CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
社会福祉法人博愛会 コムニの里
 私たち社会福祉法人博愛会は、平成20年3月に設立された法人です。
 北海道十勝地方で地域に密着した活動を展開し、現在、更別村、帯広市、幕別町に4つの拠点を構えています。
 →法人ホームページはこちらへどうぞ!
« サ高住 7月の様子です | Main | みどりケ丘栄養課より 半夏生の日とお酢を使った洋食 »
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
みどりケ丘栄養課より 佐藤の中華と嘉祥の日[2020年08月12日(Wed)]
コロナ禍で大変な年なのに、今年も大雨が降ったり、日照不足など自然の変化が年々感じられますね・・・

当施設でのお食事ではその時々に手に入る季節季節のものを楽しんで頂き、
プラスチックやアルミなどの使い捨てのものは使用しないということをモットーにお食事を考えております。
ごみを減らす。
凄く微力なことではありますが、続けていけたらと思います。

ここから6月からの行事食の内容を一部ご紹介します。
皆様に人気の料理長佐藤が作る中華ですかわいい
今回はあんかけカニチャーハン、プリプリのエビチリ、回鍋肉、中華クラゲの和え物、芝麻布丁(チーマープリン):胡麻プリンです。

中華お膳.JPG

エビチリは剥いた殻も“だし”として使用しているので、厨房中にえびの香ばしい香りが漂っていました!
メインのあんかけカニチャーハンはあんが絡むことで食べやすく、何杯でも食べられそうな美味しさですぴかぴか(新しい)


6月16日には「嘉祥の日」の行事食を行いました。
中々、知らない日本の行事。
歳時記を読みながら、作れるメニューを模索しています。

「嘉祥の日」とは、厄除け・招福を願って菓子を食べる風習だそうで、昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」に制定したそうです。
水羊羹やおはぎ、桜餅は普段から行事時に手作りをしていますが
今回は6月なので紫陽花寒天と水無月を作りました!

嘉祥の日.JPG

お菓子作りが得意な調理師さんに作ってもらったのですが、
皆さん「お店で買ってきたの??とても美味しい!」とおっしゃってくれました♪
紫陽花寒天は写真では分かりにくいですが、赤系・青系・紫の各濃淡のものを作ってもらい、
6種程の色のものを白あんに付けています。
和菓子に合わせて桜えびの土鍋ご飯や千草焼、高野の煮物などの和食メニューです。

和菓子専用の道具もなく、知識も乏しいですが、出来る範囲で皆様に喜んで頂けるものが作れたのではないかと思います!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/komuni/archive/486
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

博愛会さんの画像
https://blog.canpan.info/komuni/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/komuni/index2_0.xml