CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ家計講習会B予算を立ててみましょう [2020年11月18日(Wed)]
【予算を立ててみましょう】
前回は、1か月に使えるお金・純生活費についてお伝えしました。
3回目の今回は、費目ごとに予算を立てることをお伝えします。


ひらめき費目とは…?
この家計簿では、食費(次回お知らせします)・光熱費・住居家具費・衣服費・教育費・交際費・教養費・娯楽費・保健衛生費・職業費・特別費・公共費・自動車費に分かれます。

では、夫42歳・妻37歳・小2・年長の子供がいる4人家族の例で見てみましょう。

モデル予算3.jpg

このモデルの家族の予算の内訳はコチラ↓
生活費のめやす2020資料 (003)PDF.pdf

予算の立て方は、ご家庭ごとの『何を大切にしたいか』により違ってきます。
ひとつの案として、参考にしてください。



ご自分の予算を立ててみたい方はコチラ↓
PDF予算表.pdf

純生活費の出し方・予算の立て方を詳しく知りたい方は、ご遠慮なくお尋ねください。
  

お問い合わせは…
熊谷友の会 TEL/FAX 048−572−8704
メール kumagayatomonokai17@gmail.com

次回は、食費についてお伝えします。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
家計簿をつけていて良かった事B予算編

かわいい 1年間の収入を月々の生活に振り分けて考えられるようになるまでには時間がかかった。なかでも、1年分の純生活費額を生活準備金として貯蓄するという考え方は大切。我が家の収入支出がわかると、これからの生活に目標が見えてくると思う。(60代)

かわいい 収入も支出もありのままに記帳して初めて収支年計表を作って支出が収入内に収まっていることにほっとしました。(60代)

かわいい私にとって家計簿は身近にあって日々の生活の記録になっています。予算のある家計簿で今年はこんな支出があるだろう、こんな予定を叶えてみたいと考えながら立てた予算の中で見直しながら生活する安心感があります。振り返れば、子供の教育費、夫の単身赴任時代の二重生活、住宅の建築など大きな生活の支出の時代、そして、日々の食費は健康の素、光熱費は環境の意識などそれぞれの費目が私の考えを広げるヒントになってきたと思います。一人でなく、話し合える友の会の環境の中で生まれると思います。(70代)

かわいい 家計簿に収入と支出を記帳することで、自分の家の経済が良くわかり、日々の生活の支出はもちろん、大きな支出、家、自動車、教育費など、どのくらいなら出せるのかの目安になった。また、予算を立てることによって何に使うかという事を意識するようになり、買い物も社会との関わりの一つと、大切に思うようになった。予算を立てるときに、家族と相談するのも楽しいです。(60代)

かわいい 友の会で予算生活を学び、3人の娘の遊学時は予算とのにらめっこで乗り越えました(60代)
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

次回はC副食物費を出してみましょう です。お楽しみにぴかぴか(新しい)

全国友の会家事家計講習会予定
https://www.zentomo.jp/kajikakei/

新しいクラウド家計簿『kakei+』
https://kakei.fujinnotomo.co.jp/
Posted by くまちゃん2 at 09:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kumagayatomonokai/archive/147
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

熊谷友の会さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kumagayatomonokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kumagayatomonokai/index2_0.xml
検索
検索語句