CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
実りの秋 [2021年11月28日(Sun)]
京田辺シュタイナー学校では、3年生から9年生までの間、生活科で田んぼ、園芸で畑、とほぼ 毎年農作業の授業があります。

低学年の頃は畑好きだった娘ですが、7年生になると畑熱が徐々に下火になっていきました。私自身の中学生時代を思い返すと、無理もない年頃かな…と思っていましたが、8年生になった途端、再び楽しそうに畑のことを話すようになりました。
なんでも、8年生からはグループごとに一区画を任され、好きなものを育てていいことになったそうです。娘のグループは女子3人になったそうで、「スイーツ系のものも育てたい!」とジャムにすると美味しいローゼルの種も蒔きました。種.jpg

そして秋も終わりのころ、
びっくりするくらい沢山のローゼルの実を
収穫してきました。
早速、週末我が家に集まりジャムづくりをしました。


花びらのような果肉をほぐして種を取り、みじん切りにして鍋で煮詰め・・・。4時間以上にも及ぶ作業となりましたが、おしゃべりに花が咲きなんとも楽しそう。いつの間にかジャム入りのケーキまで焼いているではありませんか。

待ちに待った試食会は、ケーキとジャム.jpg
ジャム添えクッキー、ジャム入り紅茶、
そしてジャムがとろ〜りのホカホカのケーキ。
美味しいものでおなかを満たした後は、
園芸の時間の面白エピソードや数々の失敗談に花が咲きました。
 
「来年もまた植えような〜」「肥料いっぱいやろうな〜」

色々苦労があったからこそ、収穫の喜びもひとしおのようです。
9年生になっても、きっと等身大の畑仕事を楽しむことでしょう。来年の秋、何をご馳走してくれるのか、今から楽しみです。
C

Posted by 京田辺シュタイナー at 22:31 | 授業 | この記事のURL