• もっと見る

日本科学協会の国際交流活動

図書寄贈、日本知識大会、作文コンクールのこと、
そして訪日・訪中交流のこと…
いろんな交流活動を紹介しています。


笹川杯日本研究論文コンクール2023 決勝戦開催 [2023年12月25日(Mon)]
IMG_1336.JPG

外国語で論文を書いて、外国語で発表する”。

とても難しいことのように感じますが、外国語での論文作成・発表の完成度を競うコンクールがあります。

中国の日本語学科の大学生を対象にした「笹川杯日本研究論文コンクール」です。

学生は【文化、文学、言語学】の3分野から研究テーマを設定し、日本語で論文を作成。
一次審査の査読を通過した論文が決勝戦へと進みます。

2023年11月18日、4年ぶりに中国・吉林省の吉林大学で決勝戦が開催されました。

張副学長.jpg
(撮影:人民網日本語版)

開会式にて吉林大学の張国興副学長は、
「中国の日本語教育界で注目を集めるコンクール。学生の日本文化、社会の理解が深まることを期待」と述べました。


決勝戦で論文作成者は、審査員の前で日本語でプレゼンテーションを行います。
実際の発表をみてみるとーー。

IMG_1176.JPG
「商品紹介におけるオノマトペの使用と翻訳―ユニクロを例として―」(言語分野)
を執筆した華東師範大学の周驍ウん。

日本では商品紹介でよくオノマトペ(擬音語・擬態語)が使われます。周さんは、「サラリ」や「チクチク」などの中国語にない擬音語が、どう翻訳されているのかを論文にまとめました。

日中のユニクロの商品紹介について、写真を交えながら比較、日本語で発表しました。

IMG_1350.JPG
この日、プレゼンテーションと質疑応答をへて、特等賞2本、一等賞3本、二等賞9本、三等賞12本が選出されました。


IMG_1366.JPG
決勝戦後の講評で、審査員を務めた中国日語教学研究会の修剛主任委員は、

「毎年応募者のレベルが上がっている。(優秀論文に選出されなかった学生も)在学中に努力を続け、二等賞、一等賞、特等賞をとるようにがんばってほしい」

と学生を激励。


takahashi.jpg
(撮影:人民網日本語版)

「質疑応答での、学生たちの的確な日本語の回答におどろいた」と日本科学協会の高橋会長。

IMG_1370.JPG
中国日語教学研究会の名誉会長で北京外国語大学日語学院の周異夫院長は、

「論文コンクールは、各大学の教員、学生の交流プラットフォームとして重要な役割を果たしている」とコメント。

今後のコンクールの発展に期待を寄せました。


論文コンクールの詳細や、特等賞受賞論文についてはこちらのページをご覧ください。
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 15:23 | 日中未来共創プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
外国貿易大学で覚書調印式を開催(ハノイ) [2023年12月19日(Tue)]
 12月8日、本会と外国貿易大学(FTU)は、ベトナム日本人材開発インスティチュート(VJCC/ JICAとFTUの協力により設立された国際人材育成機関で、外国貿易大学内に併設)で、本会のBOOK ENVOY PROJECTに関する覚書調印式を開催しました。

 このプロジェクトは、日本の各界から贈られた多様な図書をアジア諸国の大学等に寄贈することで寄贈先の教育・研究と国際理解の促進を図るというもので、1999年の事業開始以来、寄贈対象を中国に絞って実施してきました。

 2022年にはフィリピン、タイ、インド、ウズベキスタンにも寄贈対象を広げ、日越外交樹立50周年にあたる今年は、新たな寄贈先として外国貿易大学(FTU)と場トナム国家大学ハノイ校 人文社会科学大学(VNUハノイ校 USSH)の2大学選定し、各大学との間で覚書を締結することになりました。

 FTUは、教育訓練省に属する国立大学で外交官や政治家、経済界のリーダーなど優秀な人材を輩出してきたベトナム屈指の有力大学です。また、ベトナム日本人材開発インスティチュート(Vietnam-Japan Institute for Human Resources Development / VJCC)はFTUとJICAの協力により同大学内に併設されている人材育成機関で、ビジネス研修や日本語教育を通じてベトナム経済の発展に資する人材の育成を行っています
 本会からの寄贈図書は、VJCCとFTUの日本語学部の両機関での活用を想定しており、日本語学習・教育のみならず日本研究の振興にも繋がるものと期待されます。

 本会の橋正征会長は、図書寄贈を通じてアジア諸国における日本理解の促進と国際人材育成に寄与するという本プロジェクトの趣旨に言及し、最も相応しい寄贈先としてFTUを選定した経緯を紹介しました。
 さらに今後の国際社会において、アジア諸国、特にベトナムと日本が果たす役割の大きさを強調した上で、FTU及びVJCCには日本語教育、日本研究などを通して日越関係の将来を担う人材育成の拠点になって欲しいとの期待を示しました。


1.jpg
挨拶する日本科学協会 橋会長※
※の写真は、全てVJCCから提供していただいたものです。


 続いて、FTUのPham Thu Huong副学長は、FTUがベトナム初の日本語学科設置大学であることに誇りを持っているとした上で、日本からの支援・協力によって本学の教育研究等が向上していることに感謝の意を表しました。
 また、読書文化の発展は学生の自習能力の向上に繋がると期待できることから、FTUでは、在学中も卒業後も学生が読書を通じて学習能力を向上させていけるよう教育しているとして、読書文化の重要性を強調した上で、寄贈図書を通じて日本に関する教育・研究の質を向上させたいとの意向を示しました。


2.jpg
挨拶するFTU 挨拶※

 その後、本会の橋会長とFTUのHuong副学長は、覚書にそれぞれ署名し、調印式は終了しました。


3.jpg
覚書への署名※


4.jpg
覚書の交換※


 調印式に先立ちVJCCの図書館を見学させていただきました。日本の文化、歴史、社会など広範な分野の図書が所蔵されている他、ハノイの日本大使館からも、随時、新しい図書が寄贈されているとのことで、既に日本語学習環境はかなり整っていると感じました。今後は、本会からの寄贈図書により更に充実した日本関係資料室になるものと期待しています。


5.JPG
VJCC図書館見学


6.jpg
JCC図書館の所蔵図書


7.jpg
VJCC図書館の所蔵図書



正門.JPG
FTU正門での記念撮影
(文責:宮内孝子)

Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 00:00 | BOOK ENVOY PROJECT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ベトナム国家大学 人文社会科学大学で覚書調印式を開催(ハノイ) [2023年12月18日(Mon)]
 12月7日、本会とベトナム国家大学ハノイ校 人文社会科学大学(VNU USSH)は、同大学で、本会が実施するBOOK ENVOY PROJECTに関する調印式を開催しました。

 このプロジェクトは日本の各界から贈られた多様な図書をアジア諸国の大学等に寄贈することで、寄贈先の教育・研究と国際理解の促進を図るというもので、1999年の事業開始以来、寄贈対象を中国に絞って実施してきました。
 2022年にはフィリピン、タイ、インド、ウズベキスタンにも寄贈対象を広げ、日越外交樹立50周年にあたる今年は、新たな寄贈先としてベトナムのUSSHと外国貿易大学(FTU)の2大学選定し、各大学との間で覚書を締結することになりました。

 USSHは、ハノイにあるベトナム国家大学ハノイ校(Vietnam National University, Hanoi)に属するベトナムの最高学府のひとつで、通常の国立大学が教育訓練省の管轄下にあるのに対して国家大学である同大学はは首相直属となっています。
 USSHへの寄贈図書は、主に東洋学部の日本研究科での活用を想定していますが、この学科は、日本語教育というよりは日本語を使った日本研究を旨としており、日本語学習のみならず日本研究の振興に繋がるものと期待しています。

 まず、USSHのHoang Anh Tuan学長は、挨拶の中で、歴史研究の専門家の立場から図書が日本の近代化に果たした役割は大きいとした上で、図書寄贈は本学の日本研究の振興に有意義であると評価しました。更に、先月、ハノイで開催された日越外交関係樹立50周年記念シンポジウムにおいて山田滝雄駐ベトナム日本国大使が「産業交流だけでなく、学術交流、知的交流も重要」と挨拶されたことに言及し、図書寄贈を通じた本会とUSSHとの学術交流への期待を示しました。

1.jpg
挨拶するVNU USSHのTuan学長 ※
※の写真は、全てUSSHから提供頂いたものです。

 続いて、本会の橋正征会長は、挨拶の中で、図書寄贈を通じてアジア諸国における人文社会科学の振興と人材育成に寄与するという本プロジェクトの趣旨に言及し、最も相応しい寄贈先としてUSSHを選定した経緯を紹介しました。さらに今後の国際社会において、アジア諸国、特にベトナムと日本が果たす役割の大きさを強調した上で、USSHには将来の日越関係を担う人材育成の拠点になって欲しいとの期待を示しました。


2会長.jpg
挨拶する日本科学協会の橋会長※


 その後、Tuan学長と橋会長はそれぞれ覚書に署名し、調印式は終了しました。


調印.png
覚書への署名※


4.jpg
覚書の交換※


5.jpg
調印式出席者※


 調印式に先立ち、日本人講師の藤浪先生が日本研究学科3年の学生を対象としたビジネス日本語の講義を参観させていただきました。
 この日のテーマは、自分の強みを効果的にアピールするレポートの書き方かということで、日系企業等への就職を目指す学生にとっては、重要なテーマです。和やかな雰囲気で進められる講義は、日本人の大学生への講義と変わらない内容、スピードでしたが、先生からの質問に迅速に答える学生の回答の適切さに講義の趣旨が十分に伝わっているかことが分かり、彼らの日本語レベルの高さに感心しました。


6.jpg
フレンドリーな日本語で講義する藤浪先生


7.png
ビジネス日本語の講義を受講する学生たち


8.JPG
学生たちに挨拶する橋会長


 また、東洋学部 日本研究学科長のVu先生の案内により、日本研究学科図書室を見学させていただきました。
 所蔵図書は日本十進分類御法に沿って整然と分類されていて、これは学生たちが日本に留学した際、留学先の図書館でも図書を十分に活用できるようにとの考えによるものと伺い、その行届いた配慮にとても感心しました。


9.JPG
日本十進分類法により配架されている日本研究学科図書室


10.JPG
USSHの外観

(文責:宮内孝子)

続きを読む...
Posted by 公益財団法人 日本科学協会 at 16:33 | BOOK ENVOY PROJECT | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)