• もっと見る
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
令和5年3月度適応グループ定例会開催報告 [2023年03月20日(Mon)]
定例会を初めてライフパーク倉敷で行いました。プロジェクターの画像もとてもクリアで充実した定例会になりました。
日 時:令和5年 3月18日(土) 14時 〜 16時
場 所:ライフパーク倉敷第3会議室 参加者8名          
➊令和4年度の事業計画の進捗状況
❷令和5年度の事業計画案
❸くらしき環境フェア出展計画について
9月17日福田公園 熱中症対策血管年齢測定、プラスティックリサイクル
手作り時計は行わない。メインの内容については今後詰めていく。
❹事務局からの伝達事項
GL+ 会議の案内。日時 4月12日(水) 19時 〜 20時30分
場所 倉敷市市民活動センター第1会議室
参加者:GL+ 、くらそう会員は何方でも参加お願いします。
議題
1. 22年度活動実績&23年度 活動計画(各GLからの特記報告)
2. 22年度くらそうの活動記録の取扱いについて
3. くらそう運営規則の見直し
4. 5/21全体会議について :場所はライフパーク倉敷とする。
❺主催者からの情報提供
グリーントランスフォーメーションとデジタルトランスフォーメーション
GXの実現にはDXが必要不可欠になります。例えば、GXの取り組みの一つにデジタル化によるペーパーレス化があります。これにも、既にある紙資料をデジタル化する場合にはAI技術の一つであるOCR技術が必要不可欠です。
さらに、これからデジタル化を進めるものにおいても、決済資料であれば決済システムの構築、技術資料の保存であれば高いセキュリティを持つサーバ構築などの高度なデジタル技術が必要になります。業務プロセスの効率化、自社リソースの最適化においても同様に、デジタル技術との組み合わせが必須になり、GXとDXは切っても切り離せない密接な関係になっています。
経済産業省グリーントランスフォーメーション推進小委員会
地球環境産業技術研究機構
Green Earth Institute 株式会社(グリーン アース インスティテュート)
❻参加者や協力者からの情報提供等
ライト電業轄L島支店山本 省二さんからの情報
株式会社グリーンテクノロジー 省エネルギー診断
里山再生グループからの連絡 小林勝祐 三宅賢典
❼学習会 テーマ:持続可能な地域づくりを目指して
       〜水島の公害経験とSDGs〜
        公益財団法人 水島地域環境再生財団 塩飽 敏史
❽次回開催日について  6月10日(土)開催 
学習会 パナソニック株式会社エレクトリックワークス社中四国電材営業部電材営業開発部岡山電材営業所 國分 健一 
1.サスティナブル・スマートタウンのご紹介(15分)
2.光害対策型LED照明器具のご紹介(岡山県井原市の取り組み)(5分)
3.その他(水素電池、一般、小・中学校向け勉強会のご案内)(10分)
として、開催の予定〜♪ (*^-^*)
ライフパーク掲示板.JPG
塩飽さん講演3.JPG
全員写真マスクあり.JPG
Posted by 井上 at 15:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kurasocoff/archive/348
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

倉敷・総社 温暖化対策協議会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/kurasocoff/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kurasocoff/index2_0.xml