CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月16日

津山工業高校との交流

ひとつ前の記事でも書きました、岡山の津山工業高校一同ですが、今朝岐路につき、夕方無事に岡山に着いた旨連絡がありました。

岡山ESDプロジェクトから、宮城教育大学の島野智之先生を通じて繋がった今回の交流、双方とても有意義な時間を過ごせたのではないかと感じています。




毎夜行われた振り返りの時間。
上の写真はペレットボイラーです。



元気で面白い三宅先生。
実は環境系の雑誌に載るほど有名な先生でした。
こんな熱〜い先生の元で学べるというのは、本当に幸せなことだなと、生徒さんたちがうらやましく見えました。



こちらは亀井先生。
言葉の端々から、教育者としての誇りや想いをひしひしと感じました。



遠く岡山の若い力と「環境」というキーワードでつながれたことは、非常に意味のあることだと思います。
生徒さんには、今回学んだこと感じたことを、ぜひ他の生徒さんい伝えてほしいと思います。
そして、私たちのミッションである「自然と共生し、持続可能な平和で豊かな暮らしを創造する人と社会つくり」の輪を広げていってほしいと思います。

津山工業のみなさん、またいつでも遊びに来てください。
みなさんから、たくさんの元気をいただきました。
本当にありがとうございました!

いくぞう
【くりこま高原自然学校についての最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック