• もっと見る

2024年02月28日

コーポラティブ・ラボ現地視察の開催

コーポラティブ・ラボの研究活動の一環として、奈良のNPOの協力を得て、冬の奈良を代表する吉野本葛づくりと、吉野杉を使用した樽丸を巡る現地視察を行いました。

吉野本葛は万葉集にも詠まれ、漢方薬の材料として珍重されてきたとともに、江戸時代中期からは料理や菓子に使われてきた食材になります。そうした吉野本葛を製造している老舗に訪問して、吉野本葛ならではの技法や、生産現場の様子等について視察しました。

吉野本葛 (6).JPG
吉野本葛の製造現場を視察


吉野本葛 (1).JPG
吉野本葛の原料となる葛の根

葛の根を細かく裁断して、 水に漬けて絞り、一昼夜冷たい水にさらして沈殿した葛の澱粉を取り出して形作っていくと…

吉野本葛 (2).JPG
吉野本葛の形が見えてきます。


吉野本葛 (4).JPG
そして木箱で2か月ほど自然乾燥させて、吉野本葛が完成です。


吉野本葛 (3).JPG
奈良の寒冷で湿度の低い冬の気候が吉野本葛の乾燥に適しています。

次に祝宴や行事等の鏡開きで使用されている酒樽を、吉野杉でつくっている樽丸の製造過程を視察しました。

樽丸 (1).JPG
樽丸づくりの製造現場に訪問

吉野杉が酒を貯蔵・運搬するのに最適な素材であったことから、吉野で樽のための材料が作られました。この樽丸が全国の酒所に運ばれ、そこで製樽職人によって樽に組み立てられていきます。

樽丸 (2).JPG

吉野杉の板目(年輪に対して水平方向に切りだすことで、水分を吸収しにくく蒸発を防ぐ性質の木材の名称)と柾目(年輪に対して中心付近を垂直方向に切り出すことで、水分が吸収しやすくなる木材の名称)についてお話をお聞きしました。

板目は上記の性質を持つため、お酒や醤油の貯蔵に適しています。柾目は水分を吸収しやすいため、中身を入れ替える水桶や鮨桶、お櫃に使われます。

樽丸 (3).JPG
丸太を切り出す様子


樽丸 (4).JPG
表面をならす削りの作業


樽丸づくり (1).JPG
酒樽の周りに巻かれている竹の箍(たが)を外す作業を見させて頂きました。

樽丸づくり (2).JPG


樽丸づくり (3).JPG
箍のみで樽を形成していることがとても良く分かります。

生産者の方々にご協力頂きながら、奈良の食の文化である吉野本葛づくりと吉野杉を使用した樽丸を巡る充実した現地視察を行うことができました。

posted by くらしと協同の研究所 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コーポラティブ・ラボ

2024年01月06日

令和6年能登半島地震で被災された皆様へ

本年1月1日に石川県で発生した能登半島地震によって被災されたすべての皆様にお見舞い申し上げます。
被災によって犠牲となられた方々に御悔やみを申し上げるとともに、被災地域の皆様の安全の確保と、1日でも早い復旧、復興を衷心よりお祈りいたします。

(くらしと協同の研究所)


posted by くらしと協同の研究所 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2023年12月26日

コーポラティブ・ラボ研究交流会(2023年度第2回)の開催

本日、第35回目となるコーポラティブ・ラボを開催しました。この度のコーポラティブ・ラボでは、コーポラティブ・ラボメンバーによる研究交流会を行いました。
研究交流会では、メンバーの御手洗氏と長島氏から、以下のタイトルでご報告頂きました。

【コーポラティブ・ラボメンバーによる研究交流会】
御手洗 悠紀 氏(京都大学大学院 農学研究科 研究員)
報告タイトル:戦間期ヨーロッパにおける有機農業運動の史的研究−土壌・家畜・身体をめぐって−

長島 洋介氏 (ラボラトリオ株式会社マネージャー・奈良女子大学 なら学研究センター 協力研究員)
報告タイトル:歴史を読み解き未来を紡ぐ思考法「リバースキャスト」の構築に関する学際的・実践的研究

第35回 くらしと協同の研究所 コーポラティブ・ラボ.JPG
研究交流会の風景

報告後の質疑応答も活発に行われ、実りある研究交流会になりました。

posted by くらしと協同の研究所 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーポラティブ・ラボ

2023年12月25日

第24回生協組合員理事トップセミナーを開催しました

2023年12月2日に、本研究所主催の第24回生協組合員理事トップセミナーを開催しました。当セミナーは、くらしと協同の研究所の会員生協の組合員理事が呼びかけ人となり、企画内容を考え、運営をしています。
本年度は、「『食』の現状を見つめる〜あなたはどんなふうに食べる未来を想像していますか〜?」をテーマに、北は宮城、南は沖縄まで24 生協の組合員理事が集いました。 

当セミナーの企画を行った呼びかけ人会では、当セミナーを通して「協同組合の理事として、今、『食』の現状をしっかり見つめ、学び、どのような社会を作りたいのか、みんなで考え合い、その未来に向けて私たちが為せること、協同組合の可能性を一緒に探っていくこと」を企画の柱として、以下の基調講演と各分科会を行い、実際に組合員同士が会って聞きあい、話し合う充実した時間を過ごすことができました。

【基調講演】
「自分の意志で食べ物を選ぶとは?−協同組合の組合員としてできることを考える−」
 講師:青木美紗氏(奈良女子大学・当研究所理事)

【分科会】
〇第1 分科会
「日本の食料生産のリアリティ」
(講師:青木美紗氏・奈良女子大学、当研究所理事)

〇第2 分科会
「いま大学生が注目する『食』とは」
(講師:岩橋涼氏・名古屋文理大学、当研究所研究員)

〇第3 分科会
「地域の食文化がもつ多様な価値を観て見る」
(講師:片上敏喜氏・日本大学、当研究所理事)

〇第4 分科会
「地域の食と暮しを支える生活協同組合を若者はどう捉えるか」
(講師:下門直人氏・京都橘大学、当研究所理事)

〇第5 分科会
「誰もが暮らしやすい社会の実現に、生協が食を通して貢献できること」
(講師:山野薫氏・京都橘大学、当研究所理事)


第24回トップセミナー 基調講演.JPG
青木先生による基調講演

組合員理事の皆さん.JPG
当セミナーを企画した組合員理事の皆さん

posted by くらしと協同の研究所 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・講演会・セミナー等

2023年09月23日

くらしと協同の研究所・創立30周年記念式典の開催

くらしと協同の研究所は1993 年6 月に創立され、本年で創立30周年を迎え、会員の皆様への感謝と共に30 年を祝う記念式典・祝賀会を9月4日に開催しました。

会場.JPG

会場風景.JPG
会場風景

式典には個人会員、団体会員の代表、これまで研究所を支えて下さった方々、日本生協連、生協総合研究所をはじめ、他の研究所関係者など多くの方々にご出席いただきました。式典では、前理事長の的場信樹氏の開会挨拶、土屋敏夫氏(日本生協連会長)、藤田親継氏(生協総合研究所専務理事)から来賓祝辞をいただきました。

来賓祝辞につづいて、若林靖永氏(くらしと協同の研究所理事長)より30 周年記念講演「協同を信じる」テーマに研究所の30 年を振り返り、「未来のより良きくらしと地域に向けて協同、協同組合、生協の役割に注目して、ともに学び合うコミュニティの場として、くらしと協同の研究所は一貫して取り組んできた」とし、今後も以下4 つの課題に取り組んでいくことを話されました。

1. 持続可能な地球と地域を展望して、変化する生活や地域社会の調査、現状分析、課題発見をすすめる

2. 地域における協同のネットワーク、協同の社会システムを展望して、生協や企業・団体、行政の調査、現状分析、課題発見をすすめる

3. 気候変動、ウクライナ、AI など、私たちをとりまく社会問題についてともに学びシチズンシップ、市民のリテラシー学習をすすめる

4. 若手研究者や組合員・生協職員が関る機会、共同の活動の場を提供し、これからを担う研究者を支援し、組合員・生協職員とともに学び成長する

若林靖永理事長の記念講演.JPG
若林靖永理事長の記念講演

記念講演につづいて、多くの方々からもご挨拶をいただき、式典を終了しました。また現在、研究所では30 周年記念実行委員会を組織し、記念式典をはじめ、30 年の歩みをまとめた「30 年史」の発行(2024 年7 月予定)を進めていますので、今後ご紹介させて頂きます。

参加者全員で記念撮影.JPG
参加者全員で記念撮影


posted by くらしと協同の研究所 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2023年07月24日

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト

京都橘大学とコープしがとの共同プロジェクトとして、4月から7月にかけて京都橘大学の経済学部・経営学部の3回生の学生を対象に、食品の生産、加工、流通、消費に至るサプライチェーンを学習するPBL(Project Based Learning:課題解決型学習)が行われました。

本プロジェクトは本研究所支援、コープしが全面協力のもと、京都橘大学の下門直人先生(本研究所理事・運営委員)のコーディネートによって実施され、滋賀県内の農場や工場、コープしがの店舗等をフィールドとして学生自身が現地で様々な体験を行いながら、学びを深めていきました。

