CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「食の講座」第1回体験談(つづき) [2017年10月27日(Fri)]
さまざまに飛び交っている食の情報。
その時々の情報に、なんとなく左右されていませんか?

なんとなくではなく、しっかり調べて・考えて・納得して選びたい、との思いで開催した「作って・食べて・きいて・考える」食の講座。

体験談一人目は、自身の病気予防のために糖質制限を取り入れた方のお話。
二人目は、ご家族の療養食としてケトン食を取り入れている方のお話です。
(調理実習では、彼女が食事作りの参考にしていらっしゃる本の中から、3品選びました)
honketon.jpg

こちらの3品(白菜シュウマイ・小松菜の中華和え・豆腐ともやしのチャンプルー)で、560kcal。
201710145.jpg

ご家族が「がん」と診断され、厳しい抗がん剤治療をしなければならないとなった時「家族として患者を支えるためにできることの一つであるのが”食事”。食事で体調管理をし、しっかりと治療と向き合ってほしい」と考えた彼女は、いろいろな食事療法を取り入れました。

が、なにかしっくりとこない・・・そうしてたどり着いたのが「ケトン食」だったとのこと。
本やネット、時には足を使って可能な限り情報を集め、考え、納得して始めたとのことです。

とはいうものの、ケトン食は、糖質制限のなかでも最も厳しく糖質を制限します。
メニューを考える彼女も大変ですが、患者であるご家族、我慢や努力も必要だったようです。

そこで考えた秘策が「糖質解禁デー」。
解禁デーに、ご飯をおいしそうに、むさぼるように食べていたご家族の姿、今では笑い話の一つのようです。

今では「ケトン食、なかなかいいですよ」などと、時には人にも勧めているご家族の姿に、「どの口が言っているのか」とこぼしながらも、嬉しそうな彼女。これからも厳しすぎず・手を抜かず、絶妙の匙加減で、ケトン食を取り入れた食事療法を続けていかれることと思います。

そんな彼女が、この怒涛の年月を振り返って話します。

患者や家族には、治療のことなど決めなければならないことが一杯ある。
医療のこと以外にも、食事など、いろいろ「どうすればいいのだろうか」と悩むことも一杯。
病院とのつながりがある治療中ならまだしも、治療が一段落した時、相談できる場がない。
「食」についても、もっと身近に・気軽に相談できる場がほしい。

とのことでした。

・・・(事務局の独り言)・・・
かれこれ7〜8年前のこと、あるがん関連の講演会で、医師が「患者さんに食生活について聞かれることがあるけれど、医師は栄養の勉強をしていないので、わからないと答えるしかない」とおっしゃいました。妙に納得しましたが、患者としては一抹の寂しさを感じたことを思い出しました。
・・・(2009年乳がんと診断された事務局の、独り言でした)・・・

さて、作る・食べる・聴く、まで見てきた「食の講座」
残る「考える」は、次回へ続く。




Posted by 松尾 陽子 at 10:28
「食の講座」第1回、糖質制限体験談 [2017年10月26日(Thu)]
10月14日開催「まあるくなって学び合う〜わたし・からだ2017」食の講座第1回。
わいわい調理・楽しく試食の後は、体験談を聞く時間です。

最初は、病気予防のためにと「糖質制限」を始めた方のお話です。

☆女性、年齢は秘密(生まれてこの方半世紀ほど)
☆きっかけは「メタボ健診」
☆糖尿病予防として始めた「糖質制限」・・・その中身は
201710143.jpg

☆ごはん、麵、パンは、NG。
 やると決めたその日から、きっぱりやめた。結果、最初に表れたのが、体重変化。
☆調味料・かけ醤油としての”めんつゆ”も、NG。
 参加者からは、ざわめきが・・・
 「めんつゆ?!Σ(・□・;)、使わないの(*_*;」
 めんつゆ、いろいろな料理に使えますから・・・ね
☆甘いもの=糖質の塊なので、NG。
 ※たまに食べたいときは、低糖タイプ。または、普通のものをごく少量。
 ここで、低糖質のチョコレートを試食。
 参加者の声「あら、案外・・・でも、やはり、なんか、粉っぽい感じはするかな・・・」
☆ アルコールは、糖質ゼロを心置きなく
☆ 家族や友人との外食では、空気を壊さず、自分も楽しむスタンスで

糖質制限生活も1年を過ぎ、血液検査の結果も順調に推移しているとか。
が、課題も一つ。食事と共に大切なのが、運動とのこと。

でも、運動があまり好きではなく、やってみたり・やめたり・・だったらしいのですが、「絶対に長続きする運動」なる情報を手に入れたらしく、ただいま挑戦中とのことです。

また、一年後、報告お待ちしています(^^)/

次は、ご家族が、がんと診断された頃から、療養食としてケトン食メニューを作っている方のお話です(次回へ続く)

Posted by 松尾 陽子 at 11:16
10月14日「低糖食にチャレンジ」楽しく調理できました [2017年10月22日(Sun)]
「まあるくなって学び合う〜わたし・からだ2017」第一回「食の講座」
10月14日(土)10時〜14時 鎌取コミュニティ―センター、調理実習室にて開催しました。

参加者 8名、スタッフ3名

今話題の糖質制限・低糖食を作って、食べて、考える、食の講座です。
まずは、作る=調理実習から。
作るメニューは、厳しく糖質制限をするがん患者のために考えられた「ケトン食」
201710142.jpg

三品でカロリー560kcal。
ご飯なしで、味噌ラーメンと同じくらいのカロリーのメニュー。

食事といえば、ご飯が目の前にあるのが当たり前の食生活。
時には、麵+ご飯という炭水化物のダブル盛りも食べている。
それを、ご飯無しで食べる。ご飯はないけれど、カロリーも栄養もきちんと摂る食事の体験です。
201710141.jpg

普段の食事では、4〜6割は、主にお米で摂っている私達日本人。
ご飯がないと寂しい。
ご飯無しでは、物足りない。
お腹がいっぱいでも、何か、物足りない。

そんな気持ちになってしまいます。

・・・ということは、もしかしたら、日本人にとって「白飯」は、別腹なのかもしれませんね。

食事が終わった後は、病気予防のための糖質制限食をしている方とご家族のために療養食としてケトン食を取り入れている方の体験談です(続く)
続きを読む...
Posted by 松尾 陽子 at 09:40
「糖質制限、低糖食」作って、食べて、考えよう。参加者募集中 [2017年10月06日(Fri)]
10月14日開催の食の講座は
いろいろな情報が飛び交う中、自分で考える事を大切にしたいとの思いで開催します。

1回低糖食チラシ.jpg

自分で考えるためには、自分で体験することが大切。
「百聞は一見にしかず」ならぬ「百聞は、一食にしかず」。
というわけで、まずは、低糖食メニューの調理実習。

そこで、私たちが大切にしていることが、もう一つ。
それは「調味料」。

例えば、お醤油。スーパーの棚には、ピンからキリまで。材料も、遺伝子組み換えでない・丸大豆・国産大豆・有機栽培・・・。

迷い出したらきりがないですね。
私がお醤油の味にこだわるようになったのは、ここ5〜6年のことです。
初めの頃は、ただただその味の違いにびっくり。しばらくすると、それぞれにある奥深い味に気づき、今では、何種類か自分好みのお醤油ができました。
値段は、そこそこしますが、その分、丁寧に使うようになったと感じています。

こうした経験から、私は、調味料を大切にすること=食を大切にすることではないかと考えています。

この講座が、そのようなきっかけになればとの思いも込めて
食の講座「低糖食にチャレンジ」では、調味料にもこだわっています!

ただいま、参加者募集中です。
お申込みは

Posted by 松尾 陽子 at 10:42
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ささえあい、ともに生きる☆金平糖さんの画像
https://blog.canpan.info/konpeito/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/konpeito/index2_0.xml