CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
虹ヶ浜海水浴場清掃 [2012年08月10日(Fri)]
今日は朝6時30分から、虹が浜海水浴場の清掃作業に出かけました。
(朝が早いとツラいです)
市役所の方や地域の活動団体の皆さん、有志の方、約15名程度で行いました。
この海岸は、毎日、ボランティアさんによる清掃作業はされているようですが、終った段階でかなりのゴミがありました。
o0480064012155426308.jpg o0480064012155426306.jpg
海水浴や浜辺で花火など、光の夏はとても楽しいですが、そのあとはキチンと後始末が出来たら、なおいいですね。
こうやって、清掃活動をしてみると、改めてモラルの大切さを感じます。
北野武(ビートたけし)さんが、地域の公衆トイレを掃除していることは有名な話ですが、自分はあの方のように偉くもないし出来た人間ではないので、公共の物を毎日清掃するなど行っていませんが、こうやってたまに掃除をしていると、自分も平気でゴミを捨てたりしたことがないか、また人の心を傷付けたことはないかなど、色々振り返る時間がありました。
最近は地域活動を行うことが多くなっていますが、毎回、何か考えさせられる良い機会になっています。
日々、反省ですね。また機会があれば参加していきたいと思います。
Costa del sol ビギナーCUP大会 [2012年07月29日(Sun)]
今日は周南市にあるコスタデルソルで、Costa del sol ビギナーCUP  大会でした。
このリーグはAリーグとBリーグに分かれていて、Aリーグは一般男性のみのチームで、
Bリーグは男女混合チームや障害者(含む)チームで行われました。
私達SF山口(シャイニングフーチャー山口)は、Bチームで出場しました。
試合の様子.jpg  表彰式.jpg
全部で10数チーム参加されており、Bリーグは全部で4試合ほどありましたが、
結果は2勝2敗で3位でした。おしかったー!
みんなヘトヘトになりまがら、気温もかなり上がっている中でみんなよく頑張りました。

このたびは県の障害者サッカーチームのYIFAや安岡苑さんなども参加されており、
障害者混合チームなども含めて、一般社会への参加が進んでいる印象でした。

実は、この施設に最初からアドバイザーとしてかかわられている、元日本代表の
与那城ジョージさんは、このたび、ある高校の監督になられるため、今回限りの参加になります。

私達も以前、サッカー教室などでもお世話になりましたが、福祉に理解のある方であったため
少し残念です。また機会があれば一緒にやりたいですね。

今までお世話になりました。ありがとうございました。

フットサル活動 [2012年07月09日(Mon)]
スポーツ参加企画
高次脳機能障害をお持ちの方々の居場所や社会参加のきっかけ、楽しみながらのリハビリ、運動量確保、一般社会への認知などを目的として、地域でのフットサルの活動を行っています。
現在では男女年齢障害の有無を問わず、約15〜20名近くの仲間でワイワイ楽しみながら頑張ってます。

   

 <参加希望の方は下記をご覧下さい
 会場:コスタデルソル(山口県周南市大字大島46-15)
  コスタデルソル.jpg
 開催日時:毎週火曜日19:00〜20:00(年末年始などお休みする場合もあります)
 参加条件:男女年齢、サッカー経験、障害の有無は問わず、誰でも気軽に参加できます
 参加料:無料
 準備:運動の出来る格好で来てください。参加された方に併せてご指導させていただきます
 備考:コートが人工芝のため、スパイクは使用出来ませんのでご注意下さい
 お問い合わせ:参加希望の方は 080-5756-5121 徳本まで お電話下さい
        9:00〜17:00(出れない場合があるため留守電に用件を残して下さい)

今後はフライングディスクや卓球、風船バレーも行う予定でいますので、ぜひご参加下さい!
新しい公共〜企業との協働〜 [2012年06月23日(Sat)]
今日は光市あいぱーくで開催された、「新しい公共」コーディネーター養成講座の第3回目でした。この講座は街づくりをテーマにしていますが、キセキの活動も街作りの1つとして、ご協力が出来るように参加させていただいてます。
講師の先生は、(株)片岡計測器サービスの代表である、川久保賢隆さんでした。川久保さんは山口経済同友会の副代表もされており、他にも、公益社団法人 日本環境技術協会副会長、シンクロナイズネット代表、山口未来都市構想事業の委員長、他多数の活動をされており、とても書ききれません。

前回みたいにポールポジションではないですが、前から2番目でちゃんと受けてました。
その講演の中でこれからのヒントになりそうなことは、
「社員が幸せになって、初めて会社の繁栄がある」
「困っていることを具体化していく」
「集団が1つになることで最大の力を発揮する」
「人の世話をすると、人が育つ」
「仲間だけでやるのではなく、出来ないところは外へ(専門へ)任せることも必要」
「だから山口に住みたいと思えるような街作り」
「提案型の相談」
「相手を信じること」
「自分が出来ることを把握すること」
などなど、大切なキーワードを多く聞けたように思います。
気さくに話していただける親しみやすさ、大きなビジョン、アイディア、地域活動への積極的な取り組み、弱者に対しての思い、どれをとっても川久保賢隆さんは間違いなく山口県を代表するリーダーの1人です。
Copyright (c) 特定非営利活動法人キセキ All Rights Reserved.