また本プロジェクトの成果物として、京都橘大学の学生がフィールドワークを経て学んだ内容(コープしがの仕事の魅力等)をPR動画にして報告を行いました。

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト.JPG
コープしがのぜぜ店で開催された報告会の様子

報告会には、授業に参加した学生をはじめ、コープしがの職員、組合員理事の方々が参加しました。また学生各グループが制作したPR動画視聴後には、活発な質疑応答が行われました。

報告会終了後には、コープしがと鳥取県畜産農協とみんなの牧場が行っている「鳥取みんなのつながり和牛」と滋賀県産のきぬひかりを食べながら交流を行いました。

京都橘大学×コープしが共同プロジェクト.JPG
交流会の風景

posted by くらしと協同の研究所 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・講演会・セミナー等

2023年07月03日

くらしと協同の研究所・2023年総会記念シンポジウムの開催

7月1日、2日の2日間にかけて、くらしと協同の研究所2023年総会記念シンポジウムを開催しました。

本年度の総会記念シンポジウムは、「現代社会における食の価値を考える−生活協同組合だからこそできる価値の伝え方、活かし方とは−」をテーマに、以下の基調講演、実践報告、ディスカッションを行いました。

○基調講演
「資本主義的食料システムの成り立ちとカラクリ」平賀緑氏(京都橘大学)

○実践報告
「生産者と消費者を繋ぎ食の価値を伝える『やさいバス』の取り組み」
加藤百合子氏((株)エムスクエア・ラボ/やさいバス(株) 代表取締役社長)

「食の価値を活かした市民協働−福井県小浜市の『食のまちづくり』を例に−」
中田典子氏(福井県小浜市食のまちづくり課課長 御食国若狭おばま食文化館館長)
 
○ディスカッション
平賀緑氏・加藤百合子氏・中田典子氏
コーディネーター:片上敏喜氏(日本大学・本研究所研究員)
コメンテーター:青木 美紗 氏(奈良女子大学・本研究所研究員)、則藤 孝志 氏(福島大学・本研究所研究員)

2023年度 総会記念シンポジウム (1).JPG
平賀氏による基調講演

2023年度 総会記念シンポジウム (3).JPG
加藤氏による実践報告

2023年度 総会記念シンポジウム (4).JPG
中田氏による実践報告


2日目の分科会では、以下の第1分科会・第2分科会の2つの分科会を開催しました。

第1分科会:「地域医療福祉と協同組合−地域医療構想・地域包括ケアシステムと医療福祉事業の可能性−」

○登壇者
コーディネーター 山 一夫 氏(京都橘大学:本研究所研究員)
報告T:「医療・介護政策の方向性〜地域に支えられる医療・福祉事業を目指して〜」
鎌谷 勇宏 氏(大谷大学)
報告U:「地域医療構想の現局面ー"切れ目ない連携”の実態」
眞木 高之 氏(松江生協病院院長、全日本民医連副会長)
報告V:「京都生協の介護事業〜山積する課題と今後の展望」
金山 修 氏(京都生活協同組合執行役員、福祉事業部)


第2分科会 「現代における組合員のくらしの支え方を考える−冷凍食品から考える「生協らしい」商品との向き合い方−」

○登壇者
コーディネーター 加賀美 太記 氏 (阪南大学:本研究所研究員)
報告T:「『食卓に幸せをはこぶ』〜家庭用焼成冷凍パン〜」
清川 秀樹 氏(潟Aンデルセン・パン生活文化研究所 執行役員)
報告U:「冷凍めんの普及と『長崎風ちゃんぽん』」
澤田 卓士 氏(株式会社キンレイ 営業部 部長)
報告V:「冷凍食品 焼きおにぎり」
飛田 大輔 氏(株式会社ニッスイ 特販営業第二部生協営業課)


本年度は対面とリモートを用いたハイブリット方式で、7/1の総会記念シンポジウムを開催し、7/2の分科会はリモートで開催し、多くの方々に参加して頂き、活発な議論を行うことができました。
参加して頂きました皆様、ありがとうございました。
posted by くらしと協同の研究所 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 総会記念シンポジウム

2023年06月09日

協同労働・労協研究会の開催

本日、協同労働・労協研究会(座長:本研究所運営委員・研究員 下門直人・京都橘大学)を開催しました。
本研究会は、2023年度から開始したくらしと協同の研究所の調査研究活動の基盤として位置づけられる研究会で、本日が第2回目の開催になります。

第2回 協同労働・労協研究会.JPG
研究会の風景


この度の研究会では、研究会メンバーの高橋弘幸氏(労働者協同組合ワーカーズコープ・センター事業団 関西事業本部 本部長)から、「協同労働・労働者協同組合について」と題した報告を行って頂きました。

