CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
社会福祉法人博愛会 コムニの里
 私たち社会福祉法人博愛会は、平成20年3月に設立された法人です。
 北海道十勝地方で地域に密着した活動を展開し、現在、更別村、帯広市、幕別町に4つの拠点を構えています。
 →法人ホームページはこちらへどうぞ!
« みどりケ丘栄養課より 佐藤の中華と嘉祥の日 | Main | みどりケ丘栄養課より お刺身の日と夏野菜カレー »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
みどりケ丘栄養課より 半夏生の日とお酢を使った洋食[2020年08月12日(Wed)]

7月2日は「半夏生の日」のメニューでご提供させて頂きました。
北海道では馴染みのない風習ですが、
歳時記を見ながら 各地域でこの日に食べる習慣のある 蛸、鯖の塩焼き、うどん、半夏生餅をメニューに入れてみました。
蛸ご飯、鯖の塩焼き、蛸の冷やしおでん、胡瓜の酢の物、冷やし柚子うどん、半夏生餅ですかわいい
蛸ご飯は調理師さんが工夫して炊いてくれたので、とても旨味の詰まったご飯になり、とても好評でした!!

半夏生 トリミング.JPG

半夏生:夏至の最後の1/3の期間(7月2日から7月7日頃までの5日間)で、この時期に生える毒草「烏柄杓」の別称が「半夏」のため、そう呼ばれるようになったと言われ、半夏生の期間は「天から毒が降り、地から毒草が生える」といった少し怖い言い伝えがあったため、農家では半夏生に入るまでに田植えを終わらせるという習慣があったそうです。


7月15日には「お酢を使った洋食」をご提供させていただきました。
レモン汁を使った洋風押し寿司、鯖のソテー ラビゴットソース、おからと南瓜のサラダ、さつま芋のバルサミコきんぴら、オレンジとミルクのゼリーですかわいい

酢の洋食.JPG

全部が完全な洋食ではなく、押し寿司があることで、皆様に食べやすい状態で召し上がって頂けたのではないかと思います。
お米の量もいつもよりも多かったのですが、ほとんどの方が完食されていました!
ゼリーは斜めの層になるように固めたのですが、斜めの角度を維持するのに悪戦苦闘したデザートです。

裏の畑で丹精込めて育てたズッキーニは南瓜サラダの下のアクセントに、紫蘇は押し寿司に、ミントはゼリー、イタリアンパセリは盛り合わせのプレートの色味に使いました!

野菜.JPG

少しではありますが、裏の畑のものもご提供していけたらと思います♪
この記事のURL
https://blog.canpan.info/komuni/archive/487
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

博愛会さんの画像
https://blog.canpan.info/komuni/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/komuni/index2_0.xml