CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

古今東西こんちゃん亭



社会福祉協議会で仕事している社会福祉士です★

これまでに、生活困窮状態の方の個別相談や支援、
NPO ・ボランティア活動等への組織・地域支援、
中学校の生徒支援員等をやってきました。
団体支援と個別支援の両方の側面からのアプローチで
本質的な支援を目指します。(^_^)/

『社会的排除』しない、させない社会づくりを目指しています*

趣味は、吹奏楽鑑賞♪
吹奏楽コンクール(県大会、中国大会、全国大会)の
演奏を聴きに行ったり、3000人の吹奏楽(京セラドーム)を
見に行ったりしました♪
高校生の演奏が好きです。
一生懸命さや必死さ一音一音に賭ける思いが伝わってくる演奏に
毎度感動していますハート(トランプ)。・゚♡゚・。ハート(トランプ)。・゚♡゚・。ハート(トランプ)

あとは倉敷のまち★ひとが好き★

災害ボランティア(広島、熊本)にも参加しました。
地元の方やボランティア仲間との関わりが
嬉しかったです。

仕事や想いなど自分自身のことなど思いついたまま綴っています★

何か感じ取っていただけるものがありましたら幸いです☆.。.:*・


よろしくお願いします♡


PTAの引き継ぎ★ [2008年03月25日(Tue)]
この2年間、子どもの小学校のPTA役員をさせていただきました。
執行部。いわゆる三役というやつで、
昨年度は、副会長補佐という役割で「監事」という役職、
今年度は、副会長でした。

昨日、新執行部メンバーを含めて、引き継ぎを行いました。
といっても、4月の総会までは任期中なので、
何かと業務はあったりします。

私が、引き継ぎで伝えたかったことは、
PTAの意義・役割
執行部の役割
ということでした。

PTAの意義・役割については
私のブログにも来てくれている
片山みかさんからお借りした冊子

「開かれた学校づくり研究会2002
地域と共に育つ子どもの育成−地域ぐるみの教育の推進−」

の中にある「手探りのPTA」というページをコピーして
みんなに渡しました。

この冊子は、福武教育振興財団教育研究所の助成を受けて
作成された、記念誌(研究誌)で、
岡山市で小学校の新設校を開校させていく際に
「開かれた学校づくり」をコンセプトとして
地域が関わり、合意をえながら「学校づくり」を実践していった
プロセスやエッセンスが書かれています。

「手探りのPTA」の中に書かれていた
「先生もPTAの一員である」ということや
「マンネリになりがちなPTA行事の目的を考える」
なんていうところを、説明して参考にして欲しい旨伝えました。
意図がどこまで伝わったかは不明ですが。

あと、「執行部とは」の部分においては
以下のような文書にまとめてみました。

【執行部とは、会長・副会長・監事で構成

育友会の全体の総括・とりまとめ・しきり
事業展開に於いての全体像の見通しを立てる、流れや動きの把握 

各部・各学級委員と連携し、育友会事業を行う
役割分担を行い、責任の所在を明確にする(どこまで誰の責任で執り行うか)

対外的な役割・・地域との協力・連携、教職員の先生方との協力・連携、
当て職として役割があります。

例:会長・・南中学校区青少年を育てる会への出席・南中学校学校評議委員
大高小学校学校評議委員・市PTA連合会西ブロック役員会への出席など

副会長・監事・・母親委員・人権学習推進委員など

育友会事業においての全体総括・流れや道筋をつくる(その作り方も考える)
スケジュール管理と調整

引っ張る役割とフォローする役割=連絡や調整・とりまとめ

役員のお世話係ではない、役員さんが活動していく際に
ものごとを進めやすいように環境整備・調整をする

PTAの行事は毎年同じ事業が同じ様に繰り返される傾向がありますが、
ことがらにとらわれず、目的をしっかり認識し、方法論や流れを検討していってください。
行っている意味や意図が伝わるように
何のために、誰のためにやっているのかを考えながらものごとを進める

ある程度の最終決定権を持つので、それを行使するときは
その権限行為に対して責任を持つこと(発言したことがちぐはぐでない、
以前の発言と異なるなどということがないように説明責任を取ること)

執行部の決定が各部・学年の長・副・一役員・一会員に対して
どのように影響するのかを考えた上で決定する。
個人的な意思でなく育友会としてどうなのかという視点でものごとを考える。

執行部役員であるために、まわりは個人として見ず、
執行部役員として見られる場合があるという自覚を持つ】




今までに、「執行部とは」というようなことを申し送った副会長は皆無だと思います。
執行部の役割も不明確で、
役員のお世話係に成り下がるか
役員より「上」という意識を持って「下」を動かすことに重きを置くか
その動かし方も、個人の好みとか感覚に於いて行われていて
周りが振り回されるとか
「組織活動」になりえていない実態があったように思います。

執行部というのも1つの役割であって、役割が異なるだけのこと。
他の部と同様、同等の関係です。
同じ保護者であるという立場でものごとを考え
進めていく必要があると思っています。

どこまで伝わったかは、分かりませんし、
実践でどのようになっていくかは
わかりません。

それこそ「手探り」なのですから。

けれど、私が、そのような申し送りができたこと自体に
私は意義を見いだしています。

これは伝えたいし、分かって欲しい。
伝えよう、手渡しておこうと思えるだけの活動が、
自分自身である程度できたと思えていることと、
この仲間だから伝えておこうという関係性も
できていたからということもいえると思います。

私自身がPTAに関わってきた役割は、そういうところにあったのだろうと思います。


PTA活動を進める中で
疑問はいっぱいありました。
「なんで、今までと同じじゃなきゃ行けないの?」
同じことを同じようにやってOKというような風潮。
意義目的が見えない活動・・・。
「もっと現場の役員さんに任せたらいいんじゃないの?」
執行部の思うようにしてもらわないといけない、と思うのはなぜなんだ?
予算消化事業は見直したらいいのに〜〜。

役員さんもわからないことだらけだけど
執行部役員だってわからないことだらけだ。
だっだら、一緒に考えたらいいんじゃないの?
執行部が答えを出さなくてもいいんだよ、案はもっておけばいいけど。

PTA役員と共に創り上げるPTA、そこに役員でない保護者も関わったらいい。
みんなで創っていくっていう意識付けからだ。
そういう全体像を持たなきゃ、執行部は★

次の新副会長は、やるべきことの役割分担の線引きもできそうだし
ものごとの進め方もある程度分かってくれている様子。

この1年で、経験と共に感覚を磨いて新副会長として育ってくれていることに感謝☆
頑張れ、新執行部!!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
片山みか様。
書き込みありがとうございます。
地区代表(常任さん)のことについての
問い合わせありがとうございます。
ここでお伝えするのは、
難しいと思われますので、
後日また連絡を入れさせていただきますね★
そのときにはまたよろしくお願いします〜☆
Posted by:こんちゃん★  at 2008年04月10日(Thu) 23:47
こんばんは 
ありがとうございます。
とてもよくわかります。
あまり焦らず、この一年、
じっくり、丁寧に取り組んでいきたいと思っています。

そこで、1つ教えて欲しいことがあります、

今日は地区代表(常任さんをこう呼ぶことになりました)の仕事内容の確認作業を地区代表の方と副会長3名で実施しました。
その話し合いの記録を以下にまとめてみました。
常任さんの仕事内容をきちんと把握できているかどうか
自身がありませんので、適切に理解しているかどうか、
ご確認下さるととても助かります。

地区代表の位置づけ、役割、具体的な任務について
【確定事項】
○地区会員及び、地区児童の把握
(転出・転入児童と会員の掌握)
○地区内の地区役員の連絡・調整窓口となり、
 地区会員のとりまとめ役になる
○PTA活動に取り組む中で、地区内で、意見調整や協議したほうがいい案件が発生した際、地区役員で協議・相談し、地区 別懇談会等を開催する。
○PTA会員名簿の作成や管理に関して、地区会員の声に耳を傾け、必要に応じて連絡網の作成や配布などに当たる。
○地区代表委員会へ出席する責任と開催を提案する権利を有する。
○地区代表引き継ぎファイルへの記録 
記録すべき事項は主に以下の4項目
@地区会員名簿作成・管理 
A地区代表委員会の協議内容の記録 
B地区別懇談会の記録
(記録する際は いつ(日時)、どこで(場所)、誰が(出席者)どのような会合で、何が確認され、確定され、提案や問題提起されたかがわかるように記録する)

【提案事項】
○旗番表の作成については全地区役員参加で協議し、地区の交通部役員と協力して作成にあたるような方法に変更したほうがいいのでは?
○会員が転出・転入する際には地区代表に連絡が入るよう、周知徹底して欲しい。
※会員名簿の内容や取扱に関しては、慎重にすべき地域があることを留意する必要あり。


Posted by:片山みか  at 2008年04月08日(Tue) 23:24
片山みかさま☆

コメントありがとうございます★

いよいよ新設校が開校されましたね。
おめでとうございます★

校長先生も決まり
慌ただしさも倍増ですね★

でも、これからいよいよ具体的に現実的な動きが怒濤のように始まるのだと思います。
既に始まっていると思うのですが。

試行錯誤しながら、よりよいカタチになることを
祈念しています。

さて、執行部の役割ですが、考え方や方法論は
いろいろだと思います。

現場に執行権、そうですよね。
その方が動きやすさもあると思います。


全体把握のためや調整のために必要な情報を得るために
執行部という役割がある、という認識ですね、こちらは。

どうしてかというと

役員さんも単年度で変わるため、
判断基準は、例年通り前例に従って
ということだったり
その人個人の感覚や経験や好みによる判断だったり
することもあります。

そこらあたりを客観的にみて
調整することが必要だ、という考えから
そうなっていると思います。

役割的にはそうでも
それができているかどうかは
別ですけどね★

単年度で役員が交替するということで
年度を越えて
繋いでいく役割が執行部にはあります。

組織のしくみが異なると
方法論も異なると思います。


やりながらですし
双方のやり方を検討し
よりよい方法を見いだしてくださいね★

ご健闘をお祈りします。
Posted by:こんちゃん☆  at 2008年04月06日(Sun) 21:57
いつもお世話になっています。
ありがとうございます。
参考に、うちの三役の役割をまとめてみました。
こちらは、執行権は、各部にあり、
調整役と説明責任を負う小さな政府にしています。
その点が、違うなあ・・・・・
と読ませていただきました。

私が勝手に認識してる部分もあるのですが・・・・・

三役の役割

@PTA組織のパイプ役・執行権の説明責任を負う。
○構成組織である各部の活動目的・活動方針・事業計画(案)を各部から提出してもらい、集約して役員会で協議し、総会に図る。
○役員会、総会で協議し、承認された活動計画を各部が執行する後方支援役。
○事業遂行の調整や進捗状況をチェックする企画役員会(実行委員会)を招集し開催する。 
○決定された事業計画案に基づき、役割と責任の所在を明確化する(どこまで誰の責任で執行するか)
A対外的な役割 地域との連携、先生方との協力・連携
★地域コミュニティの構成員として地域の公益活動組織での役がある。
構成員となる組織 多数
○青少年を育てる会へ出席(会長)
○市PTA連合会役員会への出席(会長)etc.・・・
○母親委員(副会長・監事)etc.・・・
B全体として、誰が、いつ、何のため、何に、どう取り組むか、案がどう出され、どんな手順で決定されるかの道筋・流れとそのための機会を作る。
(事業の目的とその決定のプロセスも含めて考え、提案する)
○スケジュール管理と調整 全体を俯瞰し、フォローする役割○役員・会員のお世話係でなく、児童・PTA会員・組織・地域が健全に成長できる環境を整える

★PTA活動は事業の遂行そのものが目的化してしまう傾向におちいりやすいが、何のため、誰のための事業か、目的を明確にし、方法論や流れを共有し、確認しつつ、検討し、活動を進める手順を作っていくことが大切だと考えます。そのためには、事業実施の意味や意図が、役員・会員に周知され、誰が、いつ、どこで、何の(誰の)ため、何を、どんな手順で進めるか
(5W1H)を明確にして伝える必要があります。

役員会・総会で決定、承認されたことは、執行権が認められると同時に、執行責任を負います。不足の事態や不具合、計画の変更、見直し、修正、再協議などの必要性が生じた際は速やかに、関係役員、会員に連絡し、協議したうえで、その旨を役員会、会員へ報告・説明し、了解されることが不可欠。


Posted by:片山みか  at 2008年04月04日(Fri) 15:08
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
検索
検索語句
最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
プロフィール

こんちゃんさんの画像
こんちゃん
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/konchansblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/konchansblog/index2_0.xml