CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
きせつのあじさい作り(創作活動) [2021年06月30日(Wed)]
こんにちは、自立訓練(生活訓練)カレッジのミンクです。

ミンク.jpg

あじさい2.jpg

梅雨のきせつになりました。
今回は、創作活動のお話しをしたいと思います。
みなくるハウスの利用者さんとおりがみで
きせつのあじさい作りを水曜日の創作活動の
時間に作っています。
ピンセット作って花びらを一つずつ作っています。
こまかい創作にみなさんいっしょうけんめい作っています。
出来上がりがとっても楽しみです。
(ミンク)
※原文通りスッタフ代行入力

あじさい1.jpg

あじさい3.jpg

※(スッタフ注)
6/30現在、完成してカレッジ展示場(階段踊り場)にてるてる坊主のパステル画と一緒に展示しています。
創作活動『パステル画』 [2021年06月25日(Fri)]

どうも、自立訓練(生活訓練)カレッジ 黄昏の雑用係です。
暑いっスねぇ。。。なんか蒸し暑くて、蒸し暑くて・・・。カレッジは3階建て鉄筋コンクリートビルの3階だからか、部屋に熱気が籠ってしまいます。なので、この時期はツラいっス。。。

さて、
今日は、『創作活動』で取り組んでいる『パステル画』を紹介します。

担当者さん話では、パステルをカッターで削って粉状にして指で伸ばしていく『ドライウォッシュ』という技法で描いているそうです。また、『季節』をテーマに描くことが多いそうです。

↓ カレッジメンバーの作品です。
季節感をしっかりと感じられますね! ↓

IMG_94555.jpg

でも、誰もが初めからここまでの作品を描ける訳ではありません。

イメージするのが苦手な人。画用紙を前にして『取り組む事』に勇気を必要とする人。手が汚れることに対して『不安感』が出てくる人。

初めてのコトに取り組む時は、誰だっていろんな気持ちが交差しますよね?
みんなおんなじです。カレッジのメンバーも自分のペースで取り組んでいきました。

パステル画はここからスタート ↓

IMG_9451.jpg

IMG_9452.jpg

粉状にしたパステルを画用紙に指で小さい円状にこすりつけ、粉状のパステルや画用紙の感触、こすりつけるほど粘り気を感じるその感触を感じたり、色合いを考えたり、グラデーションの面白さを感じたり・・・。そして『取り組む事』に勇気を必要とする人は「えいっ、やっ!」と、『ほんの小さな勇気』を出して・・・。そんなこんなを繰り返し、回を重ねるごとに『いろんなキモチ』をクリアしつつあります。

IMG_9457.jpg

次回は、実際の活動風景をお伝えします。← の、予定。

(黄昏の雑用係)


山口県の方言クイズ [2021年06月24日(Thu)]
山口県の方言クイズ

こんにちは、自立訓練(生活訓練)カレッジのパンダ丸です。

今日のコミュニケーションでは、2チームに分かれて山口で使う色々な方言をクイズにして話し合いその方言はどういう意味なのかという事を答えました。

方言01.jpg

「たう」という方言や「すいばり」「かやす」「くろじ」などは聞いたことがありすぐに分かったけれど「ちゃんこ」や「よーけ」のように最初聞いたときはどういう意味かなと思い自分が聞いたことがある言い方とは少し違っていて職員さんの説明でようやく分かりました。

方言02.jpg

方言をクイズ形式にして答えるということがすごく楽しかったです。
みなさんも是非やってみてください。

(パンダ丸)
新プログラム『海を見に行く』開始・・・の、はずが・・・ [2021年06月17日(Thu)]


どうも、自立訓練(生活訓練)カレッジの黄昏の雑用係です。

最近、気持ち的にあたふたしてブログアップできませんでした。

ちょっと前の話になってしまいますが、カレッジの活動記録としてアップしておきます。

リラクセーションの新プログラム
『海を見に行く 〜波の音を聞こう#1〜』

ちなみに、『海を見に行く』は椎名誠さんの写真集のタイトルをパクリました。

で、新プログラムの為、近場の海水浴場に行きました。『気持ちがざわざわする時に、海水浴場あたりの砂浜で、穏やかな波の音を聞いて落ち着いいてみませんか?』的な、職員からの提案と利用者さん自身の体験を目的としたプログラムをするためです。
人気のない砂浜で穏やかな波の音を聞きながら、リラックスしてのんびりと・・・

の、はずでしたが・・・

穏やかすぎる波は、我々の心を癒す程の音ではありませんでした。。。

「やばっ、このままでは新プログラムは失敗に終わる・・・」

地味に焦る黄昏の雑用係に追い打ちが降りかかります。

「『リラクゼーション』は和製英語で、英語のカタカナ表記で『リラクセーション』と濁らないのが今は一般的」だ、ということを教えてもらい、年老いて情報収集能力の衰えを自覚せざるを得ない状況を迎え、オロオロしているところへ更なる追い打ちが・・・。

「こんなに暑い日に、誰でも波の音で落ち着くとは限らんよねぇ」的な超音波が頭の中侵入してきたのです。。。

でも、静かに動揺しながらも、黄昏の雑用係は落ち着いて考えます。
「こういう時こそ、甘いものを食べて落ち着こう。今日は暑いし、冷たいものを食べに行くのもいいなぁ。買い物訓練にもなるし。」
と、いうことで、前から利用者さん達が食べたいと言っていた塩ソフトクリームを食べに行くことにしました。

海水浴場から車で5分、去年オープンした雑貨やソフトクリームや総菜のお店『木村屋』さんにお邪魔しました。『木村屋』さんには、いきなり大勢で押しかけて、ご迷惑をおかけしました。
みんな、塩ソフトクリームをオーダー。女性がカップ派、男性がコーン派と何気に分かれました。

IMG_9390.jpg

お店の横の日陰で。

IMG_9387.jpg

塩気が程よく、とてもおいしかったです。

なんとか新プログラム『おいしいものを食べに行く#1 〜塩ソフトクリームを食べよう〜』終了・・・
って、このプログラムのカテゴリーは・・・・

(黄昏の雑用係)

癖があるクレーンは本当に乗りにくい。読者の皆様、体調不良には本当に気をつけよう! [2021年06月15日(Tue)]




※頭を上げる・下げる=起伏を起こす・倒す、高車=高所作業車

フックにワイヤーを付け、走行・巻き上げで取るのが一番やりやすいのだが、自分が勤めていた会社ではそのやり方では認めてもらえず、頭と旋回・巻き上げで取っていました。

もちろんクレーンのフックや玉掛用ワイヤーは振れるし、自分の思っていた方向とは別の方向に・・・というのは、まだクレーンの免許を取って間もないころの話で、障害者になった現在、同じことが出来るとは思えず、相当練習しないと上手になれません。現役時代、結局続かなくて辞めていった人がかなりいたので・・・

読者の皆様にはどのクレーンも同じだろうと、思うかも知れませんが、一機・一機それぞれにくせがある(例=走行が早い・遅い。巻き上げ・巻き下げが早い・遅い。運転手が巻き上げ・巻き下げの入力した時、反応が早い・遅い)
これは自分が免許を取って初めての2機吊り(相吊り)の時、そのようなくせがあるというのが最初全く判らず、何回か高車やブロックを引きずったり斜めに傾けたりして、先輩運転手に注意される事もよくありました。


b.jpg


一番苦労したのは、頭を一番下に下げた状態(66.2度)での、玉掛ワイヤーを回収。

ブロックを吊るための専用の吊り具。

普通のワイヤーでブロックに玉掛したら、片方に加重がかかり最悪ワイヤー切断の危険がある。

それを防止する意味で滑車が付いて、左右どちらかいっぺんに加重が掛かり過ぎない様にしている。

滑車があるので、頭と巻き上げをゆっくりかつ慎重に巻いていかないと、ワイヤーとシャックルがどこかで引っかかったりして、設備破損の大事故になりかねることもあるので、一番緊張した瞬間で、ワイヤーの一番端っこが地上から離れた瞬間、今まで張っていた緊張が一気に解けてしまい、自分でもわかるくらい脱力感が半端なかったです。



世間では梅雨に入って中休みで晴れが続き、最高気温が30度以上、巷では熱中症・猛暑・熱帯夜という言葉が、あちこち飛び交っており、体調不良を訴える方が増えてきています。

予防するために、水分補給はもちろんの事、汗で失った塩分の補給も併せておこないます。

スポーツドリンクや経口補水液など水分摂取はもちろんの事、糖分や塩分も同時に取ることが出来きますが、飲み過ぎには注意!(糖分・塩分過剰摂取になる)

後、しっかり睡眠と栄養があるものや休息を取り、翌日の仕事に響かないようにしてください。

少しでも異変があったら、かかりつけ医やお近くの病院で、診察を受けましょう。



近所の梅の木を見上げると、たくさんの梅の実がなっており、「早く収穫してくれー」と言わんばかりに収穫されるのを待っています。

読者の皆様は、梅干し・梅酒・梅ジュースのうち、どれが一番好きですか?自分は特に、梅干しと梅酒が好きです。

でも、決して収穫して何も加工してない梅、青梅(あおうめ)は毒があるので絶対に食べないようにしましょう。

後は、梅の種があるのですが、一生懸命自分の歯で割って、中にある小さな実があり、名前は仁という部位ですが、食べると結構癖になってしまいます。

仁も同様、青梅の時には食べないようにしましょう。梅干しや梅酒みたいに付ける事によって毒素の成分がほぼ消失し、食べても害はほとんど出ないそうです。

皆様は、梅をどのようにして食べたり、飲んだりするのが好きですか?

加工済みの梅や熟した梅を食べても害はないそうです。

梅干しをたくさん食べ、今年の暑さは始まったばかりですが、バテしないよう乗り切りましょう。

(viper zero)


a.jpg

十香(とおか)さんようこそ。皆様暑いですが、災害には気をつけましよう。 [2021年06月04日(Fri)]


ブログメンバに入りました十香「とおか」です、宜しくお願いします。
まだ入ったばっかりなので分からないことがありますが、先輩方に早く追いつけるように
一生懸命頑張ります。

(十香)


自分も働いていたころ、ヒヤッとしたことについて、お話ししていこうと思います。

暑さが落ち着いた23歳の9月下旬、当時三交代の勤務で、7時から15時まで働いていました。

その日もいつも通り、7時から勤務開始。

頭を上げると地上から約4メートル位の高さから、スラグ(鉄を作るのにできる副産物)にまびれた地金が膨れ上がっていて、今にも設備から落下しそうな感じで巻付いていた。

「良く成長したな」とほめてやりたいんだが、まさかその地金が、自分に向かって降りかかってくる危険予知もしなかった。

ブローが10分から15分くらいで終わり、主幹の人が次の工程に成品を持っていくとき、自分達が設備のメンテナンス(2ミリ位の穴に30センチくらいの長さの金属棒を差し込み、穴が塞がっていないか確認)をするのだけど、この時運悪く片方の穴が閉塞気味の為、少し通りが悪かった。

通りをよくするため、片方の穴に金属棒を差し込み、もう片方の穴が開くか片手ハンマーを勢いよく金属棒に当てた瞬間、振動で巻付いていた地金が勢いよく落下し、手摺に当たりバウンドし跳ねて、ケガしないですむかと思ったが、その時丁度運悪く作業スペースが狭く・暗い為、よけきれず左脚人差し指付け根に当たり骨折してしまいました。

最初は何事も無いように作業をしていたのですが、時が過ぎるに従い骨折の痛みも増して等々我慢できなくなってしまい、交代の責任者に報告し皆が救急車サイレンに注目する中、近くの救急病院に搬送され、大変恥ずかしい思いをしました。

レントゲン撮影をして医師の診断は、全治1ヶ月。その間仕事はさせてもらえず、ずっと今現在自分のおこなっている作業の作業標準書の見直しと、改善提案の作成(ほとんどがT賞で、C賞・D賞も取った事ある)だった。

災害速報を見た時、「多くの人に迷惑をかけたな、次から本当に気をつけよう」と心の中で誓った。

この時、上司が自分の顔を見る度に「お前!なんであんなとこで災害を起こすんだ!主幹さんから・・・」と毎日の様に言われ続けてきて、正直出社するのが苦痛だった。

骨折して半月が経ち、治りかけてきた頃、20tのバキュームカーの回送と100t天井クレーンに乗せてもらい機上でどの様な運転をしているのか、地上の人の動きなどを見学しながら勉強する機会があった。

その時は、まだ大型自動車とクレーンの免許は取っていなかったが、クレーン運転手に頼み込んで少し運転席に座らせてもらった。

運転席からの眺めは良く、地上に居る人たちはみんな米粒みたいに小さかったし、鍋(ドロドロに溶けた鉄が入っている入れ物)を吊り上げた時、鍋の淵からドロドロに溶けた鉄が
クレーン運転室の近くに来た時は、エアコンが効いていても熱くてたまらなかった。

骨折も完治し、いよいよ現場復帰の時、上司に言われた言葉「お前がこの会社で定年まで居るなら、絶対に災害は起こすな!」と励ましの言葉を頂きすごくうれしかったし、定年までこの会社で続けようと心に誓った。

読者の皆様も、労働災害には本当に気をつけましょうね。

(viper zero)
Copyright (c) 特定非営利活動法人キセキ All Rights Reserved.