CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
実りの秋 [2021年11月28日(Sun)]
京田辺シュタイナー学校では、3年生から9年生までの間、生活科で田んぼ、園芸で畑、とほぼ 毎年農作業の授業があります。

低学年の頃は畑好きだった娘ですが、7年生になると畑熱が徐々に下火になっていきました。私自身の中学生時代を思い返すと、無理もない年頃かな…と思っていましたが、8年生になった途端、再び楽しそうに畑のことを話すようになりました。
なんでも、8年生からはグループごとに一区画を任され、好きなものを育てていいことになったそうです。娘のグループは女子3人になったそうで、「スイーツ系のものも育てたい!」とジャムにすると美味しいローゼルの種も蒔きました。種.jpg

そして秋も終わりのころ、
びっくりするくらい沢山のローゼルの実を
収穫してきました。
早速、週末我が家に集まりジャムづくりをしました。


花びらのような果肉をほぐして種を取り、みじん切りにして鍋で煮詰め・・・。4時間以上にも及ぶ作業となりましたが、おしゃべりに花が咲きなんとも楽しそう。いつの間にかジャム入りのケーキまで焼いているではありませんか。

待ちに待った試食会は、ケーキとジャム.jpg
ジャム添えクッキー、ジャム入り紅茶、
そしてジャムがとろ〜りのホカホカのケーキ。
美味しいものでおなかを満たした後は、
園芸の時間の面白エピソードや数々の失敗談に花が咲きました。
 
「来年もまた植えような〜」「肥料いっぱいやろうな〜」

色々苦労があったからこそ、収穫の喜びもひとしおのようです。
9年生になっても、きっと等身大の畑仕事を楽しむことでしょう。来年の秋、何をご馳走してくれるのか、今から楽しみです。
C

Posted by 京田辺シュタイナー at 22:31 | 授業 | この記事のURL
和太鼓 〜わが家のエピソード〜 [2021年11月17日(Wed)]
秋が来た。

わが家の下の子は6年生。例年6年生は秋に和太鼓に挑む。 バチBefore.jpg

学校で練習がはじまって数週間後。ハッと気づくと、夫のお手製ダイニングテーブルがバチで勢いよく叩かれていた。

上の子が和太鼓をしたときには、改築したばかりの家の柱が叩かれた。
そのときは、あわてて日曜大工の残り木をツギハギして木箱を作りあてがったのだが、もしかしたら出番があるかもと、場所が塞がれるのをしのんでその木箱を数年間ベランダに置いていた。

IMG_0613.jpgダイニングテーブルの被害が広がる前に、今でしょ、と夫がその木箱をリビングへと引っ張り出して来た。



数日後…上の子が大事にとっておいたマイバチを抱えてやってきて、おもむろにバチを振り出した。すると、下の子もやって来て、箱の逆側から合わせて叩きだした。曲は一緒。まだまだ負けていないという勢いの姉。自分は現役と食らいつく弟。夢中で叩く2人。気づけば最近運動不足の姉の額から汗がポトリポトリ。。時刻は午後19時、9年の姉は疲れた〜と帰宅してきた、6年の弟は宿題で疲れた〜と言い訳してお手伝いを先延ばししてのびていた矢先…のはずが…

ドンドンドドン。鳴り響く音。急いで家じゅうの窓を締める。

6年男子と9年女子。ケンカも増え距離も開いてきたこの頃。そんな2人の魂が激しくぶつかり合いながらも重なっていく。次第に2人の音がピタリと合いはじめた。そうしてしばらくすると、いつの間にかバチを置きスッキリした表情で方々立ち去って行った。

個々の旅立ちへと向かう思春期の子どもたちの心をも、不思議に魅了し一つにする和太鼓。
和太鼓の「和」についてあらためて思う秋です。 A.H.
バチAfter.jpg


Posted by 京田辺シュタイナー at 23:48 | 生活 | この記事のURL