CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«阪神大震災から25年〜阪神高速道路株式会社震災資料保管庫〜 | Main | 駅弁・空弁の容器»
現地調査時のひとコマ [2020年01月31日(Fri)]
こんにちは。交通文化振興財団事務局です。

早いもので2020年も1カ月が経過しました。今シーズンは異例の暖冬のようで、この時期になっても冬らしい寒さをあまり感じる日がありません。季節はこのまま春へと向かうのでしょうか?
さて、文化財の現地調査をしていると、地元の皆様にお声をかけて頂くことがあります。「何の調査ですか?」からはじまって、「昔は…」といった調査事物の昔話やボランティアで周囲の清掃をしている話など文化財への愛情たっぷりなお話をお聞かせいただきます。こちらも、「こうなればいいですね」とか「こんなことできないかな」などと相槌を打つうちに、会話が大いに盛り上がり、いつのまにか意気投合することも。現地で現物を調査することでしか得られない貴重な情報です。最後に「しっかり調査してな」と言い残して去っていく背中を見送りながら気持ちも新たに調査を続けます。

調査の一コマ.jpg
神戸市内での現地調査
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 17:45 | 文化遺産調査 | この記事のURL