CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«彩向陽さんとボ連協働清掃活動 | Main | 生活保護についての研修会»
日本のお箸文化 [2022年05月28日(Sat)]
私たちが日常使っているお箸。

お箸を使う文化が浸透したのは、聖徳太子が箸食制度を朝廷に取り入れ
その食事作法が次第に民衆に広がり、今に至っています。

先日、ほがらかグループ代表の三浦信也さんから
「お箸を使った、ゲームがありますがサロンで使ってみませんか?」
と紹介していただきました。

「お箸タイム」
DSC_0241.JPG
本物みたいな落花生50個 手にフィットするお箸を使って
容器になっている箱 赤から黒へと移動させていきます。

早速 翌日のサロンにもっていきました。
二人並んで タイム競技(音羽サロン)
DSC_0182箸タイム (10.jpg
50個の落花生30秒ぐらいで移動終了わーい(嬉しい顔)

グループによるリレー落花生(川北サロン)
220517_142803_00008035.jpg
お箸タイムについていたお箸は一膳、後の方は割り箸を使いました。ぴかぴか(新しい)
個人競技と違って 大変盛り上がりましたが、慌てるとお箸から逃げて
床に落下 拾い集めるのが大変がく〜(落胆した顔)

最後に、慣れない左手にも挑戦をました。(川原町)
DSC_0239.JPG
子どもの頃、親に厳しくしつけられて左手から右手に直されたと
多くの方が話して見えました。
他のサロンでは、91歳になられる男性も左手で挑戦してくださいました。
生まれて初めての体験 「できない」と言いつつも綺麗なお箸の持ち方で
🥜落花生移動を終了しました。
気に入った「お箸」でいつまでもおいしく食事ができるといいですねわーい(嬉しい顔)

ひまわりsummerひまわり







トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント