸 at 2012年01月25日 23:15
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック