CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«お茶のみ会(菰野町コミュニティセンター) | Main | ボランティア連絡協議会総会»
理解を得られるつかいみちとは [2022年05月19日(Thu)]
5月18日、令和5年度の赤い羽根共同募金の配分事業について
話し合いました。

赤い羽根共同募金は、「計画募金」です。
どんな事業にいくら必要なのかを申請し、
募金の目標額が決まり、
募金活動に取り組みます。

菰野町のみなさんの理解を得られるような使いみちとは、
この事業は共同募金の配分金事業にふさわしいのかなど話し合い、
いくつか事業を出し合いました。

令和4年度に申請し集められた募金は、令和5年度の社会福祉協議会の事業で
活用させていただきます。

DSC02575A.jpg
ベビーマッサージも赤い羽根共同募金の配分金を活用し、実施しています。


(い)

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント