CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
くきCAPは、子どもへの暴力防止のための人権教育プログラム「CAP(キャップ)プログラム」を埼玉県で実施している団体です。日々の活動や、スタッフが参加した研修の報告などを綴っていきます。
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「筑坂作ろう子どもの居場所シンポジウム」に行ってきました(その2)[2019年08月18日(Sun)]
その2が随分遅くなりましたが、7月22日(月)に筑波大学附属坂戸高等学校で行われた「〜地域の人・高校生と共に子どもの居場所を考える〜 筑坂作ろう子どもの居場所シンポジウム」の後半の様子と感想です。

イベント後半は、ワールドカフェという形式で、参加しているたくさんの方たちと「子どもたちのどんな居場所を作りたいか」について、意見交換をしました。

私は、今回、初めて、筑波大学附属坂戸高等学校の特色やコースなどを知ったので、高校生のときに、「子ども食堂」「子どもの居場所」だけでなく、「虐待」「性暴力」「被災地支援」などのテーマに主体的に取り組む様子がすてきだなあと関心しながら、それぞれのグループを回りました。

くきCAPのように活動の中で、家庭が不安定だったり、何か困難をかかえた子どもたちと接していると、どうしてもそういった子達が安心して行ける居場所、理解している居場所が必要!と強く思ってしまうのですが、いろいろな形の居場所があることの大切さは、このイベントで少し理解ができた気がします。

それでも、やはり子ども食堂や居場所運営の皆さんにも、子どもへの暴力防止について知っていただきたいという気持ちがあるので、いろいろな場へ参加して、情報の交換ができればよいなと思っています。
Posted by 増田 at 00:18 | 日々の活動 | この記事のURL
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

くきCAPさんの画像
https://blog.canpan.info/kukicap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kukicap/index2_0.xml