CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«◆温かい善意のご寄附◆ | Main | 介護職員初任者研修»
千種小学校・福祉クラブさんへ訪問してきました! [2015年06月16日(Tue)]


6月15日(月)、前月に引き続き、千種小学校の福祉クラブさんへ訪問してきました。

150615001.JPG





今回、福祉クラブの皆さんへの体験にご協力いただいたのは、菰野町ボランティアセンター登録グループ「どんぐり」さん。



そして、今回福祉クラブさんに体験していただいたのが、『シニアシミュレーション』、いわゆる高齢者疑似体験です。

イヤーマフ(耳栓)や特殊ゴーグル、重りなどを装着し、高齢者の方になっていただきました。





150615002.JPG

「どんぐり」さんの指導のもと、普段読んでいる教科書を読んでみたり、校内を実際に歩いてみました。





体験した児童さんからは、「大変だった」「見えにくかった」といった感想がありました。
でもね、でもなのです。

「歳をとる」ことは誰もが同じなのですが、「老化」=身体機能の低下については、同じ歳の人でもそれぞれ個人差があり、違いがあること。

大切なのはイメージで決めつけないこと、違いを認めること、相手のことを理解すること、そして人を大切に思う気持ちです。



福祉クラブの皆さんに、高齢者の方について素敵なところを聞いてみました。

「やさしい」

「働きもの」

「もの知り」


そうですね、家族やみんなのために頑張ってきたおじいさん・おばあさんってすごいですよね。
だから、働きものなんですね、みんなにやさしいのですよね。

小学生の皆さんから、そんな言葉を聞き、とても嬉しく思いました。




千種小学校・福祉クラブの皆さん、そしてご協力いただきました「どんぐり」の皆さん、ありがとうございました!






by HR





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント