• もっと見る
«早いもので10年たちました | Main | 「昭和の日」を前に「昭和駅」の写真»
65年前の4月20日に「ひので」と「きぼう」が登場 [2024年04月19日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

「ひので号」や「きぼう号」と聞くと中学生時代を懐かしく思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか。4月20日は修学旅行専用列車「ひので」と「きぼう」が登場した日です。
今から65年前の昭和34年4月20日、日本初の修学旅行専用車両155系電車を使用して、修学旅行専用列車「ひので」と「きぼう」の運転が開始されました。関東地区用の「ひので」が品川〜京都間、関西地区用の「きぼう」が神戸・大阪・京都〜品川間で運転されました。座席は3人掛けの6人ボックス席と2人掛けの4人ボックス席となっており、座席の上には荷物スペースが設けられていました。全ボックス席には着脱式の大型テーブルがあり食事や勉強に使用できました。
「ひので」と「きぼう」は多くの中学生の「思い出」を運び続け、昭和46年10月まで運転されました。

 (所蔵写真より)
OZ0007044-01.jpg
「155系電車『ひので』」(昭和38年撮影)
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 17:46 | 収蔵資料の紹介 | この記事のURL