CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«昭和30年代 歳末の駅の情景 | Main | 阪神大震災から25年〜阪神高速道路株式会社震災資料保管庫〜»
2020年もよろしくお願いします [2020年01月10日(Fri)]
新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては清々しい新年を迎えられたことと存じます。
当財団事務局では2020年も交通関係歴史資料の収集や調査活動など交通の歴史と文化を未来に伝える活動に取り組んでまいります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、この度、交通資料調査センターの職員1名が「準デジタル・アーキビスト」の資格を取得しました。こちらは、NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構が認定する資格で、「基本的なデジタルアーカイブ制作能力がある者」として定められており、上位資格として「デジタル・アーキビスト」や「上級デジタル・アーキビスト」の資格も規定されています。
11月に講習・試験を受講・受験し、結果には自信が無さそうでしたが、無事に合格。新年早々に良い報告を受けました。取得者は元々事務や受付といった資料とは縁遠い業務に従事していましたが、数年前より学芸員の指導の下、資料収集や整理・調査に意欲的に携わり、毎日黙々と資料と向き合ってきました。そうした職員の資格取得を大変嬉しく思います。これまでは学芸員資格者が資料のデジタル化やアーカイブ運営に携わってきましたが、今後は学芸員資格者と準デジタル・アーキビスト資格者がタッグを組んで、デジタルアーカイブ「交通文化振興財団デジタル資料館」の運営を進めて参ります。

交通文化振興財団デジタル資料館ですが、下記の日時におきまして、システムメンテナンスのためアクセスを停止いたします。ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。
メンテナンス日時(予定)
2020年1月14日(火)18:00〜1月15日(水)12:00
※作業進捗により前後する場合がございます。
※メンテナンス期間中、交通文化振興財団デジタル資料館はご利用いただけません。

なお、今回のメンテナンスにあわせて掲載データの追加を実施いたします。約1700点のデータを追加いたしますので、メンテナンス終了後は、より充実したデジタル資料館をお楽しみください。
Posted by 交通文化振興財団事務局 at 15:59 | 資料の収集・保存 | この記事のURL