CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月05日

石けんとオイルと薔薇水のおはなし(その2)


11月6日 火曜日 本日はお休みです。


◯ 石けんとオイルと薔薇水のおはなし⑵ ◯


前回はクレンジング剤を使わないで石けんで洗顔するお話で
コールドプロセス石けんの保湿力と洗浄力がポイントでした。





今日は、しっかり泡立てた石けんで丁寧に洗顔した後の
お手入れについてお話します。

2DCB5D0D-1D67-41A1-AB56-1D607E2A50FE.jpeg

@オイル塗る・・・この場合のオイルはキャリアオイルとよばれる
             非常に浸透力の高い油を使用します。
             当店では、以下のオイルを使用致します。
                                                        マカダミアナッツオイル …アンチエイジング、
                                                                                      ダメージ肌、全ての肌質
                    シアオイル…保湿、保護、全ての肌質
                    ホホバオイル…植物性ワックス、
                                                                            非常に酸化しにくい、全ての肌質
                    アルガンオイル…アンチエイジング、全ての肌質

  これらのオイルは浸透力に優れ、この後つける薔薇水の脂溶性成分を
  真皮層まで運ぶ働きがあります。
  薔薇水を使用することにより、油分と水分が共に浸透するため
  より瑞々しい保湿を実現します。


673A760F-C3D0-4294-956F-D985510235F7.jpeg


A薔薇水をたっぷりしみこませる。
    
薔薇水とは
   摘みたての薔薇の花を蒸溜機で加熱して、立ち上った湯気を冷やして
   瓶詰めにしたものです。
   水溶性成分と精油成分を含みます。
   薔薇の花の成分が心身に働きかけます。

   ◯ 水分だけをたっぷりつけるとお肌の表面がふやけて、より乾燥しやすくなります。
     精油成分が含まれる薔薇水はオイルと一緒に浸透して
     保湿力を発揮して、水溶性成分にも含まれる美肌作用を
    一層発揮しやすくなります。

     薔薇水はひと瓶に60本分の薔薇のエッセンスが
     そのまま詰められています。
      植物の力をストレートに感じる美肌力があります。


E58D000B-4589-4BBF-82DC-8E2A511E398E.jpeg

B クリーム又はオイルで乾燥を防ぐ

    @のオイルは浸透力があり肌表面にべたつきを残しません。
    夏期はオイルを最後に使うの心地よいでしょう。
     秋以降は◯オイル+シアバター+蜜ろう
                 ◯オイル+蜜ろう・・・のクリームがお勧めです。

424AFD9D-3111-4443-959E-7EA8B0B6DB22.jpeg

     シアバターは保湿とお肌の保護に
     蜜ろうはお肌の保護と柔軟性を保つ働きがあります。

    お肌の質に合わせて手作りクリームでお手入れされると
    乾燥から守って健やかさを保つ助けになります。


97E7B5E5-CE71-436C-A980-2C34EAFF73A8.jpeg

   ◯手作りクリームはキットをご用意しておりますので
      ご自宅でも店内でもお作り頂けます。

   ◯ナイアード社製のアルガンオイルと蜜ろうのクリームも
     お取り扱いしております。
    お肌に優しく男女問わずご愛用いただいております。

  石けん、オイル、薔薇水・・・この3点で一年中、その時のお肌の状態や

   体調に合わせて全身のお手入れができます。

  とてもシンプルです。

  是非お試しになってみてください。

次回はスペシャルケアについてです。

【樂の石けんものがたりの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック