• もっと見る
«校庭のさくらんぼ | Main | 物理学の学び»
3年生の5月の味 [2023年06月12日(Mon)]
この春、3年生に進級した娘は、たまらなく大きくなった気分でいます。
それは、学校で生活科の授業が始まり、園芸をしたり調理をしたりといった経験をしたことで、お母さんと同じことがたくさん出来るようになったからです。
下校後、夕方の台所に親子で立つ時間も増えました。
「お豆腐切るのは任せてね」「お味噌は私が上手に溶かせるよ」
生活科が始まるために仕立てたエプロンと三角巾もフル稼働です。

5月の連休は、遠方から遊びに来てくれた同い年の従姉妹と一緒に、野草摘みとその調理で盛り上がりました。

まずは娘が描いたメモを頼りに、春の味.jpgたんぽぽ、スギナ、カラスノエンドウ、よもぎ、を探しにお散歩です。五月晴れの中、田んぼのあぜ道を歩くのは気持ちよくて、「あっちにあるよ!」「あ!こっちにも」と、どんどん足が進みます。

摘んだ野草はザルに並べて綺麗に仕分けられ、洗って衣をつけて、フライパンの中へ…

たんぽぽ、スギナ、カラスノエンドウは天ぷらに。
よもぎはあんこを包んだよもぎ餅になりました。
たくさん食べて、集まった親戚達にご馳走もして、2人とも大満足。

連休中、たっぷり共に過ごした従姉妹が帰る時はとても寂しい瞬間です。普段は遠くて会えないし、通っている学校も違うけど、そんな2人が新たに見つけた “同じ好きなもの”を確認して、さよなら出来ました。

「たんぽぽ美味しかったね」
「うん、また作ろうね」
YK


春の味よもぎ.jpg


Posted by 京田辺シュタイナー at 22:58 | 授業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント