CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«社会参加の機会が増えました! | Main | 子育てキーパーソンフォローアップ研修会»
千種小学校福祉クラブ [2014年09月30日(Tue)]

9月29日(月)、千種小学校福祉クラブさんへ菰野町ボランティアセンター登録グループ「どんぐり」さんがボランティア活動で訪問しました。

140929001.JPG


前回に引き続き、「どんぐり」のボランティアさんらによる福祉教育のご指導です。

ちなみに、前回は車イス体験をし、今回は高齢者疑似体験をしました。


140929002.JPG


140929003.JPG


福祉クラブの小学4年生の皆さんに聞いたところ、おじいさん・おばあさんはまだまだ高齢者に入らない年齢の方々がほとんど…。
高齢者の方々のことを知っていただくって難しいですね。

高齢者の人が皆必ずしも腰が曲がっていて、歩くのが大変だ、というのは単なるステレオタイプにしか過ぎず、中には、まだまだお元気で活発に活動されてみえる方もおり、十把一絡げには決してできません。

高齢者疑似体験については、とっても元気な小学生の皆さんに体験していただきましたが、高齢者の方々は急に身体機能が衰えるのではなく、徐々に低下していくものということ。
そして、皆さんは疑似体験の装具を外せば、体はいつも通りに動かせますが、高齢者の方はそうではないこと。
それでも、衰えない部分、むしろさらに醸成される能力があることも知っていただけると幸いです。

とはいいつつも、高齢者には達しない年齢の私自身もまだまだなのです。


by HR


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント