CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
昔の絵や写真には、おんぶばかり! [2013年08月27日(Tue)]

わたし、割と良く、江戸時代の冊子を見ます。
子どもたちと地域を「町たんけん」する際にも、
江戸時代のガイドブックを持って行って、その頃と今を比べるたりします。
あったものが無くなっている、
無い物が増えているということは多いけど、
江戸時代そのままに史跡などが残っている場合、ある種の感激を覚えます。
感激屋さんの私と一緒に歩く子どもたちは、
コピーされた絵(地図)を見ながら、あるモノ探し・無いモノを探します。
特に拾遺名所図会と言うのをよく用います。
(とうとう、都名所図会・拾遺・・・の揃いを買ってしまいました!)

他にも父が残した江戸時代の絵図や版画があるので見るのですが、
そのほとんどが、おんぶです。
背中の肩から、顔がのぞく(顔が出る)のがおんぶです。
外国人が、一つの身体に顔が二つで、
「お化け?」と思ったという逸話がある程です。
西洋では行われない「おんぶ」を、”低く見た”ということもあります。
当時、これが普通だったわけで、
子どもを連れながら仕事をしなければ生活が成り立たなかったのです。
女性は働き手でしたから。(勿論、今もそうですが)

さて、おんぶされた赤ちゃん、その顔は母親と同じ方をむいています。
それが大事なのですねぇ。
負ぶわれた背中から見えるのです。
母がこの人には親しげに語り、この人には、平身低頭で謝っており、
この人には文句を言う・・・朝はどの人にも挨拶をする・・・
というようなことを、身を持って母と共に体験していたのです。
<習うより慣れろ>と言う言葉がありますが、
日本の赤ちゃんは、
0歳から人付き合いの仕方・食事の作り方・家事全般を、
実地に基づく経験として、蓄えていたことになります。
これが、日本人の子育ての基本であり、
子どもの教育の場になっていたと言われています。
賢い子どもという評価は、大人と積んだ経験の賜物だっのでしょう。

そういえば、スリングでも、と同じ方向を向く
「カンガルー抱き」というのもあるそうですが、見かけないですね。

前回のゴリラに話が戻りますが、
ゴリラと人間って、DNAでは、殆ど同じで、約2%しか違いがないそうです。
この2%というのはものすごく近いということをあらわしていますが、
サルとゴリラ、DNAではずっと離れているそうです。
よくわからないんだけど、そのようです。

前回お伝えしたように、
ママゴリラは1年間も赤ちゃんを抱いて育てる、ほんまもんの密着子育て。
それに比べると、人間のママたちは、赤ちゃんと離れます。
人間というのは、離れていようと、共に楽しみ、笑い合います。
人と人が共感する気持ちが、人間社会を成り立たせているのですね。

実は、これ、人間の特性なのです。
ゴリラは、群れていますが、
一緒に食べて、「美味しいね」と共感するとか、
おっぱいを飲む赤ちゃんゴリラを見て
「美味しい? 良かったねぇ」と、共感はしないそうです。
人間のママたちは、おっぱいをのませながら、
実に美味しそうに飲むわが子を、愛おしそうに見つめ、
充実感に浸りします。(落ち着いている時だけども・・・)
その様子を見る私達は「ええなぁ〜」と共感するわけです。
この人間だけが持つ共感能力、
子育てを地域で進める上で、大きな財産になっているのです。
よって、わたしはかつて地域福祉の講義で、これが大事!って話しました。

共感できる地域で、
ひとりひとりが、自分らしさを持ち、
その地域で、過ごし続けることが出来るということは、とても大事なこと。
そんな環境をつくるひとつに、
まずは、地域で共感する心を十二分に育てることが大事!
そんな気持ちを、地域で広めて行きたいですね。
人間の赤ちゃんが泣くこと、ゴリラの赤ちゃんが泣かないこと [2013年08月27日(Tue)]
もう1年近く前になる、秋のことでしたが、
1か月から6か月になる赤ちゃんが一人ずつお越しになる
(もちろんママと一緒)そんな講習会(BPプログラム)を実施しました。
「なりたてママ」の会です。

その時、そこでこんな言葉が・・・。
「昨日、買い物に行ったのだけど、急に大泣きし、
泣き止まなかったので、何も買わずに帰ってきてしまった」と。
すると、そこにいた、他のママ全員が、「わたしもある!」

赤ちゃんは泣くのが仕事だというのに、
まだ半年にも満たない赤ちゃんを持つママたち、
冷たい眼差しに耐えかね、何も買わないで帰るというわけです。
「こんな小さい子を連れて買い物に来るからだ」と言うような、
針で刺されるような視線がしんどかったのだと思います。
そういう思いをするのは、何故なのでしょう。

「ギャーギャー赤ん坊を泣かして・・・」という、
冷たい視線の奥には、「静かにさせんかい!」という気持ち。
でも、赤ちゃんは、泣くしか伝達の手段は無いし、泣くのが仕事。
泣くのはあたりまえなのです。


そこで思い起こすのが、
山際寿一さんの、ゴリラの赤ちゃんは泣かないという話。
ゴリラの赤ちゃんは、殆ど泣かないし、泣く必要がないそうです。
というのは・・・ゴリラって、あんなに大きいのに、
生まれる時は、人間の赤ちゃんより小さく2キロ以下で産まれるそうです。
人間の体格で比較すれば、保育器に入る程小さい赤ちゃんを産むわけです。
そんなひ弱な赤ちゃんなのですから、
ママゴリラは、一日中、抱き続けているわけです。
大体1年間、ママゴリラは、昼夜を問わず、
移動の際も、寝ている際も、食事の際も、抱き続けるのです。
しっかりと抱かれた赤ちゃんは、嫌な時も、体の動きで伝えることが出来、泣く必要がないようです。
こうして1年を過ごし、約3年はママゴリラのお乳を吸って育つそうです。

凄いなぁと思いますよね。
ただ、人間のわたしたち、
一年中、寝ても覚めても、だっこにおんぶとはいきません。
だから当然「離す」行為が始まります。
産後すぐから、それは始まります。
その行為の歴史というのか、長い長い期間を経て、
人間の赤ちゃんは、その大きな・けたたましい程の泣き声を
身を守る武器・あるいは宝物として獲得していったと思われます。
あの声を聴いて、知らん顔をすることはできないでしょ!

「人間の赤ちゃんは、母親以外のいろんな手によって育てられるように、
大声で泣くようにできている」と、講演会で話をされていました。
本当に、精密な機械のように感じる程です。
精密な機械よりも、もっと感受性に優れ、
相手(抱いている人間)を見透かしているのかなとさえ思う時があります。

例えば、抱いていて、そろそろ寝たかな・・・と、
そおっと体を動かしたり、お布団に移動。その途端に泣き出す・・・。
仕方ないので、また抱くと、すやすやとお眠りになる。
もう怖くて、布団に移せないって感じ。
実際に考えても、抱かれている状態から体形は変わるし、
布団は母の体温とは違って冷たいし、硬いし、泣くのは当然ですよね。

そんな時、誰しもが考えるのは、そのままの姿勢。
きっと、だっこひもの「スリング」や密着型のだっこひもやおんぶ紐、
そうして考えられたのでしょう。
身体がまるまって、親のぬくもりも感じます。
その上、親と一体感があるから、泣かない。
抱っこひもやおんぶ紐をつかっていると、両手があくし、
一体感があって、赤ちゃんは泣かない・・・そんな中で仕事が出来る。

ゴリラママのように、だっこばかりはできない人間には道具がある。
赤ちゃんのまわりにいる多くの人の手と、
優れた道具を使いましょうということかな。 
いよいよ、CANPANブログ デビューです。 [2013年08月27日(Tue)]
みなさん、初めまして。
子育ての文化研究所、いよいよ、動き出したのを機に、
HP・フェイスブック・ブログでお伝えすることになりました。
といっても、なかなか、きちんと伝えることは難しいです。
そこで、今わたしたちが考えていることを少しずつお伝えしていきます。

今回は、この会の意図をお伝えしましょう。
わたしたちは、子どもと子育てに関わっています。
子育て文化を考え、役立つ発信をする場として、
2012年4月17日、研究所を開設致しました。

子育てが「大変だ! 大変だ!」と皆が気づき始め、
現代社会においてのきわめて大きな問題と言われ、久しくなります。
子育て支援の施策も、随分多様でキメ細やかになったのですが、
それでも、乳幼児を持つ親にとっては大変さが増すばかりです。
それが端的に表れているのが、子どもへの虐待ですが、
件数の増加だけでなく、厳しい現実を見せつけるものばかりで、
大きな社会問題となっています。

しかし、虐待に及ぶ親は特別な人なのではないと、私たちは考えています。
以前より、子育ての環境が厳しいものになったことで、
どの親も危機に陥っている現実があります。
このような厳しい社会環境の中、
「子育て支援」はやっと注目されるようになりました。
子育て支援NPOや、
乳幼児を持つ親が運営する子育てサークル・子育て団体、
行政主導による子育て支援策、
特に「つどいのひろば」などの直接支援出来る場の設置など、
社会が子育てに目を向ける事を実感することも増えました。
子どもを育てるという行為に対し、
誰もが親として通るものとは言えども、
「産む・育てるは当たり前」と当然視するのではなく、
子育てを文化として継承されていない中では、
簡単な事ではないと、やっと受け止められるようになりました。
社会での注目度も増大しています。

現在、
社会で起きている子育てに関わる問題の背景として考える時、
その一因に「子育ての変容」が挙げられると思います。
江戸時代の時代劇を見ると、
意外な事に、父親が結構関わっています。
それは庶民の動きのなかで、ですが。
これは多くの家庭が「職」と「住」が
同一あるいは余り離れていなかった事にもよるのでしょう。
それにこじんまりした家、
何でも家の中は筒抜けだったからではないかと思うのです。
子どもが泣けば、父だって知らん顔できなかったでしょう。
また、ご近所の人のつながりの中で、
子どもたちは群れて育っていたことも、理由に挙げられるでしょう。
時代劇は、ツクリモノだからと言われそうですが…。
でも、考えれば思い当たることも多いですね。

もっと近いところで、この半世紀を振り返り、
祖父母と呼ばれる年齢の人達が育った頃と、現在を比較すると、
子どもを育てる事への意識の変化に目を見張るものがあります。
数十年前のこと、
たとえば、ミルクのことで言えば、
昭和30年頃(1955)から人工栄養にきりかえる風が流行り出し、
1970年前半には母乳栄養の比率が約30%となりました。
それに対し、そうはいっても母乳が大事!という声が大きくなり、
1975年以降復活し、今は7割が母乳育児だと言います。
・・・とはいうものの、ミルクの便利さからか、
部分的にミルクを使う人の割合が増えてきているとも言われています。

民俗学の専門家たちの間では、
1960年頃から、子育ての危機が叫ばれています。
社会に向け、親へ向けて、沢山の本が出版されました。
しかし、いわゆる育児書ではない専門書の類を、
ただでさえ子育てに大変で、時間の無い時期に読む母親はなく、
専門家が書き、専門家が読むだけの書物となってしまったようです。
ということで、
子育てに携わる親に研究者たちの警告は届きませんでした。

そうこうする間に、
日々、子育てに伴う文化(育児習慣)は変容を重ねます。
ある歌手が引退後の子育てで、抱っこひもを使用し、
そのカッコよさにあこがれ、皆が抱っこひもに走ったと言います。
実を言えば、私も「便利だ」と、第1子との通勤時にだっこひもを使用。
今から30年くらい前のことです。
今頃になって、そのこと自体が<流行に乗っていただけ>だと、
わかるのですが、こんな研究でもしない限り、気づきませんよね。

最近は、Facebookを介し、あるメーカーの抱っこひもが流行る
同じような現象がありました(というか、今もしぶとく継続中)
それがだっこに相応しいかどうかよりも、
「みんなが使っているもの」ということのほうが大きく影響し、
いつのまにか、このメーカーでのだっこが当たり前に。
そこから「おんぶって、どうしたらよいのですか?」から、
最近は「おんぶって、なんですか?」という声まで聞くようになりました。

現在の子育てのむずかしさ、その原因はどこにあるのでしょうか。
一つは「子育て」に関わる事柄の多様さから来てると思います。

子育てというのは、一人の人間を生まれた時から育て続けること。

人間に関わる全てのことの集大成です。
その情報量の多さに対し、伝えたいものズバリの本がないのです。
HOW TO的な子育ての仕方と言っても、
カタログ的な物の紹介、
遊びや文化のような伝承的なものから、心や体の成長まで、
それこそ、百科事典のように何もかも知らねば、出来ない!?

しかし、そんなことは到底できるものではないし、
これまで、人類はそんなに知識豊富な親が子育てをしてきたのではない筈。
となると、このことを、どのように捉えるか・・・と、考え始め、
かなりの年数が経ちます。
この研究所では、色々なことを整理し、簡単なカタチにし、
役立つ発信をしていこうと考えているところです。

研究所という場をご一緒に考える場としたいと考えております。
どうぞ、よろしくお願い致します。
 
代表 朱 まり子
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

子育ての文化研究所さんの画像
子育ての文化研究所
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kosodate-bunka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kosodate-bunka/index2_0.xml