CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
社会福祉法人博愛会 コムニの里
 私たち社会福祉法人博愛会は、平成20年3月に設立された法人です。
 北海道十勝地方で地域に密着した活動を展開し、現在、更別村、帯広市、幕別町に4つの拠点を構えています。
 →法人ホームページはこちらへどうぞ!
« コムニの里まくべつ | Main | 法人本部 »
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
みどりヶ丘栄養課より  秋の和御膳と鮭フライ定食[2020年11月02日(Mon)]

続いて、10月9日には「秋の和御膳」として
・カラフルじゃが芋と小豆のご飯
・福袋煮
・肉味噌ふろふき大根
・柿と蕪の和え物
・めかぶ蕎麦汁
・さつま芋モンブラン をご提供させて頂きました。

秋御膳.JPG

ご飯には十勝産のシャドークイーン(紫)、ノーザンルビー(赤)、インカのめざめ(黄)、インカのひとみ(黄)を使用しています。じゃが芋の甘みも感じられるご飯になったのではないかと思いますぴかぴか(新しい)
さつま芋モンブランはお菓子作りも得意な調理師が、下に敷いたスポンジケーキから手作りをしました。
また、砂糖の量もやや抑えて食べやすくなるようにしています♪

巾着 調理.JPG

上の写真の福袋煮は、卵と具をせっせと詰めて作ってくれたので
愛情を込めて作った甲斐があり、皆さん美味しいといって食べてくれていました♪


10月15日には「料理長が作るフライ定食」を実施しました。
鮭フライとえびフライの盛り合わせです。
フライも料理長が作るとカリッと揚がって美味しく出来上がります!

鮭フライ.JPG

デザートにはミルクわらびもちを付けて、
ご飯は梅しそでさっぱりと食べられるようにしましたかわいい

十勝の美味しい食材が沢山あるので、食欲の秋を皆さんに楽しんで頂けるお食事をご提供できるように頑張っていきます!
みどりヶ丘栄養課より  敬老の日と収穫祭part2[2020年11月02日(Mon)]

続いて、9月21日の敬老の日には皆さんが好きなばらチラシや天ぷら、手作り水羊羹などをご提供させて頂きました。
敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」ですね。
お食事でも感謝の気持ちを込めてお祝いさせて頂きました。
お皿はおめでたい富士山ですぴかぴか(新しい)

敬老の日.JPG

皆様には、お食事をしっかりと食べて頂いて、これからもお元気で過ごしていただけたらと思います!


9月30日には「十勝収穫祭part2」を実施しました。
・たまご巻き
・鮭と山わさびのおにぎり
・芋と小豆のコロッケ
・黒米入りチョップドサラダ
・バターナッツの茶碗蒸し
・とかちマッシュの澄まし汁
・裏の畑で育てた赤紫蘇のヨーグルトケーキ  です。

収穫祭A.JPG

昨年もご提供して好評だった赤紫蘇のヨーグルトケーキは、赤紫蘇をジュレとしても使用しました。
とてもすくすくと育った赤紫蘇をメインになるように考えたデザートですかわいい
バターナッツは直売所で購入した十勝産のものです。

今年も裏の畑で採れたものや直売所などを利用して地物野菜を使ってお食事をご提供することができました。
今は裏の畑でまだぎりぎり採れる紫蘇や、紫蘇の実を活用していきたいと思います。

みどりヶ丘 栄養課より 料理長佐藤の和食と収穫祭part1[2020年11月02日(Mon)]

続いて、8月19日は「料理長 佐藤の和食」です。
そば雑穀ご飯、かみこみ豚のとんかつ、茶碗蒸し、夏野菜のさっぱり和え、すだちそうめん汁、抹茶とほうじ茶ミルクのあんみつですかわいい

佐藤の和食 訂正.JPG

そば雑穀ご飯には北海道産の発芽玄米、韃靼そば、そば米がブレンドされた雑穀を炊き込んでいます。
そばのとてもいい香りのするおいしい雑穀米で、とてもお勧めです!
かみこみ豚はとても脂ののっているお肉で、中はやわらかく外はカリッとして脂の旨味も味わえます。さっぱりと食べられるように薬味に梅しそも添えました。(ここにも地味に裏の畑のズッキーニを添えています笑)


9月4日には「十勝収穫祭part1」として、
十勝産のビーツやじゃがいも、とうもろこしやラーメン、牛乳、畑のズッキーニと紫蘇などを使ってメニューを作りましたかわいい

収穫祭@.JPG

・ビーツ赤飯
・天ぷら(とうもろこし、ズッキーニ、鶏肉と紫蘇)
・北海道サラダ麺を使用したジュレサラダ
・粉ふき芋
・夏野菜のみそ汁
・塩ミルクプリン  です。

調理.JPG

バラけてしまうとうもろこしの天ぷらは料理長が一つ一つ丁寧に揚げてくれました。

地元で採れた食材を様々な調理法で皆様に楽しんで頂けたらと思い、日々ご提供しています。
食材の宝庫、十勝の恵みを感じて頂けたらと思います。
みどりヶ丘 栄養課より  七夕ととうもろこしご飯[2020年11月02日(Mon)]

気が付けば早11月。
朝晩と冷え込むようになりました。
しっかりと食べて、体調管理をして、ウイルスに負けないようにしていきたいですね。
前回のブログから日にちが経ってしまったので、溜まっていた8月からの行事食を一気にご紹介していきたいと思います。

北海道の七夕は、8月7日なのでこの日に
七夕そうめん、夏野菜の揚げ浸し、とうもろこしの味噌チーズ焼き、天の川水まんじゅうをご提供させていただきました。

七夕.JPG

揚げ浸しには、畑で採れたズッキーニも入っています!
今年は、ズッキーニの成長も良く沢山の料理に使うことが出来ましたぴかぴか(新しい)
また、とうもろこしはとても甘くて皆さん喜んでくれていました。
七夕そうめんは、
「七夕の時期にとれる小麦の収穫に感謝する」、
「そうめんの流れが天の川に似ている」、
「織姫がつむぐ糸と麺が似ている」といったことなどからきているそうです。
 平安の頃の星祭では織女のために五色の糸などが備えられており、その五色の糸を表したものが「五色の具」で、そうめんに添えられて七夕そうめんとなるそうです。
行事で食べられるお食事には色々な意味が込められていることを知って食べると
より感慨深いものになりますねぴかぴか(新しい)

8月14日には、旬のとうもろこしを土鍋で炊き込みご飯にしました。
ここでも、裏の畑で採れたズッキーニを沢山使って冷製あんかけにしています!
デザートにはよもぎと小豆のパウンドケーキを付けています。

とうもろこしご飯.JPG

とうもろこしはとても甘くて、土鍋で炊いたことにより、一層甘みが増してくれたのではないかと思いますかわいい
今年も旬にしか味わえないとうもろこしを行事食の至るところに「またか!」という位入れてみましたので、続く行事食の内容もご覧ください♪

みどりケ丘栄養課より お刺身の日と夏野菜カレー[2020年08月12日(Wed)]

サ高住のお食事では毎月1回はお刺身の日を設けています。
7月は土用丑の日ということで、うざくとう巻きを盛り合わせましたぴかぴか(新しい)
うなぎが苦手な方も何人かいらっしゃるため、ひつまぶしなどのメインとしてではなく、少量の盛り合わせという形にしました。

刺身・うなぎ.JPG

料理長が焼いたう巻きはふんわりとしていてとても美味しい1品です♪



7月29日には「夏野菜カレーとデザートプレート」をご提供させていただきました。
カレーのトッピングにはえび、帆立、なす、畑で採ったズッキーニとイタリアンパセリをのせています。
他にはチョップドサラダ、コーヒーとミルクのゼリー、クッキー、メロンです。

夏野菜カレー.JPG

カレーは、えびのだしを効かせていて一味違いますぴかぴか(新しい)
また、チョップドサラダに添えたとうもろこしはとても甘くて美味しかったです!

馴染みのあるカレーライスも、トッピングやデザートとの組み合わせでちょっとした特別感を味わって頂けたら嬉しいです。次回の行事食もお楽しみに♪
みどりケ丘栄養課より 半夏生の日とお酢を使った洋食[2020年08月12日(Wed)]

7月2日は「半夏生の日」のメニューでご提供させて頂きました。
北海道では馴染みのない風習ですが、
歳時記を見ながら 各地域でこの日に食べる習慣のある 蛸、鯖の塩焼き、うどん、半夏生餅をメニューに入れてみました。
蛸ご飯、鯖の塩焼き、蛸の冷やしおでん、胡瓜の酢の物、冷やし柚子うどん、半夏生餅ですかわいい
蛸ご飯は調理師さんが工夫して炊いてくれたので、とても旨味の詰まったご飯になり、とても好評でした!!

半夏生 トリミング.JPG

半夏生:夏至の最後の1/3の期間(7月2日から7月7日頃までの5日間)で、この時期に生える毒草「烏柄杓」の別称が「半夏」のため、そう呼ばれるようになったと言われ、半夏生の期間は「天から毒が降り、地から毒草が生える」といった少し怖い言い伝えがあったため、農家では半夏生に入るまでに田植えを終わらせるという習慣があったそうです。


7月15日には「お酢を使った洋食」をご提供させていただきました。
レモン汁を使った洋風押し寿司、鯖のソテー ラビゴットソース、おからと南瓜のサラダ、さつま芋のバルサミコきんぴら、オレンジとミルクのゼリーですかわいい

酢の洋食.JPG

全部が完全な洋食ではなく、押し寿司があることで、皆様に食べやすい状態で召し上がって頂けたのではないかと思います。
お米の量もいつもよりも多かったのですが、ほとんどの方が完食されていました!
ゼリーは斜めの層になるように固めたのですが、斜めの角度を維持するのに悪戦苦闘したデザートです。

裏の畑で丹精込めて育てたズッキーニは南瓜サラダの下のアクセントに、紫蘇は押し寿司に、ミントはゼリー、イタリアンパセリは盛り合わせのプレートの色味に使いました!

野菜.JPG

少しではありますが、裏の畑のものもご提供していけたらと思います♪
みどりケ丘栄養課より 佐藤の中華と嘉祥の日[2020年08月12日(Wed)]
コロナ禍で大変な年なのに、今年も大雨が降ったり、日照不足など自然の変化が年々感じられますね・・・

当施設でのお食事ではその時々に手に入る季節季節のものを楽しんで頂き、
プラスチックやアルミなどの使い捨てのものは使用しないということをモットーにお食事を考えております。
ごみを減らす。
凄く微力なことではありますが、続けていけたらと思います。

ここから6月からの行事食の内容を一部ご紹介します。
皆様に人気の料理長佐藤が作る中華ですかわいい
今回はあんかけカニチャーハン、プリプリのエビチリ、回鍋肉、中華クラゲの和え物、芝麻布丁(チーマープリン):胡麻プリンです。

中華お膳.JPG

エビチリは剥いた殻も“だし”として使用しているので、厨房中にえびの香ばしい香りが漂っていました!
メインのあんかけカニチャーハンはあんが絡むことで食べやすく、何杯でも食べられそうな美味しさですぴかぴか(新しい)


6月16日には「嘉祥の日」の行事食を行いました。
中々、知らない日本の行事。
歳時記を読みながら、作れるメニューを模索しています。

「嘉祥の日」とは、厄除け・招福を願って菓子を食べる風習だそうで、昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」に制定したそうです。
水羊羹やおはぎ、桜餅は普段から行事時に手作りをしていますが
今回は6月なので紫陽花寒天と水無月を作りました!

嘉祥の日.JPG

お菓子作りが得意な調理師さんに作ってもらったのですが、
皆さん「お店で買ってきたの??とても美味しい!」とおっしゃってくれました♪
紫陽花寒天は写真では分かりにくいですが、赤系・青系・紫の各濃淡のものを作ってもらい、
6種程の色のものを白あんに付けています。
和菓子に合わせて桜えびの土鍋ご飯や千草焼、高野の煮物などの和食メニューです。

和菓子専用の道具もなく、知識も乏しいですが、出来る範囲で皆様に喜んで頂けるものが作れたのではないかと思います!
みどりケ丘栄養課より 新型コロナで自粛が続く中も、行事食は継続ですC[2020年05月25日(Mon)]

4月6日には毎年恒例のふきのとうの天ぷらをご提供させて頂きました。

毎年、どのタイミングで採るのがいいか、1週間ごとに慣れ親しんだ土地で確認をしています。
今年は思ったよりも雪が残っていたのですが、気温が急に温かくなったので1週間経つとどんどん成長して花が咲いてしまい、サ高住の皆さん分を採るのに苦労しましたあせあせ(飛び散る汗)

ふきのとうA.jpg

ふきのとうが生えてくるよりもちょっとだけ早く花を咲かせる福寿草も春を感じさせてくれる可愛らしい花ですよね♪

ふきのとう結合.jpg

ふきのとうは採ってきたその日に料理長に天ぷらにしてもらいました!
このほろ苦い味と香りが何とも言えない嬉しさを運んでくれます。

ふきのとう結合B.jpg

入居者様も今年の初物だぴかぴか(新しい)
ととても喜んでくれて、採ってきた甲斐があります。
自然の恵みに感謝をしながら
今年も季節季節のものをお食事からも楽しんでいって頂けたらと思います。

みどりケ丘栄養課より 新型コロナで自粛が続く中も、行事食は継続ですB[2020年05月25日(Mon)]

続いて行った行事食は子供の日の大人様プレートです♪
たまには可愛らしいお食事をと思い、手作りをしましたぴかぴか(新しい)

子供の日.JPG

デザートは手作りの水ようかんと三色蒸しパンです。
厨房内では鯉のぼりの形を作るのに慌ただしい感じでしたが、ワイワイとしながら楽しんで作りました!


最近ご提供させて頂いたのが彩り御膳の行事食です♪
大豆そぼろとたまごの押し寿司は、黒米の層と椎茸やかんぴょうを入れた層の2層にしました。
他には五目和え、茶碗蒸し、うどの天ぷら、ミルクわらびもちの黒蜜かけです。

彩り御膳 ブログ.JPG

押し寿司も結構なボリュームがあったのですが、皆さん綺麗に食べきってくれていました。
また、この日の注目は何と言っても、夜警さんが皆さんに♡と採ってきてくれた採れたてうどの天ぷらです♪
山ウドは香も強く、これを食べると北海道の春を感じられますね。
皆さん、とても美味しかった、また食べたいと採ってきてくれた夜警さんに感謝されていましたぴかぴか(新しい)

こんな時だからこそ、四季を感じられる山菜を食べると幸せが倍増ですね!


みどりケ丘栄養課より 新型コロナで自粛が続く中も、行事食は継続ですA[2020年05月25日(Mon)]

続いて行った行事食はスープカレーとデザートプレートです♪
ご飯にはにんじんラペを添え、ドライフルーツのケーキ、ダルゴナコーヒ―、清見オレンジを盛り合わせましたかわいい

お膳.JPG

ダルゴナコーヒ―は外出自粛でお家で作れる飲み物として人気ですよね!
スープカレーは鶏肉もほろほろで旨味たっぷりの仕上がりになりました。
スープカレーの後のダルゴナコ−ヒ−。
以外とマッチしていたのではないでしょうか??!


4月の下旬には毎年恒例のお花見弁当をご提供させて頂きましたかわいい

お花見弁当 ブログ用.JPG

手毬寿司や筍の味噌いなり、タラの芽と筍の天ぷら、うどの酢味噌和え、めぬきのみりん漬け、茶そばと豆腐のお吸い物、桜餅です。
桜餅は優しい色合いになるように作りました。
春の味覚を詰めたお弁当は皆様にとても好評でした♪
外食が出来ない分、このお弁当で春を感じて頂けたら嬉しいです!


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

博愛会さんの画像
https://blog.canpan.info/komuni/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/komuni/index2_0.xml