• もっと見る
« はじめまして | Main | クラブ活動»
地域のみなさんへ感謝を込めて [2023年12月22日(Fri)]

学校から歩いて15分ほどのところに、酒屋神社という古い神社があります。

森に包まれたこの神社は居心地の良い広さの境内があり、訪れる人の憩いの場となっています。

いつしか本校の子どもたちも放課後や休みの折に鎮守の森に集っては遊ばせていただくようになりました。

今年も終わりが近づき、地域のみなさんへの感謝を込めて、学校から神社にお酒を納める時期がやってきました。このお酒は例年、元旦零時頃に初詣にいらした方々に神社から振舞われます。

冬休みが明ければ、新年初の登校日には全校で初詣に出かけてから七草粥を食べるのが恒例になっています。

このようにして、子どもたちが地域とのつながりの中で日々健やかに育たせていただけることに、心より感謝いたしております。

本年もありがとうございました。

 M.T.

初詣JPG.JPG


IMG_furumai.jpg


             *写真は令和5年元旦のものです

※京田辺シュタイナー学校公認ブログをリニューアルいたしました。2024年1月からの最新のブログはこちらのページをご覧ください。
Posted by 京田辺シュタイナー at 22:05 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
手から手へ [2023年10月27日(Fri)]
高等部に通っている娘は、夏休み中に学校に出かけてクレヨンを作っていました。短くなったり折れたりしたクレヨンを、汚れを取り除きながら削り、溶かして型に流すと、リサイクルクレヨンのできあがり。娘は秋祭りに向けて出店の準備をしていたのです。
その他にも、サイズアウトした服やおもちゃ、食器などリユース可能な物品を集めていました。これらは秋祭りだけでなく、年に数回展示会場を設けて必要な人に手渡します。手渡す際にお客さんが決めた額の代金をいただいて、集まったお金は支援を必要とする海外の学校などに送ります。

娘が参加しているこの活動には、Hand to Handという名前があり、数年前に高等部の生徒たちが立ち上げ、生徒間で引き継がれているものです。
高等部に入った娘は、リサイクルやリユースによって廃棄を減らすことができるし、集まったお金は善いことに使えると、この活動を知ってすぐメンバーになりました。
昨年は、集まったお金を送っているケニアのマゴソスクールから、運営に携わっている方をお迎えして交流会が行われ、生徒たちは話を聴きました。それから娘はより積極的にこの活動に参加するようになったように思います。

先日行われた秋祭りでは、より多くの人に見に来てもらえるように、看板やガーランドを作ったり、壁面にマゴソスクールの写真を貼ってどんな活動をしているのか伝えたり、親子連れにも見に来てもらえるように落書きコーナーを作ったり、と前日も暗くなるまで準備していました。
果たしてお客さんは来てくれるのか?当日、気になって会場を覗きに行ってみると、ちょうど小さいお子さんを連れた方が「落書きコーナーがあるよ」と言いながら、部屋に入って行かれるところでした。店内は賑わっていて、子どもさんが落書きをしている間に保護者の方がゆっくり品物を見られると、好評だったようです。

こちらの子どもたちと海の向こうの子どもたち、会うことはないかもしれないけれど、どんな暮らしをしているのかな?会ってみたい、行ってみたい、と思いながらつながっているのがいいなぁと思います。秋祭り前夜に撮った写真には、Hand to Handの文字を描き終えたばかりの看板が写っています。この活動にピッタリないい名前!当日はこの看板も掲げられ、晴れやかにお客さんを迎えていました。h

Hand to Hand2Hand to Hand1
Posted by 京田辺シュタイナー at 20:46 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
12年生になりました [2023年07月24日(Mon)]
息子の1年生の頃を思い返しました。
シュタイナー教育に出会った頃、“子育ては、なんの種かわからないが、大切に育てることに似ている”というような話を聞いたことが、記憶の片隅にあります。
「たくさん水を与えすぎても萎れてしまうし、放っておいても枯れてしまう。どんな花が咲くかは、咲いてみないとわからない」という内容だったと思います。
本当に、息子が小さかった頃は、種から芽が成長してどんなふうに伸び、彼がどんな高校生になるのかなど、全く未知で、想像もできませんでした。
そして、この学校に通うようになってから、12年生(高校3年生)の真っすぐで素直でまぶしいような姿を見かけるたびに、息子もあんなふうになれるのだろうか…?と、心配ばかりしていたような気がします。
はじめての子育てに、行き当たりばったりで模索し、自分の枠にはめて、つい失敗しないよう手を出し過ぎたり、現代社会との折り合いをつけるのに苦労したり、私もたくさん学び考え、多くの出会いに救われて、やっとここまで来ることができました。
息子、とうとう12年生です。

昨年11年生では、たくさんの実習や体験をすることができました。福祉体験実習、労働体験実習、広島県大崎上島での社会実習、淡路島での全国シュタイナー学校高等部交流会など、どれも貴重な学びとなり、クラスの仲間との結束を深め、大変意義のある充実した日々でした。やりきった満足感のある楽しい想い出となっているようですが、その中でも息子は、労働体験実習として東大阪市にある町工場で実習させていただいた経験に、とても大きな影響を受けたようでした。
出会った皆さまに親切にしていただき、その一員として3日間勤務し、現場の空気を肌で感じ一緒に過ごした時間は、かけがえのない力になりました。はじめて見るような大きな機械や装置、ドロドロの油で研磨される部品、外国人実習生と一緒に作業させていただいたこと。社長が話してくださった、東大阪が下支えしている日本の高度な技術のことや、誇りを持って働くということ。
そして、実際に目の前にある部品が飛行機の外装に使われたり、宇宙開発のひとつにつながったりするということに、深く感動し、人の手や工夫がこうして実社会で本当に役に立っていることを目の当たりにしました。

そして、自分がこれから取り組む卒業プロジェクトのテーマをもの作りに関することに決め、幼少期からの大好きなことに挑戦をしようとしています。(大人には夢物語や無謀に見えるものですが)

これから、息子と12年生クラスの皆は、卒業に向けてのカリキュラムや、卒業後の進路について、真剣に取り組むことでしょう。私は、なんの心配もせず、心から信じて、明るい顔で(大丈夫!できるよ!)と、彼らにエールを送り続けたいと思います。
振り返って子育ての反省をすれば、栄養を与え過ぎていたことも、放任し過ぎた時もありました。けれども、立派に育ったなぁ!と、いまの息子を見ています。
この学校で信頼できる仲間に出会え、愛情たっぷりで熱心な先生方に支えられ、誰とも比べられることなく伸び伸びと自分の力を試しているように見えます。
どんな花が咲くのか、親が心配して勝手に限界を設定したりレールにのせたりすることなく、楽しみに楽しみに信じたいです。成長に、これからの未来に、ありがとう!

J

*労働体験実習、福祉体験実習は、過去ブログでも紹介しています。
「労働体験実習 〜体験実習@〜」
「福祉体験実習 〜体験実習A〜」
Posted by 京田辺シュタイナー at 23:48 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新年のごあいさつ [2023年01月14日(Sat)]
あけましておめでとうございます。
今年の京田辺は、比較的穏やかなお正月となりました。
みなさまの住んでいる地域はいかがでしたでしょうか。

京田辺シュタイナー学校では、各学期前に保護者があつまり、校内清掃をしています。
冬休みも終わりを迎える先日、3学期前の清掃がありました。子どもたちのいない校内はしーんと静まり返っていました。
寝ている校舎を起こすように、教員や保護者同士の新年のあいさつや笑い声が響いていました。校内の隅々まで箒で掃き、水拭きして、スッキリとした校舎は、子どもたちを迎える準備万全、といった感じです。
3学期の始まりとともに、氏神さまへのお詣り、七草粥、百人一首大会といった恒例の行事が続き、一年がスタートします。毎年毎年繰り返される行事は、子どもたちに季節感とともに安心感を与えることと思います。

2023年もみなさまにとってよき一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
今年も京田辺シュタイナー学校をどうぞよろしくお願いします。

Q
鏡餅(2).jpg

Posted by 京田辺シュタイナー at 20:22 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高等学校卒業程度認定試験 [2022年09月12日(Mon)]
NPO法人立の京田辺シュタイナー学校では、12年間の課程を修了し卒業しても、「高等学校卒業資格」を取得することができません。そのため、生徒たちは11年生(高校2年生)の8月に高等学校卒業程度認定試験(以下、高認)を受けることになっています。

娘も11年生になり、高認の準備が始まり、試験科目の専科の時間はほとんどが高認対策の授業となりました。今まで受けてきた授業形態とは全く違うことに驚き、そして、初めての外部試験にプレッシャーを感じる日々が始まりました。クラス全体もプレッシャーから重たい雰囲気になっていたようです。

入学してからの10年間のシュタイナー教育の中で、じっくり物事を味わい学んできた娘にとっては、過去問題をひたすら解き、公式・年表を暗記する勉強法に、当初は戸惑っていました。背景や意味などを含め自分たちで発見しながら学びを進めてきた娘には、多くのことを短期間で暗記する勉強にどう取り組んでよいかわからないようでした。暗記中心の勉強法が染み付いている私はつい「点数を取ることが目的だから、意味や背景をじっくり考えるのではなく、効率的に勉強しなさい」などとアドバイスしてしまいました。

先生方は高認に向けて7月の夏休みは毎日補習授業、高認対策用のプリントを作成してくださり、過去問で合格点を取れなかった生徒には特別な課題を用意したり、わからないところはメールで質問に答えてくれたり、と生徒たちを全面的に支えてくれていました。
そのような日々を過ごす中で、娘はだんだんと気持ちを切り替えて、試験対策の勉強法を習得していきました。7月の補習期間も家に帰ってきては、先生からアドバイスをもらった「過去問10回分を3回ずつ解く」を目標に勉強していました。

いよいよ試験当日。クラスの友人たちと連れ立って試験会場に向かい、丸2日間で8科目の試験を受けました。高認という大きなチャレンジを終えた娘はすっきり満足して帰ってきました。高認を受けるための学びは普段のシュタイナー教育の方法とは違いますが、今まで学んだことを体系的に整理したり、その後の生活でも覚えたことが世界とつながっていると気づいたりしている姿をみて、努力したことは確実に娘の糧になっているなと、感じた夏休みでした。
M.M.


•高等学校卒業程度認定試験に関しては、こちらの「卒業に関して」をご覧ください。
•本校の学びの特色については、こちらをご覧ください。
•専科については、こちらをご覧ください。
•過去のブログ「11年生の夏休み」「高卒認定試験受けます!」も合わせてご覧ください。

Posted by 京田辺シュタイナー at 18:35 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お誕生日会のエピソード [2022年01月25日(Tue)]
 京田辺シュタイナー学校では、1人1人の子どものお誕生日(またはそれに1番近い日)にお誕生日会を行います。そこでは、先生がお誕生日の子どもについてのエピソードを語ってくれます。エピソードのテーマは毎年変わり、保護者がテーマに沿った文章を準備し、それをもとに担任の先生が編集、再構成して子どもたちに語ってくれるのです。
 
 例えば現在5年生の子どもが1年生の時のテーマは、「妊娠期、0歳、1歳〜6歳の1年毎の短い思い出話」というものでした。5年生では、古代史や植物学、日本地理、様々な専科授業など新たな学びが始まり、子どもたちの世界がどんどん広がっていく年、ということで「その子が生まれ育った地域について〜土地や自然の様子、人々の暮らし、その土地に関わったその子のエピソード〜」というテーマでした。

 1月生まれの子どものエピソードを書くために、住んでいる地域のことを調べようと図書館に行き、昔の様子が書かれた本を読んでみました。そして、久々に学生に戻った気分で、調べたことや子どもとの体験を、四苦八苦しながら文章にまとめました。調べ物をしたり、文章をまとめるのは大変でしたが、地域の歴史や昔の様子を知れたことで、自分が住んでいる場所により愛着を感じることができたなぁ、と思いました。また、子ども達が生まれた場所は様々なので、違う地域のお話やそこで過ごしたエピソードを聞けるのは、子ども達にとっても貴重な体験だな、と感じます。

 お誕生日会のエピソードを書くのは毎年大変ではありますが、何気なく過ごしている子どもとの日々を、改めて振り返る機会になっているのはありがたいことだと思いました。
                                            N
 
 
Posted by 京田辺シュタイナー at 10:04 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お父さんとのじかん [2021年01月26日(Tue)]
夫の仕事の関係で、去年の秋から、我が家はお父さんのいない生活を送っています。
今までにも何度か夫が単身赴任となることがありました。そんな時には、できるだけ、日々の生活で娘がお父さんのことを身近に感じられるようにささやかな工夫を織り交ぜて過ごしていました。

娘が小さい時には、お父さんは、家に帰って来た時には、本と格闘して折った折り紙を様々な場所にこっそり隠していきました。お父さんがいない日々、お父さんから電話が掛かってくると、娘は、受話器に飛びついては、隠し場所のヒントを聞き出していたものです。だんだんと腕を上げていく折り紙に感心したり、見つけられないままになっていた折り紙が、時折、思わぬ場所からひょっこり顔を出して来ては、笑ったり・・・。娘だけでなく私も楽しませてもらいました。
また、もう少し大きくなると、娘の方からは、お父さんに工作や絵を渡したり、交換日記をしたりしていました。

そんなあどけない日々とは打って変わって、目下、娘は思春期まっさかり。お父さんとの関係も人並みに、フクザツです。不安とともに迎えた新生活でしたが、気が付くと、時折、部活のことを楽しそうにお父さんに電話で報告している娘を目にするようになりました。また、ある時、お父さんが出張先から絵葉書をくれたことから、二人で時折手紙のやりとりもしています。
先日、私の仕事や用事で、週末のほとんどをお父さんと娘で過ごすことがありました。今まではそういう時には、二人でどこかに遠足に行っていましたが、コロナのこともあり、近くの公園に行く以外は家で過ごすだけとなりました。なんとなく物足りない大人をよそに、お父さんを見送った後、娘は喜々とした様子で手紙を書き始めました。
「バトミントンとトランプ楽しかったね。また、遊ぼうね。」

成長と共に、変わっていくお父さんと娘の時間。時折、助け船をだしながらも、温かく見守っていきたいなと思います。
C.T

子どもとの過ごし方についての講座はこちらをご覧ください。
Posted by 京田辺シュタイナー at 21:35 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新年のご挨拶 [2021年01月19日(Tue)]
 新年明けましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウィルスの影響で、学校が休校になったり、行事や講座やイベントなどが中止となり、例年通りにはいかない事が多い年でした。

今年はどのような年になっていくのか、先行きはまだ分かりませんが、少しずつでも自分達が出来る事を見つけていくしかないのだろうな、と思います。
暗闇のように見える中にも、光は存在しています。
今年も、本校に心を寄せてくださる皆様方と共に、歩んでいけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。→https://ktsg.jp

                       n.m.
Posted by 京田辺シュタイナー at 20:18 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シュタイナー学校の「現在」を伝える [2020年06月28日(Sun)]
京田辺シュタイナー学校では年3回、学校報『プラネッツ』を発行しています。編集を担当している学校報WGは学内に20ほどあるワーキンググループ(WG)のひとつで、特集内容や執筆者の決定、原稿依頼、校正、デザイン、印刷手配等一連の作業を保護者が分担して行います。
特集テーマは最近では「誌上学校見学会」「シュタイナー教育100周年」等があり、教員・保護者・学外のゆかりのある方々が執筆します。その他、教員による「クラスだより」、卒業演劇・卒業プロジェクトや研修旅行などの報告、卒業生による近況報告、保護者の「こえ」欄など、内容は多岐にわたります。

「クラスだより」は、各学年の担任・担当教員がクラスの様子を伝えるものです。本校では基本的に参観を行わないので、学年会(保護者会)や学級通信とともに、授業の内容や生徒と教員の関わりあい、子どもたちの成長の様子を知ることができる楽しみな機会です。ほのぼのとしていたり、少し辛口だったり、笑えたりホロリとしたりするエピソードがコンパクトな字数で伝えられ、プラネッツの中でも人気のコーナーなのではと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大により3月初めから臨時休校となり、そのまま年度をまたいでしまった4月下旬のある日のこと、いつものようにWGのメーリングリスト上を次号の相談などが行き交う中、「こんな状態が続いたら『クラスだより』はどうしようか」という声がありました。実際その頃は「クラスだより」どころか、コロナは、休校は、いつまで続くのか、子どもの遊びは、親の仕事は、家庭学習は、等々、先の見えないことばかりで、皆が途方に暮れていたと思います。
そんな中、あるメンバーの「コロナの時期にどのように過ごしたかの記録になる」「このコロナの中でどのように子どもたちとつながり、過ごしたか、奮闘する様子をお伝えできたら」という言葉は、内向きがちだった皆の心に「編集魂」を甦らせ、予定通りの発行に向けて背中を押してくれました。
教員も、各年齢の子どもたちにふさわしい形での自宅学習や交流の方法を模索し、新しい試みに苦労しながらも確かな手応えを得た様子を書き残してくれました。そこには、離れていても寄り添い合う心、地に足をつけた逞しさ、明るい希望が表れていました。

5月下旬から徐々に登校が始まり、6月半ばからは通常授業に戻りました。まだまだ緊張は続きますし、楽しみにしていた行事が中止・延期になるのは、日々成長している子どもたちにとっては辛い経験です。けれど何年か経った時に、この「コロナ禍」にこそ、子ども、親、そして教員もが大きく成長・変容する種が蒔かれていたのだと実感するのではないか、そうなって欲しい、と思います。

そして、7月1日に発行される『プラネッツ』97号が、その大事な記録となりますように。

Y.T.
Posted by 京田辺シュタイナー at 06:16 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンライン学年会 [2020年05月18日(Mon)]
新型コロナウィルスの影響が社会のいたるところに現れています。
京田辺シュタイナー学校でも、休校が続いているのはもちろん、この間に予定されていた行事や会議が中止・延期になっています。教員と保護者がクラス単位で教室に集まって、日ごろの授業やクラスの様子、また家庭での様子などを話し合う「学年会」も、娘のクラスではすでに2回中止になりました。

そんな中、クラス担当の先生からお知らせがありました。
「12年生の学年会をオンラインで行います」

さあ大変!
オンライン会議。最近よく聞くけど、何をどうしたらいいの?!
そう思ったのは私だけではなかったようで、学年会本番前に、まず練習をすることになりました。
先にいろいろと勉強して会議の環境を整えてくれた保護者が模擬学年会を主催し、そこに、私のようにオンライン会議初心者の保護者が参加します。日時を変えて2回、1回30分程度、どちらでも都合のいい方にどうぞ、とのこと。
その当日は・・・。
「声が聞こえない!」「ビデオが写らない!」
「そもそも参加できない!(これは私)」
すったもんだの30分。
私の場合、1回目はなぜか会議に参加できず、あえなく断念。インターネットなどで理由を調べて、2回目は無事参加することができました。

さて、本番の学年会。
先生も保護者も慣れないながら、何とか1時間半の学年会を終えることができました。
このオンライン学年会自体、オンライン授業の可能性を考えての「お試し」でもありました。

久しぶりに見る顔に、なんだかうれしくなるのも、いつもとは違う感覚でした。
親でさえこうなのだから、ましてや子どもたちは、クラスメイトに会いたいだろうな。

新型コロナウィルスの一日も早い収束を願ってやみません。

n*h

Posted by 京田辺シュタイナー at 09:58 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