• もっと見る

2023年07月24日

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト

京都橘大学とコープしがとの共同プロジェクトとして、4月から7月にかけて京都橘大学の経済学部・経営学部の3回生の学生を対象に、食品の生産、加工、流通、消費に至るサプライチェーンを学習するPBL(Project Based Learning:課題解決型学習)が行われました。

本プロジェクトは本研究所支援、コープしが全面協力のもと、京都橘大学の下門直人先生(本研究所理事・運営委員)のコーディネートによって実施され、滋賀県内の農場や工場、コープしがの店舗等をフィールドとして学生自身が現地で様々な体験を行いながら、学びを深めていきました。

また本プロジェクトの成果物として、京都橘大学の学生がフィールドワークを経て学んだ内容(コープしがの仕事の魅力等)をPR動画にして報告を行いました。

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト.JPG
コープしがのぜぜ店で開催された報告会の様子

報告会には、授業に参加した学生をはじめ、コープしがの職員、組合員理事の方々が参加しました。また学生各グループが制作したPR動画視聴後には、活発な質疑応答が行われました。

報告会終了後には、コープしがと鳥取県畜産農協とみんなの牧場が行っている「鳥取みんなのつながり和牛」と滋賀県産のきぬひかりを食べながら交流を行いました。

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト.JPG
交流会の風景

【講座・講演会・セミナー等の最新記事】
posted by くらしと協同の研究所 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・講演会・セミナー等
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック