CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
遅ればせながら…の「仕事はじめ」 [2017年01月07日(Sat)]
穏やかな七日正月の朝、金平糖の仕事はじめは、アロマボランティアの方たちへのメールでした。

いよいよ、金平糖も2017年が始まります。

さて、「一年の計は元旦にあり」と言いますが、金平糖の今年の目標は、何にしようかと、考えあぐねていました。が、先日、ガツンとやられ、これだ!と思ったことがあります。

ガツンとやられたのは、事務局のブログで紹介した記事中の「お願いするだけのやり方は、社会にどんな問題があり、どんな課題があるのかを見えにくくしてしまう」という一文。

金平糖も「こんな活動をしているからご協力ください」・・・の一点張りだった、ガツンとやられたのです。

そうではなく、「活動の根本」を説明すべきなのだと、思ったのです。

それは、私たちが感じている「問題と課題」や「目指す社会」。そしてその社会が、「一人ひとりにもたらすもの」といったことを明確に提示すること、が欠けていたのではないかと思ったのです。

難しいけれど、「せねばならぬ」「なさねばならぬ」事なのです。
Posted by 松尾 陽子 at 17:24
今年最後の活動でした〜金平糖ニュース [2017年01月07日(Sat)]
12月27日、金平糖ニュースふゆ号 印刷・発送しました。

スタッフ3名+お手伝い1名、合計4名のにぎやかな発送作業でした(^-^)


今年もいろいろありました。
発送作業をしながら、そんなこと・あんなこと、おしゃべりするのも楽しいひと時です。

来年も、ああでもない・こうでもないと語り合いながら、楽しく活動できることを願いつつ、発送作業を終えました。

みなさま、良いお年をお迎えください<(_ _)>金平糖漫画M.jpg
Posted by 松尾 陽子 at 17:22
タオル帽子のご寄付 [2017年01月07日(Sat)]
タオル帽子講習会に参加して下さった方から、タオル帽子10枚が届きました。

お家に帰ってから、80歳代のお母様に作り方をお教えしたら、いつの間にか10枚も縫いためてくださっていたとのことです。

私たちは「一人ひとりの体験や経験は、大切な社会資源」という考えのもと、病や高齢になっても、それぞれの社会参加の仕方があると思い活動しています。
裁縫がお得意だったお母様が、お家でコツコツと縫ってくださった・・それこそが、私たちの思う社会参加の形です。

タオル帽子寄付2016.12.22.jpg

ありがとうございました<(_ _)>

千葉県がんセンター等、タオル帽子を必要とされている患者の方へお届けします。

こうして届くタオル帽子のご寄付・・・私達にとっても、心温まるものです。
Posted by 松尾 陽子 at 17:15
タオル帽子等のケアグッズを届けてきました [2017年01月07日(Sat)]
12月14日 千葉県がんセンターにケアグッズをお届けしました。

タオル帽子 60枚

ジャージ帽 8枚

アイスノンカバー 7枚

尿バックカバー 6枚

ボランティアの皆様と一緒に作ったケアグッズです。

試作を重ねみんなで作ったケアグッズ。少しでもお役に立てば・・・との気持ちが込められています。少しでも役立つものを作るためには、それを使う方との対話も大切です。

お届けした時、いろいろなお話を聞くことができました。そして、私たちからも、日頃「こうであったらいいな〜」と思っていることも伝えることができました。

この時きいた、もうちょっとの工夫や新たなニーズがあることをボランティアのみなさんと共有して、病院やボランティアさんとの対話を続けていきたいなと思いました。

そして、もう一つ。患者さんやご家族との対話を作ることができればなと考えています。
今、多くの病院内にスターバックスやタリーズなどの施設が入っています。そうしたスペースがあるだけで、実際にコーヒーを飲まなくても、何か、ほっとするから不思議です。

私たちも、おしゃべりやケアグッズ作りで「ほっとできる空間」を作りたいなと考えています。

・・・とここまで書いて、ふと思い出したのが「倉敷中央病院」

義母のお見舞いに行った時、びっくりです。エレベーターの近くに何気なく置いてある椅子も素敵だし、カフェやお庭も素敵。義妹によると、病院内で売っているスィーツもなかなかのもの・・・とのことでしたよカップ
Posted by 松尾 陽子 at 17:13
12月の高齢者施設での裁縫ボランティア [2017年01月07日(Sat)]
12月8日 利用者さまの参加 10名(初参加1名)、ボランティア6名

毎回、作業内容のプリントに、話題づくりのために載せている「今日は、何の日」

12月8日は「真珠湾攻撃の日(1941年)」そして「ジョンレノンが死亡した日(1980年)」です。

日本が戦争へと突入した日であり、ベトナム戦争の最中のアメリカで平和を訴え続けたジョンレノンの死・・・なんか、感慨深いな~と思いながらその日の話題にしました。

利用者さまからは「戦争」や「ピストルで撃たれたのよね」といった声があがりました。

ふと、若い介護職員さんが、プリントのジョンレノンの画像と平和のメッセージをじ〜っと見つめる視線に気づきました。ジョンレノンについてたずねると「なんか聞いたことがある・・」くらいとのこと。

戦争を体験されたであろう利用者さま、戦後生まれの利用者さまとボランティア、そして、若い介護職員さん、それぞれの胸に「平和」という文字が浮かんだのではないかな。

そうだったら、なんか、いいな〜(ま、私の勝手な空想ですが( ^^) _U~~)と思った、この日の一コマでした。
Posted by 松尾 陽子 at 17:12
11月の高齢者施設でのアロマボランティア [2017年01月07日(Sat)]
11月18日 午後1時半〜午後3時 利用者さま12名にトリートメントを行いました。

痺れがとれた、など利用者さまには、とても喜んでいただいているようですが、ボランティア2名で、12名の皆様へのトリートメント、ちょっと人数が多いかな? 

ゆったりとした雰囲気を味わってもらうためにも、人数調整等について施設と考えていかなければならないこともあります。

互いに遠慮せず話し合える関係が、持続可能なボランティアにすることにつながると思います。

施設と金平糖ともそうですが、金平糖のボランティアさんたち同士の関係性も大切。

年に一度くらいみんなで集まって、顔の見える関係づくりも大切かなと考えています。
Posted by 松尾 陽子 at 17:11
クリスマス・チャリティイベント開催しました [2017年01月07日(Sat)]
パステルで作るクリスマスカード。

講師は、アートセラピストの青坂七重さん。

当日の様子を、動画にまとめてみました(^◇^)

Posted by 松尾 陽子 at 17:03
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ささえあい、ともに生きる☆金平糖さんの画像
https://blog.canpan.info/konpeito/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/konpeito/index2_0.xml