CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
くきCAPは、子どもへの暴力防止のための人権教育プログラム「CAP(キャップ)プログラム」を埼玉県で実施している団体です。日々の活動や、スタッフが参加した研修の報告などを綴っていきます。
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーに参加してきました[2019年03月31日(Sun)]
かけこみ研修報告の2つめは、3月17日に獨協大学で行われたセミナーです。

日本小児科学会、日本小児科医会、日本臨床心理士会の後援があり、専門医研修の単位にもなっているらしい研修でしたので、周りは医師か看護師、心理士の方々ばかりかと思いきや、NPOの活動で見知った顔もちらほら、教育関係者も意外と多かったようです。

日帰りで行ける範囲で、朝から夕方までみっちり各分野の有名な先生の話を聞ける機会はなかなかないので、この機会を逃さずに!と頑張って、話を聞いてきました。が、活動に活かすためには、もう1回資料を見直して、散らばったたくさんのとらえ方のヒントと言葉と情報の整理が必要そうです。

ここでは、タイトルと講師の方のお名前をあげる程度とさせていただきますが、その並びをみていただくだけでも、今、子どもたちにかかわる問題にはどんなものがあるのかを見直すことができるのではと思います。また、心のケアや発達で心配な子どもがいたときに、頼りになる医師が周りにいる心強さも感じていただけると嬉しいです。

「不登校からみた神経発達症」作田亮一さん(獨協医科大学埼玉医療センター子どものこころの診療センター)
「チックの子たちは不安がいっぱい」星野恭子さん(瀬川記念小児神経学クリニック)
「子ども虐待と脳科学-アタッチメント(愛着)の視点から-」友田明美さん(福井大学子どものこころの発達研究センター)
「アタッチメントが不安定な子どもの支援」星野崇啓さん(さいたま子どものこころクリニック)
「思春期神経発達症への支援を考える」宮本信也さん(白百合女子大学発達心理学科)
「学習障害の診断と治療」小林達也さん(国立成育医療研究センターこころの診療部)

Posted by 増田 at 21:39 | 研修 | この記事のURL
JaSPCAN主催 「アジアにおける子どもの暴力防止」についての講演・シンポジウム[2019年03月31日(Sun)]
あっという間に2018年度の最終日となってしまいましたが、かけこみで3月の研修参加報告を2つしたいと思います。

まずは、3月9日、一般社団法人日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)主催「アジアにおける子どもへの暴力防止」のタイトルで行われた講演とシンポジウムを聞きにいってきました。

ユニセフ東アジア及び太平洋地域事務所のChild Protection Specialist のGrace C.Agcaoiliさんは、ユニセフの取り組み、考え方や、アジアのほかの国々の様子、今、日本に求められていることなど、いろいろな調査結果と数値をあげていただきながら、また、具体例などを織り交ぜながら、話してくださいました。

JaSPCAN副理事長の磯谷弁護士からの日本の虐待防止の取り組みについての話では、日本の直近の動きや課題を再確認でき、後半のシンポジウムでは、今回、特に体罰について頭を整理する時間にもなった気がします。

CAPおとなワークショップでも、体罰の危険性や問題点についてお話をしますが、「体罰の定義は?」「この程度でも体罰ですか?」など質問されることもあり、今回の話といただいた様々な資料を基に、再度、伝えるための言葉とエビデンスを整理しておかねばと思いました。
Posted by 増田 at 20:55 | 研修 | この記事のURL
フィンランド ネウボラでの家族支援とLet's Talk About Children[2019年03月16日(Sat)]
今日参加をした講演会の報告です。
キーワードは「ネウボラ」と「Let's Talk About Children(LT)」。
「ネウボラ」は、1922年でフィンランドで始まった活動だそうです。
妊娠から就学前まで、かかりつけの保健師さんなどの専門職が、
母親、子ども、家族に継続して寄り添ってサポートしていく身近な地域の拠点、そこでの活動のことです。
フィンランドでは妊娠が分かったら、病院ではなく、まずネウボラへ行き、
妊婦検診も子どもの検診もそこで行われるそうです。
今日お話してくださった講師の1人、
フィンランドエスポー市の保健師ミンナ・エバスオヤさんは、
そのネウボラで、LTという支援を行い、保健師の研修もされている方です。
LTは、専門家が親御さんの子育てを尊重しながら、「指示」するのではなく、
親御さんに知識や必要な情報を伝えながら、
子どもをどのようにサポートしたり、問題を解決したりすることができるか
「対話」を行っていく支援の方法だそうです。
選ぶのは親御さんです。
LTの中で更に専門の支援が必要な場合は、
ほかの機関や専門職につないでいくのだとも教えてくださいました。
そして、繋がった先へ家族がいくのではなく、
ネウボラに別の専門職の人がやってくるのだそうです。
あくまでも身近な慣れた拠点で支援を受けられるという安心感は大きいだろうなと思いました。
対象は違いますが、LTが大切にしている考え方のいくつかは、
CAPが大切にしている考え方ととても似ているなあとも感じました。
何より、何かおこってからでなく、その前に関わっていくという「予防」の視点もそうです。

参加者の方からの発言を聞くと、なんと、日本式ネウボラはすでに始まっているそうで、
埼玉県だと和光市でも行われているのだとか。
これも今日初めて知りました。
勉強不足で、初めてづくしの講演会でしたが、参加してとてもよかったです。

LTチラシ.jpg
効果的な子どもの安全対策の7要件[2019年03月16日(Sat)]
今日はいっきに過去のブログを移行させたので、2012年から2014年の記事が先にあがったのですが、ここからようやく2019年です。
間の活動は、ぜひフェイスブックをご覧ください。

さて、2月末に、千葉県柏市で行われた森田ゆりさんの講演会に参加しました。森田さんは日本にCAPを紹介した方です。
会場いっぱいの参加者の中には、主催である千葉のCAPグループの方々、各地のCAPスペシャリストのほか、
市役所、児童相談所などの方がいらしていたようです。
講演の中で、特に
「虐待は多重なストレスと孤立から起こるので、子どもを救うには親へのケアが大切」
「体罰はエスカレートすると虐待に繋がる」
「リスクアセスメントより、どういう支援があったら、その家族や子どもを救えるかというニーズアセスメントが大事」などの言葉をあらためて噛み締めました。
千葉日報の記事が内容についてもわかりやすく書かれていたので、紹介します。
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/573247
Posted by 増田 at 21:29 | 研修 | この記事のURL
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

くきCAPさんの画像
https://blog.canpan.info/kukicap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kukicap/index2_0.xml