報告では、協同労働・労働者協同組合の重要性や様々な取り組みが紹介されるとともに、報告後には、活発な意見交換が行われ、今後に向けて資する研究会になりました。
posted by くらしと協同の研究所 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究活動

2023年05月21日

『くらしと協同』44の取材風景

本日は現在、コーポラティブ・ラボメンバーが中心となって、企画編集を進めている次号の『くらしと協同』44の取材風景をご紹介します。

次号の『くらしと協同』は、日本の食の生産や表示のあり方、食の安全の堅持に加えて、現在非常に厳しい状況に置かれている酪農現場の声を届けることを中心とした内容で、取材を進めています。

そうした取材先の一つとして先日、鳥取県にある大山乳業農業協同組合と同県内の酪農家の牧場にお伺いしました。

大山乳業 取材風景.JPG
大山乳業農業協同組合での取材

大山乳業 工場 (1).JPG
工場の見学@

大山乳業 工場 (2).JPG
工場の見学A

山下牧場.JPG
大山町の酪農家(ファーム山下)への取材

山下牧場.JPG
牛舎の風景


大山乳業農業協同組合と大山町の酪農家にお話を聞いた後に、鳥取市内にある大規模の酪農ファーム「みんなの牧場」に訪問して取材を行いました。


みんなの牧場 取材風景.JPG
みんなの牧場の全体の風景

みんなの牧場 取材風景 (1).JPG
搾られて牛乳が出荷される様子

みんなの牧場 取材風景 (3).JPG
牛乳を保冷するタンク

みんなの牧場 取材風景 (10).JPG
牛舎の取材風景@

みんなの牧場 取材風景 (11).JPG
牛舎の取材風景A

みんなの牧場 取材風景 (4).JPG
搾乳の取材風景

みんなの牧場 取材風景 (7).JPG
牛のふん尿の堆肥化の様子

みんなの牧場 取材風景 (8).JPG
あたたかく柔らかな堆肥


この度の取材を通じて、昨今の飼料代、電気代等の値上がりによる酪農現場の厳しさはもちろん、厳しい中にも何とか日々の食生活に欠かすことができない牛乳を届けたいという作り手の思いを様々な場面から感じました。

また取材を通じて見えてきたこととして、牛乳の価格(乳価)が35円上げることができれば、酪農家の負担はかなり軽減されるということです。しかしながら、なぜ35円の価格を上げることができにくいのか、その要因はどのようなことなのかといったことを取材させて頂きました。
あわせて、酪農の問題は酪農のみに止まらず、地域の様々な食ともつながっていることが取材から改めて見えてきました。

本取材内容の詳細は、2023年6月末発行予定の『くらしと協同』44で掲載されますので、皆様ぜひご覧ください。

※上記の取材内容が掲載される『くらしと協同』44の購入については、同号が発行されたのちの7月以降に、こちらの『くらしと協同』バックナンバー申し込みのページからお申し込み下さい。また定期的に『くらしと協同』が届く、くらしと協同の研究所の個人会員等の入会については、こちらの「入会のご案内」ページをご覧ください。
posted by くらしと協同の研究所 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『くらしと協同』

2023年05月02日

くらしと協同の研究所・2023年総会記念シンポジウムのご案内

くらしと協同の研究所では、「総会記念シンポジウム」と題して、年1回の記念行事を開催しています。同記念事業では、統一テーマを定めてシンポジウムや分科会等を行います。

本年度は、2023年7月1日(土)と2日(日)にかけて、以下の内容で実施予定となります。

2023年総会記念シンポジウムのご案内.pdf

【総会記念シンポジウム日程・申込み方法】 
●2023年7月1日(土)
 13:00〜17:20 シンポジウム
 テーマ:現代社会における食の価値を考える
     −生活協同組合だからこそできる価値の伝え方、活かし方とは−

 17:40〜18:10 第31回総会

※シンポジウム・第31回総会は、会場参加(京都テルサ)とリモート参加のハイブリッド開催予定

●7月2日(日)
 9:30〜12:30 分科会
 第1分科会:「地域医療福祉と協同組合」
      −地域医療構想・地域包括ケアシステムと医療福祉事業の可能性

 第2分科会:「現代における組合員のくらしの支え方を考える」
      −冷凍食品から考える「生協らしい」商品との向き合い方

※第1・2分科会ともにリモート開催予定


●申込み締切 6月5日(月)
 ※参加申し込みについては、以下のURLからお申し込みください。
 
 参加申込みURL:https://forms.gle/dWWDz3sqvaSQ4PUH8


多くの皆様からのご参加をお待ちしております。
posted by くらしと協同の研究所 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 総会記念シンポジウム