CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月18日

・・・・まさかの雨!

夜明け近く、聞こえるはずのない音で目を覚ましました。

・・・・・ポタポタポタポタ
ザー・・・・ザー・・・・ザザザザザーザーザー

2月の耕英で、まさかの雨が降りました!

どうもおかしい天候です。
3月にも雪のキャンプがあるのに、雪が溶けてしまいます。

朝起きてみると、雪は残っているものの、雨が浸み込んで重たい雪の塊に。



駐車場の車が、シャーベット状に崩れた雪で脱出不可能になってしまうため、いつもとは違う除雪作業をしました。



水分を含んでいてとにかく重い。
雪をどかしても、水が残ってしまい、さらにシャーベットが広がって・・・・と重労働でした。



日本じゅう、世界じゅうのたくさんの場所で、異常なことが起こっています。
この先、もっともっとおかしなことが起こってしまうのではないか。

今日の作業が終わって一安心でも、不安な気持ちが残ります。
春を待つ気持ちはあるけれど、耕英の雪はもっと降ってもいいのに、と思う一日でした。

すがっち
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック