CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大阪港開港記念日 | Main | 米子市で「山陰線開業120年の歴史」が開催されます»
うなぎ弁当 [2022年07月22日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

今週末の23日は土用の丑の日。土用の丑の日といえば「うなぎ」ですね。先ほど昼食を買いに近くのスーパーに行くと、うなぎのお弁当などがいつもよりたくさん並んでいました。土用の丑の日にうなぎを食べるような習慣になったのは、一説には江戸時代に平賀源内が夏に売り上げが落ちる鰻屋にしたアドバイスが始まりともいわれています。
さて、たくさんのうなぎ弁当を見ていると、頭の中がうなぎで一杯になってしまいましたので、交通資料調査センターが所蔵する国鉄時代の駅弁の掛け紙からうなぎに関するものを探してみました。その中からいくつかをご紹介。

うなぎ弁当米子.JPG
「うなぎ弁当」(米子駅 米吾)


うなぎめし大阪.JPG
「うなぎめし」(大阪駅・新大阪駅 水了軒)


うなぎ飯豊橋.JPG
「豊橋名産 うなぎ飯」(豊橋駅 壺屋弁当部)


うなぎ弁当大津.JPG
「琵琶湖産 うなぎ弁当」(大津駅 萩の家)

厳しい暑さが続きますが、滋養に富んだうなぎを食べてスタミナUPで乗り切りたいものですね。

Posted by 交通文化振興財団事務局 at 15:00 | 収蔵資料の紹介 | この記事のURL