CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«空とぶ自動車 | Main | 南方駅開業100周年»
新幹線貯金箱「ひゅっと君」 [2021年04月16日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

昨年度は、交通資料調査センターに多数の資料寄贈があり、件数は一昨年度の23件から倍増の47件となりました。点数は確認中のものがありますので確定していませんが、一昨年度の1万4千点を大きく超える見込みです。皆様からのご寄贈に感謝申し上げます。

さて、寄贈資料の整理・確認をしていると、当財団にとって懐かしの逸品が出てきました。
それがこちらの「ひゅっと君」です。

ひゅっとくん小.JPG

当財団が企画・製作した0系新幹線電車をモチーフにしたオリジナル貯金箱で、東京の交通博物館と大阪の交通科学館(後の交通科学博物館)のミュージアムショップ(当時は記念品コーナー)で販売していたものです。販売当時を知るOB職員の話では、飛ぶように売れる人気商品で、店頭に並べる際の袋詰め作業が間に合わないほどであったとのこと。その人気ぶりは独特のデザインと実用性にあり、昭和49年に当財団が意匠登録している記録も残っています。
貯金箱という消耗品にもかかわらず現在まで大切に保管いただいていたことに嬉しい気持ちになりました。
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 16:15 | 資料の収集・保存 | この記事のURL