CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«交通資料調査センターの対外業務を再開しています | Main | カレンダーの祝日が変更となっています»
半夏生ですので「ひっぱりだこ飯」 [2021年07月02日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

本日7月2日は1年のちょうど真ん中の日にあたり、折り返しの日となります。コロナ禍もありなかなか思うようには過ごせない半年でしたが、2021年の後半は以前の日常が取り戻せるような半年であってほしいものです。
さて、節分や彼岸、土用などと同じ雑節の一つに7月初めの半夏生があります。半夏生は夏至から11日目にあたる日とされていましたが、現在では太陽が黄経100度の点を通過する日となっています。田植えなどの農作業を終わらす目安となる日で、各地でこの日に食べられている特別な食べ物があるとのこと。私たちの地元関西では蛸を食べることが多いようです。
ちなみに今年の半夏生は本日7月2日。半夏生に合わせて、所蔵している駅弁の容器の中から、神戸の淡路屋の駅弁、「ひっぱりだこ飯」の陶器製蛸壺風容器です。

IMG_0528 (002).jpg
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 17:16 | 収蔵資料の紹介 | この記事のURL