CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«7年生からはじまること | Main | 休校の日々»
9年生 高等部進学 [2020年04月13日(Mon)]
シュタイナー学校では8年生で初等・中等部を卒業し、9年生で高等部に進学します。

新型コロナウィルスの影響で落ち着かない日々です。
休校が続く中、娘は9年生になりました。

8年前の今頃、入学して間もない娘は登校時にとても緊張して私の手をきゅっと握っていました。
学校へは行きたいけど、同じ幼稚園のお友だちもいない…。
娘の葛藤が小さな手から伝わってきました。
学校までの坂道は桜が咲いていてとてもきれい。
でも、娘の足取りは重く、どんどん追い越されて行きます。
追い越されていく中で高等部の2人の男子生徒の会話が聞こえてきました。

「なぁなぁ、桜と梅どっちが好き?」
「うーん…(しばらく考えて)、梅かなぁ」

その時の私は高等部の生徒がこんなことを話すんだ!と、とてもほっこりした気持ちになって、嬉しくなって、緊張した娘の手を柔らかく握りかえしました。

緊張でガチガチだった娘も高等部に進学です。
初めて担任の先生がかわることを娘はどう感じているかなぁ。
ドキドキ、でもそれは1年生の時とはまた違うドキドキ。

8年前に桜の木の下で感じた「この学校で娘はきっと大丈夫」という気持ちは今も変わりありません。
今年も桜は満開でした。
高等部進学おめでとう!


SN*






Posted by 京田辺シュタイナー at 14:31 | 生活 | この記事のURL