• もっと見る

日本科学協会の国際交流活動

図書寄贈、日本知識大会、作文コンクールのこと、
そして訪日・訪中交流のこと…
いろんな交流活動を紹介しています。


浙江越秀外国語学院で学内日本知識大会を開催 [2024年06月11日(Tue)]
 6月1日、中国浙江省の浙江越秀外国語学院で、「笹川杯全国大学日本知識大会2024」に向けた学内の日本知識大会「合道・越秀杯日本知識大会」が開催されました。

 「笹川杯全国大学日本知識大会」は、2014年にスタートし今年で10周年となりますが、10月には杭州市の浙江大学で開催予定となっています。この日開催されたのは、今秋の全国大会に参加する同学院の代表選手を選抜するための学内決勝戦で、本大会に先立って開催された学内の筆記テストと準決勝を勝ち抜いた6名の選手たちが参加しました。

 まず、開会式で浙江越秀外国語学院 東方言語学院 邱鳴院長は、活発でエネルギッシュな時期にある参加者にとって、この大会は自分の才能と情熱を発揮する絶好の機会であるとした上で、広範な読書を通じて知識を深めること、視野を広げること、自身の能力を高めることを奨励しました。


1.png
浙江越秀外国語学院 東方言語学院 邱鳴院長

 また、本会の橋正征会長は、昨年11月に北京の中国人民大学で開催された「笹川杯全国大学日本知識大会2023」に初めて参加し、白熱した戦いを実感したこと、また、日本人でもなかなか答えられない難問に選手たちが正解していて中国の学生の日本に関する知識の豊富さに驚かされたことを紹介した上で、全国大会に向けて開催される大学内選抜戦を参観するのも初めてなので、大変楽しみにしている旨を表明しました。


2.png
日本科学協会 橋正征 会長

 さらに、この大会のスポンサーである義烏市合道電子商務有限公司の胡志鵬社長は、日本の文化、歴史、経済など多岐に亘る知識を共有し、日本についてより深く知る機会を提供することの意義を強調した上で、本会が知識の競い合いのみならず新たな友人との出会いやネットワ-クの構築の場となることへの期待を表明しました。


3.png
義烏市合道電子商務有限公司 胡志鵬 社長

 対戦では、文学、社会、経済、文化、歴史などの分野の問題は勿論、ポップカルチャー、エンタメ、時事問題なども含まれていましたが、選手たちは見事に正解を重ね、日本知識の広さ、日本理解の深さを印象付けました。また、中国には日本に対する深い関心や理解を持ってくれている若者が沢山いることも心強く感じました。


4.png
早押し問題


5.png
穴埋め問題

 出題の分野だけでなく、出題形式も指定問題、早押し問題、穴埋め問題と様々で白熱した戦いが繰り広げられ、日本語学科 3年の梅旭江さんが優勝、2年の魯丹陽さんと2年王恵楽さんが二等賞に、2年の何佳宇さん、2年の王陳璐さん、1年の胡銀娜さんが三等賞に輝きました。
 成績上位の3名については、同学院の代表選手として、10月に浙江大学で開催予定の「笹川杯全国大学日本知識大会2024」に参加することになっています。


6.png
結果発表


7.png
浙江越秀外国語学院 修剛校長と梅旭江さん

 一等賞を獲得した梅旭江さんは、今回の受賞は自分の一生涯続くであろう学習過程の小さな一歩に過ぎないかもしれないが、引き続き努力して自分の能力を向上させ、今年の全国大会で良い成績を収めることができるよう努力していきたい旨の抱負を語ってくれました。


【設問例】
Q.A)
『万葉集』に収録されている「貧窮問答歌」は貧しい農民の困苦を描いているが、その作者は誰か?
1.大伴家持   2.大伴旅人   3.山上憶良   4.柿本人麻呂

Q.B)
労働三法といえば、「労働基準法」「労働組合法」と、あと一つは何か?
1.労働関係調整法 2.労働契約法 3. 男女共同参画社会基本法 4.労働規制法

Q.C)
カンヌ映画祭で好評された映画『万引き家族』『そして父になる』『誰も知らない』の監督はだれか?
1.是枝裕和  2.周防正行  3.山田洋二  4.北野武

Q.D)
平成と改元した年は、昭和何年か?
1.昭和64年 2.昭和65年 3. 昭和63年 4. 昭和62年

 大会の合間には、有志学生によりフルートとギターでジブリ作品の主題歌が演奏された他、中国琴の演奏に合わせた書道パフォーマンス行われました。これに応えて立教女学院の佐々理事も日本の童謡「赤とんぼ」を独唱するなど日中の文化交流が行われ、会場は日中友好の雰囲気に満たされました。


8.png
中国の琴と書道のパフォーマンス


9.png
立教女学院 佐々義子理事の「赤とんぼ」独唱


10.png
大会主催者、スタッフ、参加者

【設問例の解答】
Q.A)3  Q.B)1  Q.C)1  Q.D)1




<国際交流チーム>

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:59 | BOOK ENVOY PROJECT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
紹興で図書寄贈式を開催(浙江越秀外国語学院) [2024年06月10日(Mon)]
 6月1日午前、中国紹興市の浙江越秀外国語学院で、徐真華副理事長、修剛校長を始めとした同学院の責任者、教職員、学生、また本会と立教女学院の各関係者が参加して寄贈図書の贈呈式が執り行われました。


★1.png
浙江越秀外国語学院責任者及び日本科学協会、立教女学院関係者

 同学院は、本会の中国における図書寄贈対象86大学の1つで、2014年6月に寄贈対象となり今月で丸10年となりますが、これまで本会から贈った図書は合計82,000冊を超えます。また、これらの寄贈図書の中には、本会が立教女学院から寄贈を受けた約25,000冊も含まれています。

 2021年、同女学院は、立教女学院短期大学閉学に伴い同短期大学図書館の蔵書約80,000冊を本会に寄贈し、これら全てについては、本会を通じて同外国語学院への寄贈が決定しています。こうした一括寄贈は、日本理解や日中交流の深化に繋がって欲しいということは勿論、同短期大学の学生や教職員の方々に長年活用されてきた貴重な図書の命を生かしたいという同女学院側の強い希望によるものです。

 寄贈式の開会にあたり、浙江越秀外国語学院の修剛校長は、寄贈図書は知識の宝庫であり、図書館の外国語資料を充実させ学生、教員に多様で上質な学術資料を提供していると評価した上で、こうした支援は、教育事業への重視と配慮を示すだけでなく、中日両国民間の深い友情をも示しているとしました。さらに双方の努力により中日教育交流がより深く広くなり、両国の学生の成長と発展のために多くのチャンスとプラットフォームを提供できる旨の期待を示しました。

 これを受けて、本会の橋正征会長は、立教女学院からの一括寄贈に言及した上で、寄贈式を機に寄贈図書が大いに活用され、日本語教育や日本研究の振興に繋がることを心から願っているとの期待を示しました。また、成長のエネルギーが感じられ、将来性のある同学院に図書を寄贈し活用してもらえることを嬉しく思うとの感想を述べました。

 徐真華副理事長は、大学の学習では、授業を受けることや教科書等を読むこと以外にも沢山の本を読むことの重要性を強調しました。さらに人間には生理的、物理的生命の他に科学的、文化的、精神的生命も存在しているが、後者のために読書は極めて大きな役割を果たすことができるとし、その重要な機能として視野の拡大、情操の陶冶、興味の育成、人格の健全化などがあるとしました。

 寄贈式典では、本会の橋会長から浙江越秀外国語学院の修剛校長に図書寄贈書がおくられ、修校長から橋会長に受領証書がおくられました。また、今回の式典に出席していただいた立教女学院理事で同女学院同窓会会長でもある佐々義子氏からも、修校長に図書寄贈書がおくられ、修校長から佐々理事に受領証書がおくられました。


1.png
修剛校長(左)、橋会長(右)

2.png
徐真華副理事長(左)、橋正征会長(右)

3.png
修剛校長(左)、佐々義子理事(右)

5.png
左から李敬平図書館館長、修剛校長、徐真華副理事長、橋正征会長、
佐々義子理事、顧文君常務理事

6.png
参加者全員記念撮影

 翌日の6月2日には、立教女学院提供図書の専用図書室の見学と本会からの寄贈図書に関する読書会の参観を行いました。

 この専用図書室は東方言語学院がある稽山キャンパスにあり、広さは200uで、現在、同女学院からの図書約25,000冊が収蔵されています。
 この図書室を見学した同女学院の佐々理事は、立教女学院短期大学図書館がかつての佇まいもそのままに再現されているようで感慨深いとの感想を述べました。今後、残りの約50,000冊も、順次届く予定となっており、これらが全て収蔵されれば、立教女学院短期大学図書館がほぼ完全な形で紹興に再現されることになります。


7.png
専用図書室見学

 図書室見学に続き寄贈図書に関する読書会が開催されました。
 この読書会は、2チームに分かれた日本語学科学生13名が、個々の関心に応じて選定した図書について感じたこと、気付いたこと、考えたことなど発表するというもので、発表後にはそれぞれ質疑応答の時間も設定されていました。選定図書は、小説、エッセー、ハウトゥ本、日本語言語学誌、絵本、アートブックなど様々なジャンルに及びました。

 参観後、橋会長は、専門分野以外の本を読んだことは非常に少ないという自身の経験に触れた上で、専門分野以外の本を日本語で読んでその感想を日本語で発表できるのは素晴らしいとして参加者たちの日本語力の高さを評価しました。

 また、佐々理事は、日本語の本をよく読み、日本語で感想を述べ、日本語での質問に真摯に答えてくれたことに感謝するとした上で、今回読んだ本の前の読者が応援しているとのメッセージをおくりました。


8.png
読書会Aチーム

9.png
読書会Bチーム

10.png
読書会参加者全員記念撮影


<国際交流チーム>










Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 14:10 | BOOK ENVOY PROJECT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)