CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«8年生卒業セレモニーを終えて | Main | バレーボール部»
講演会のご紹介〜ウテ・クレーマーさんの蒔いた種〜 [2018年04月02日(Mon)]
京田辺シュタイナー学校では、年に数回、外部から講師をお招きして、一般の方や学内保護者向けの講演会を企画、運営する保護者の活動があります。
すっかりお馴染みとなり、毎年大勢の方が心待ちにして下さっている講演会もあれば、次にお話を伺える機会はあるのだろうかと彗星を仰ぎ見るような気持ちになる会もあります。

4月に本校でお話をしてくださるウテ・クレーマーさんも、目下、私の中で、ひと際強い輝きを放ちつつ近づいてくるキラ星のような存在となっています。
ブラジル、サンパウロに無数に点在するファベーラと呼ばれる貧民街。そのうちの一つのモンチ・アズールという街で、1975年、ウテさんは数人の協力者を得て、小さな学校と診療所を始めました。シュタイナーの思想に基づき、地域の住民とともに築いていった愛と喜びに満ちたコミュニティは、その後、助産院、生産工場、農園、職業訓練学校、シュタイナー学校、保育園等を営む大きなコミュニティへと発展し、現在では、ブラジルの市民社会を教育、保健面でけん引する存在となっているそうです。

〜どんなに小さいことでも、私たちにできることが必ずあるはずです。そして、そういう小さいことに手をつけることからすべてが始まる〜    ウテ・クレーマー(小貫大輔著『耳をすまして聞いてごらん』より)

本校教員の一人はかつてモンチ・アズールでその活動に参加していました。講演会当日はその教員の体験談も少し聞いていただけそうです。強い信念と深い慈愛に満ちた、ウテさんのお話を皆さまとともに、分かち合えるひと時を心待ちにしております。

☆ウテ・クレーマーさん講演会「ひと粒の種から世界が変わる」についての詳細はこちらをご覧ください。
ウテ・クレーマーさん (1).jpg

C.T

Posted by 京田辺シュタイナー at 15:08 | 運営 | この記事のURL