CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 運営 | Main | 授業»
はじめての映画 [2020年09月24日(Thu)]
ふだんテレビや映画とは縁遠い生活を送っている我が家ですが、この夏、家族でDVDを見る機会がありました。

7年生になって間もない頃、担任の先生から子ども達に、「特別な時にだけテレビやDVDなどをお家の人と内容を選んで、見ることがあってもいい」とのお話がありました。
事前に保護者会で、メディアとの付き合い方についてじっくり話し合っていたこともあり、私の心も準備万端。早速、クラスメイトと情報交換して、色々と言ってくるに違いない…。娘の反応を楽しみにうかがっていましたが、しばらく経っても何事も無かったような日々が続きました。

夏休みも近づいたある日、娘と二人で本の紹介雑誌を見ていると、児童文学を原作とした映画の特集頁がありました。どれも娘が慣れ親しんだお話ばかりで、瞬く間に見たい映画のオンパレードとなりました。それでも、なんとか、夏に一本だけ好きな映画を見るということで無事、交渉成立です。
その後は、楽しくも悩ましい作品選びとなりました。紆余曲折を経て、以前見たことがあるミュージカルの映画に決まりました。「パパも絶対にいっしょにみようね。」久しぶりの娘からのお誘いに、夫もうれしそうです。

9月のはじめ、待ちに待った日がやって来ました。途中で、娘の方から「目が悪くなるといけないから」と言って中断しましたが、翌日も、無事、家族そろって残りを見ることが出来ました。鑑賞後は、映画についてのおしゃべりに花が咲きました。その後も、舞台となった地域の写真集を見たり、モデルとなった人物について調べたりして、娘だけでなく、家族にとっても、心に残るひと時となりました。

余韻を楽しみつつも、娘は、早くも冬休みの映画の会を思い描いている様子です。「お友達はどんな映画を見ているんだろう…。」ふと、私が言うと、「映画を見ていない人が、悲しい気持ちになるといけないから、お友達とは映画の話をしないことになっているの」と娘がサラリと言いました。
こんな風にして、それぞれにあった形とタイミングで、新しい世界の扉を開けることができるのって、いいなと改めて思いました。
C.T



※京田辺シュタイナー学校のメディアに対しての考え方はこちらの「教育や学校生活に関して:Q5」をご覧ください。
Posted by 京田辺シュタイナー at 19:47 | 生活 | この記事のURL
シュタイナー学校の夏休み [2020年07月28日(Tue)]

「シュタイナー学校はいつから夏休み?」

先日、関東に住んでいる友人から連絡がありました。友人の長男は公立学校、次男は私立学校に通っています。友人の実家は関西なので、彼女が帰省するたび、家族ぐるみでお付き合いをさせてもらっています。
例年、シュタイナー学校の夏休みが彼女の息子さんたちの学校より2週間くらい早く始まるため、今年はどうかな?ということで連絡をくれたみたいです。

今年は新型コロナウィルスの影響で、京田辺シュタイナー学校は7月31日まで登校日となりました。例年は、夏休み前には午前中の授業のみで下校する日が1週間くらいありましたが、今年は5年生以上は最終日まで通常通りの授業があります。1学期最後の行事「星の祭り」は、今年は中止となり、少しさびしさはありますが、こういう年もあるのだ、という感じで我が子たちは淡々と過ごしているように見えます。

京田辺シュタイナー学校の初等、中等部の夏休みは8月1日から31日までです。
高等部は少し変則的で、学年によってバラつきがありますが、いずれにせよ、例年よりは短い夏休みを迎えようとしています。

今年はどんな夏休みにしようか…。子どもたちと色々話し合っています。

:y…k:
Posted by 京田辺シュタイナー at 16:44 | 生活 | この記事のURL
「かわいいうわぐつ」 [2020年07月16日(Thu)]


6月に入って登校が徐々にはじまったある日。
「今日、1年生のうわぐつ見たよ!」と、
ぱっとあかるい顔で学校から帰ってきたわが子の姿がありました。

わが息子は今年2年生になりました。
コロナの影響で休校になる前には、
「ずうっと1年生でいたいなぁ。12年生、ほんまにもう抜けちゃうねんなぁ。いややなぁ。ずうっといてほしい、だから2年生になりたくない。」
なんてさびしそうに言っていたのに。
(抜ける、というのは、いなくなる、という意味だそうです)

今年は、新1年生の入学式に参加することがかないませんでした。
だから、かわいいうわぐつが靴箱に並んでいるのを見つけて、まだ見ぬ1年生たちが学校に来ていることを知り、心がはずんだのでしょう。

それからの数日間は、
「今日も1年生に会えなかった。会えたのはうわぐつだけ。明日は会えるかなぁ!」
と、ころげまわって楽しみにしている様子でした。
そんな様子をみていると、こちらまでうれしくなるものです。
楽しみに待てることは、子どもの十八番だと、つくづく思います。

そして、わたしも小さな楽しみのひきだしをいつも持っていたい。
どんな状況にあっても、しっかりあきらめず生きていけるように。

そんなことを考えながら、もうサイズがきつくなったぼろぼろのうわぐつと、昨年よりひとまわり大きくなった新しいうわぐつを見比べて、
「お母さんも、2年生の君に会えて、とってもうれしいよ。」
と心の中でつぶやきました。

この春、入学・進学されたみなさま。
遅くなりましたが、おめでとうございます。


a.t
Posted by 京田辺シュタイナー at 20:50 | 生活 | この記事のURL
休校中にミニ畑を作りました [2020年06月10日(Wed)]
 休校の間、家で出来ることはないかな?と考えた時、4年生の息子と一緒にミニ畑を作ろう、と思いつきました。我が家はマンションですが、1階なので小さな庭があります。毎年プランターで夏野菜を作っているのですが、今年は庭の土を掘り返して、地植えに挑戦してみよう、と思いました。
 まずは場所を決めてから、シャベルで土を掘り返していきます。息子も張り切って手伝ってくれました。3年生の時に園芸で鍬やシャベルを使っていたので、手慣れた様子です。休校中で力が有り余っているので、発散させるのにもちょうど良い感じでした。ひとしきり土を掘り返して、その日は終了。体は疲れましたが、息子と一緒に色々と話をしながら作業をするのは楽しい時間でもありました。
 別の日に肥料を入れて畝を作り、その数日後にきゅうりとミニトマトの苗を植えて支柱を立てて、1×1.8mのミニ畑が完成しました。息子は毎朝、水やりをして、収穫を楽しみにしています。
 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ様々な制限がある状況ではありますが、小さな楽しみを見つけながら、日々を過ごしていきたいと思います。
                                           n.m.

IMG_1591.jpg


    (苗を植えてから約3週間経った畑の様子)
                     
 
 
Posted by 京田辺シュタイナー at 09:45 | 生活 | この記事のURL
休校の日々 [2020年04月27日(Mon)]
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々、および関係者の方々、また感染の拡大により、困難な状況に置かれている方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
2月の終わりの「一斉休校要請」、そのまま春休みが始まり、5月までの休校延長、「緊急事態宣言」の発令・・・。この数か月は、初めて経験する事態、刻々と変わる状況や、先の見えない不安の中で日々が過ぎていきます。
目の前には休校になり、自宅で過ごすこどもたち。まずは、子どもたちや家族が、心身ともに穏やかに健康に毎日を過ごすこと、が一番大切なことですよね。

4月、本来なら1つ学年を進級し、新しい教室に入り、入学式を迎え、1年生から12年生がそろって授業を始めるころ、子どもたちに学校から大きな封筒が届きました。中には、担任の先生からのお手紙と休校中に取り組む課題。久しぶりに見る先生の字、そして心温まるメッセージに、顔をほころばせる子どもたち。
保護者にも、この休校中の過ごし方について、普段のように規則正しいリズムで毎日を過ごすこと、この期間を豊かな学びの時間としてほしいことなど、大切にしてほしいことが伝えられました。
自宅で始まる新学期です。
そんな日々の過ごし方を少しご紹介します。(我が家は3年生と6年生の兄妹です。) 

朝、身支度や学びの準備を整え、時間になったら、まず詩を唱えることから始まります。
詩は、1年間の学びが終わる最後の日(3学期の最終日)に、先生から子どもたち1人1人に贈られる詩です。子どもたちは、毎年この詩の贈り物をとても楽しみにしています。
次に、笛を吹いたり、体を動かすリズムの時間。
学校では、歌を歌ったり、校庭やホールに移動して体を動かしたりしています。
その後に、プリントを解いたり、音読、九九や英語の暗誦など・・・。
おにぎりタイムと呼ばれる軽食の時間をはさみ、少し休憩してから学びの続きを。
お昼ご飯を食べた後は、自分で深めたい学びや読書、毎日の課題ではない少し特別な課題(作文や先生へのお手紙を書く、手仕事など)に取り組みます。

思いがけず、学校での日々を子どもと共に体験することになり、そのことはたくさんの気づきをもたらしてくれましたし、共に過ごすことが、親子の関係をまた豊かにしてくれているように感じています。
少しずつ自然が移り変わる様子、子どもとの会話、暮らしの仕事のひとつひとつ・・・。
何気ない日常がとてもありがたく、とても大切に感じるのは、今だからこそ、でしょうか。
日々を丁寧に、揺るがずに、過ごしていきたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願ってやみません。

I.M



Posted by 京田辺シュタイナー at 14:41 | 生活 | この記事のURL
9年生 高等部進学 [2020年04月13日(Mon)]
シュタイナー学校では8年生で初等・中等部を卒業し、9年生で高等部に進学します。

新型コロナウィルスの影響で落ち着かない日々です。
休校が続く中、娘は9年生になりました。

8年前の今頃、入学して間もない娘は登校時にとても緊張して私の手をきゅっと握っていました。
学校へは行きたいけど、同じ幼稚園のお友だちもいない…。
娘の葛藤が小さな手から伝わってきました。
学校までの坂道は桜が咲いていてとてもきれい。
でも、娘の足取りは重く、どんどん追い越されて行きます。
追い越されていく中で高等部の2人の男子生徒の会話が聞こえてきました。

「なぁなぁ、桜と梅どっちが好き?」
「うーん…(しばらく考えて)、梅かなぁ」

その時の私は高等部の生徒がこんなことを話すんだ!と、とてもほっこりした気持ちになって、嬉しくなって、緊張した娘の手を柔らかく握りかえしました。

緊張でガチガチだった娘も高等部に進学です。
初めて担任の先生がかわることを娘はどう感じているかなぁ。
ドキドキ、でもそれは1年生の時とはまた違うドキドキ。

8年前に桜の木の下で感じた「この学校で娘はきっと大丈夫」という気持ちは今も変わりありません。
今年も桜は満開でした。
高等部進学おめでとう!


SN*






Posted by 京田辺シュタイナー at 14:31 | 生活 | この記事のURL
7年生からはじまること [2020年03月27日(Fri)]
新型コロナウィルスが様々な方面に影響を及ぼしていますが、みなさま、つつがなくお過ごしでしょうか。京田辺シュタイナー学校も、休校から引き続いて春休みとなりました。予期せぬ状況に、私の方はついつい意識が薄くなってしまっていますが、娘は4月から7年生になるのを心待ちにしています。
 7年生になると、学校では部活が始まり、そして、我が家では、月々のお小遣いが始まります。
娘のクラスでは、6年生の後半の授業で、歴史や通貨、利子計算などお金にまつわることを学んだ後、少しずつ、子どもへのお小遣いを始める家庭が出てきました。
 我が家では、私が子どもの頃には、月々のお小遣いは貰わず、必要なものがあった時は親と交渉して買ってもらうスタイルをとっていたため、なんとなく娘にも同様にするつもりでいました。
 そんな折に、何度か保護者会などで、お小遣いについてディスカッションする機会がありました。
お小遣い制をとっている家庭から、金額、自己管理の方法、大人が買ってあげるものとお小遣いで買うものとの線引きなど、各家庭での状況を紹介してもらいました。
 年上の兄弟のいる家庭からは、様々なエピソードも聞けました。お小遣をあげはじめた当初、月々のお小遣いが駄菓子に消えていき、口をはさみたいのをじっとこらえていたところ、やがて浪費は収まったケース。以前は親の買い物に一緒に行くとお菓子をねだっていた子どもが、お小遣いをもらい始めると、自分が支払うわけではないのに、「高いからやめておく」と言うようになったケースなど、話はつきませんでした。
 色々なケースに触れるうちに、私の心はお小遣い制に傾いていきました。一人っ子で、事あるごとについつい親が口をはさんでしまいがちだったけれど、娘に、少しずつ自分の裁量で行動していってもらいたい。時には失敗することもあるかもしれないけれど、子どもだけでなく親も学んで行けたらいいねと夫とも意見が一致しました。
  
 7年生だから700円。このささやかな経済がこれから、どういう形で広がっていくのか、楽しみです。
C.T

Posted by 京田辺シュタイナー at 23:08 | 生活 | この記事のURL
8年生卒業を前にして [2020年02月16日(Sun)]
京田辺シュタイナー学校は、12年間の一貫教育ですが、1年生から8年生までを初等部・中等部、9年生から12年生までを高等部と呼んでいます。
このような区切りから、本校では8年生で卒業式を迎えます。

我が家の娘は8年生。卒業式まであと1ヶ月になりました。といっても各学年1クラスですから高等部に進んでも、クラスメートが変わることはありません。同じメンバーで春を迎えるのはいつも通りです。では卒業は形だけのものなのかというと、そうではありません。いろいろな意味があると思いますが、親として私が思う大きな違いは、担任の先生とのお別れです。

半年ほど前から、娘は高等部に行くのが嫌だと言い出しました。「えっ」と思って詳しく聞いてみると、高等部に行くのは楽しみだけれども、先生とお別れするのがさみしいのだそうです。よく考えてみれば、6歳で入学した頼りなげなあの頃から、14歳の生意気盛りの今日まで、毎日学びを共にし、愛し、心配し、育んでくれた先生です。これまでは教室に行けば、8年もの日々を同じようにそこに立っていた先生が、春からはいないのですから、それはさみしくて当然なのかもしれません。

そうそう、本校では、卒業式のあとに、謝恩会があるのですが、子どもたちは自分でお菓子を焼き、また言葉を編み、お世話になった先生に、感謝の気持ちを伝えます。我が家の娘も、さみしい気持ちをバネにして、色々な準備をしているようです。

こんなふうに感謝ができる子どもに育ててくれたこの学校に、私も、感謝。

y.k
Posted by 京田辺シュタイナー at 21:10 | 生活 | この記事のURL
クリスマスのプレゼント [2019年12月21日(Sat)]
娘が2年生の時のこと。ショーウィンドウのサンタクロースに向かって「サンタさん、天使の羽根をください。」と話しかけていることがありました。
本校では例年、クリスマスの少し前に、教員による生誕劇があります。その年の担任の先生の役は天使でしたので、「あの羽根のことだな」とすぐに察しがつきました。とはいえ、劇の天使の羽根のような素敵なものを、我が家の担当のサンタさんが、数日で作るのは到底不可能です。サンタさんが苦肉の作で用意したのは、白いシルクの布一枚。娘ががっかりするのでは?との夫と私の不安はよそに、プレゼントの包みを開けた娘は、「わぁっ、こんな羽根が欲しかったんだぁ!」と、さっそく布をまとい、劇のシーンを再現しはじめました。ホッと胸をなでおろしつつ、「布一枚で、こんなに喜べるのって、なんだかいいなぁ。子どもの遊びに必要なものって、本当にシンプルなものを少しだけでいいものなんだ…。」と改めて感じたものです。

 翌年からは、娘へのクリスマスプレゼントは、サンタさんがいいと思ったものが贈られることになりました。おそらく、サンタさんも、もうこれ以上の難題が出されては困ると思ったのでしょう。我が家の担当のサンタさんは、ちょっぴり手抜き気味のようです。でも、その提案を試し始めてみると、なかなかいい具合です。それまでは、クリスマスが近づくにつれて、あれこれと必死で欲しい物をひねりだそうと、落ち着かない様子だった娘が、一転して「サンタさんは自分にぴったりのものを選んでくれる。」と、満ち足りた気持ちで、ゆったりとクリスマスまでの日々を過ごせるようになったのです。
思わぬ娘の変化に「低学年までは子ども自身に選ばせるのでなく、大人がふさわしいと思ったものを用意するのが望ましい」と幼稚園や学校の先生方から何度となく聞いていた言葉が、自分の中に深く根を張ったように感じました。

 あどけなかった娘も6年生となり、思春期らしい言動も増えてきました。もう我が家に天使は来ないだろうと思っていましたが、ろうそくの灯りに誘われて、今年も天使が舞い降りました。背中の羽根は、伸びた背丈の分だけ、ずいぶんと小さくなっていて、笑いを隠すのに一苦労しました。でもそんな羽根を見て、子どもの成長と、それには足元にも及ばないけれど、親も共に学ばせて貰っていることへの感謝を感じました。
C.T

DSCF1744.JPG

Posted by 京田辺シュタイナー at 21:55 | 生活 | この記事のURL
高認 受験準備中 [2019年07月04日(Thu)]
NPO法人である京田辺シュタイナー学校では、高等部を卒業しても最終学歴としては中学卒業ということになります。そのため、ほとんどの生徒が進学や就職に備えて高等学校卒業程度認定試験(以下、「高認」)を受験しています。

今年11年生になった娘も、新学期早々に高認の出願書類を学校から持ち帰りました。
受験案内のパンフレットの内容について先生から説明を受け、必要な書類は自分で揃えるようにと言われたようです。
「収入印紙って、どこで買うん?」「住民票をとるときは何を持って行けばいい?」など分からないことを聞きながら、必要なものを自分で準備して受験願書を記入し、発送していました。
(ちなみに、収入印紙がどこで買えるかは、受験案内にもちゃんと載っています)

受験科目は、先生や先輩から聞いた話と自分の得意不得意を考えて決めたようです。
授業で過去問を解いているらしく、ときどき「これ分かる?」と私に出題することも。科学が進歩したためか、あるいは単に忘れただけなのか、私は習った覚えのない理科の問題などもあり、「こんな問題を解いているのか〜」と思いながら一緒になって問題用紙を眺めたりしています。

8月の試験まで、あと1ヶ月。
夏休みに入ってもしばらくは高認のための補習があり、登校します。
このような試験勉強は今まであまりしたことがない生徒たちだけれど、これもいい経験。頑張って!

n*h

※高認については、京田辺シュタイナー学校ウェブサイトにも記載があります。
こちらをご覧ください  
Posted by 京田辺シュタイナー at 17:57 | 生活 | この記事のURL
| 次へ